アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

斉藤浩司

サイトウコウジ

帯をギュッとね!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

柔道部副主将。入学当初は173cm68kgで軽中量級。得意技は多数ある。豊富な柔道知識を持ち、試合中にアドバイスをしたり解説役をこなしたりする。柔道に関する記憶力は確かで選手の名前や試合内容などもよく覚えている。また、アマレスなどの知識を披露したこともあった。柔道に対する姿勢はかなりストイックで、作中で杉らと方針を巡って深刻な対立に発展した程である。強化方針は理論派で練習の量より質を高める工夫をこらす。
浜高メンバーきっての良識派だが、ギャグセンスは無い。開いているのかわからない細目と、逆立てたツンツンヘアが特徴(合宿所の風呂場で髪を降ろしていたら巧から「あんた誰?」と言われたこともある)。
記憶力は良い割に学業成績はふるわず普通。浜高入学も地元地区のレベルが高く成績が足りなかったことによる。昇段試験での初対戦以来、同階級の巧とはチームメイトで良きライバル。個人戦では激戦を繰り広げた。
地区では「技のデパート」と称されるテクニシャン。得意技は一本背負いや背負い投げ、体落とし、足技などの立ち技から谷落としや腕返し、帯取り返しといった奇襲技、さらには寝技、関節技、跳び関節まで枚挙に暇がない。裏技習得においても斉藤は幾つもの裏技を習得していた。インターハイでは怪我、個人戦では活躍の場が無く終盤まで作中で無名の選手扱いだったが、県大会における対三方ヶ原工業高校の3人抜きや、全国大会で優勝候補である東名大藤沢の津末・原を下すなど、その実力は物語終盤の選手権で遺憾なく発揮される。鳶嶋雅隆をして「浜高の第三のポイントゲッター」と言わしめた実力者であり、藤田を下して高校日本一となっていた橘との戦いでは三溝の活躍や藤田のアドバイスもあって、息をもつかせぬ攻防で三階級も上の橘を翻弄して引き分けに持ち込んだ。
中盤、石塚戦で肩の肉離れを起こすアクシデントがあり、療養のためレギュラーを外れる。だが、優れた指導者の片鱗を見せ、仲安・石野の成長を促した。復帰に喜びを隠せない様子から、桜子からは根っからの柔道バカと評される。怪我の功名とはまさにこのことで、肩を保護するテーピングを外す作業を手伝って貰ったことから別所愛子と親しくなる。大会後文通していたが、メンバー達に発覚。更には桜子の失言で後輩たちも知るところとなり、三バカからはしばらく練習中に集中攻撃をする・教科書に落書き・「恋泥棒」というあだ名を付ける等数々の嫌がらせを受けた。普段は冷静な試合運びを信条とするクールな斉藤だが、愛子が応援に現れると別人のように気合いを前面に出して戦う。
実家は母が一人でラーメン屋を経営しており、弟3人妹1人がいる。なお家族全員目の形が同じ。卒業後は家業を継ぐつもりでいたが、日の本大学から推薦入学の声がかかり進学。チームメイトとなった鳶嶋雅隆とは同部屋となっていた。最終成績は全国大会準優勝。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【斉藤浩司】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【斉藤浩司】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

斉藤浩司についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>帯をギュッとね!のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!