アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ボルボ西郷

ボルボサイゴウ

こちら葛飾区亀有公園...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

新葛飾署に勤務する警官。鹿児島県出身。誕生日は12月31日。身長182cm、体重95kg。血液型はA型。ゴルゴ13のオマージュ(ゴルゴ→ボルボ、デューク東郷→西郷)と思われる。かつてアメリカ合衆国でFBIの射撃術をマスターし傭兵・グリーンベレーとして5年間世界の戦場を渡り歩いた経験を持ち、ニューヨーク市警察に勤務していたこともある。そのため常に全身にあらゆる武器を身につけているが実際は臆病なため、武器を全部取られるととても気が弱くなる。サバゲーが大好きで誘われるとどんなに遠くにいても駆けつける。登場したころは身の危険を感じたり、物音に過剰に反応したりすると無差別に発砲してしまう癖があったが今ではだいぶ落ち着いている。長年、男ばかりの環境にいたせいで女性に対する免疫が非常に弱いが後流悟十三と会った回ではライフル用スコープで両津と3人揃ってデバカメをしていた。また、婦警たちの教官として拳銃技術の指導を行ったこともあったがスポーツマン的な外見のため婦警たちに騒がれ、真面目に講義を聞こうとしなかったので逆上して婦警達に対しライフル銃を向けたこともあった。登場初期は両津に敬語を使うなど部下的な存在だったが、100巻以降は両津にツッコミを入れるなど同僚のような存在になってきた。一人称は「私」か「俺」。鹿児島の実家の家系は忍者である。幼少期に蜂の大群に襲われたことがあり、それがトラウマとなり蜂が大の苦手。虎と単身戦って取り押さえるだけの実力を持っているが蜂の場合は無害な蜜蜂であっても一匹見ただけでも取り乱して逃げ惑う。アニメでは本田や左近寺と共に度々、両津の企む悪事に付き合わされた。原作では当初、ボルボの背後に人が立つと無差別に銃を発砲していたが、現在ではあまりそのような描写は見られなくなった。近年では左近寺とコンビで登場することが増えてきている。また、その左近寺とは出身地以外のプロフィールが全て同じだった。現在は元上官・爆竜大佐の娘ジョディーと付き合っているが、ジョディーが登場する前の81-3では当時男だったマリアに惚れデートを申し込んだ事もあった。またその双子の妹のマリリンからは逆に惚れられ、一時的にはジョディーとマリリン両方と付き合っていた(原作のみ)。ジョディーからはボビーという愛称で呼ばれ、軍人時代の仲間からもそう呼ばれている。またマリリンからもそう呼ばれていた。最初はマリアに双子の妹がいると知らず、マリリンと初めて会った際にはマリアだと勘違いしていた。マリリンが自分が女だと分からせるためにボルボの手を自分の胸に当てたがボルボはそれでも気付かず、両津の指摘と両津の隣にいるマリアの存在に気付いて事実を把握した途端に鼻血を出してしまった。

出典:wikipedia

誕生日:12月31日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ボルボ西郷】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ボルボ西郷】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ボルボ西郷についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>こちら葛飾区亀有公園前派出所のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!