アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ギイ・クリストフ・レ...

ギイクリストフレッシ...

からくりサーカス

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

エレオノールを育てた「しろがね」であり、通称「オリンピアの恋人」「伝説の人形200体破壊者」。34歳。
才賀正二と彼の二人は唯一、「フランシーヌ人形」とそれに連なる謎の全てを知る。「からくり編」と「サーカス編」との合流以前に、両編を行き来しているのは彼とフェイスレスだけである。クールに見えるが「青い炎のように静かに燃え上がる」怒りや熱い心を持っている。ただし過去のトラウマにより、極度のマザコン。彼がいう「ママン」とは、実の母親ではなく、彼の心を癒やしたアンジェリーナのことをさしている。母親の写真が入ったペンダント(内部が二重になっており、実母とアンジェリーナの両方が入っている)が宝物で、それを奪われると幼児退行する。
左腕を失い死にかけた鳴海の命を救う。懸糸傀儡「オリンピア」を操り、1度の戦いで200体の自動人形を破壊したため「200体破壊者」「伝説のしろがね」の異名もとる。彼にとって母の存在は何よりも重い。「聖母の抱擁」、「破壊輪舞曲」、「戦いのアート」などの技を駆使する。
鳴海のことを「クサレチョンマゲ」や「チョンマゲイノシシ」などと呼びからかうが、全編を通して鳴海の良き相棒であった。正二とは付き合いも古く、信頼関係にある。サーカス編に合流後は、勝が既にダウンロードによって「貞義」になっていると思い、彼を殺そうとした。その後は勝の人形繰りや戦闘の先生となって鍛える。
黒賀村での襲撃で多量の血液を失い、その頃には生命の水による治癒効果が薄れ、末端の石化が始まっている。その状態でフウが誤った推測からくる憎しみを鳴海に与えてしまったことを聞き、自分を守って死んでいったアンジェリーナに誓って見守り続けてきたエレオノールの幸せのために、最期に鳴海を説得するために命を捨てる覚悟をする。しかし、鳴海との闘いは身体の石化に気付かれたことで、鳴海が拳を下ろす形で終わった。
最期はフウが立案したスペースシャトルの輸送車両から目を逸らす陽動の意味も含め、カピタン・グラツィアーノ率いる3000体の自動人形に単身で挑む。その最中、駆けつけた勝に最期の別れを告げ、勝に自分の成すべきことを諭し、残りの自動人形を道連れに自爆し、壮絶な闘いの人生に終わりを告げた。自動人形に倒されることなく、「母(ママン、恐らくアンジェリーナ)」のデスマスクを使ったオリンピアに抱き締められるようにして、眠るように息をひきとった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ギイ・クリストフ・レッシュ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ギイ・クリストフ・レッシュ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ギイ・クリストフ・レッシュについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/07/13 12:15 ID:522F205A ▽コメント返信
作中最強クラスのしろがねで、自動人形間での通称は「オリンピアの恋人」。過去に一人で200体の自動人形を破壊した強者であり、エレオノールの秘密を知る数少ない人物のひとり。
自他共に認めるイケメンで、極度のマザコン。最期は死期を悟ったうえで動ける人間全員の囮となることを決意、傷ついた体で3000体の自動人形を道連れに自爆し、最愛のママン(才賀アンジェリーナ)の顔型を着けたオリンピアに抱かれる形で死亡した。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>からくりサーカスのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!