アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

紫劉輝

シリュウキ

彩雲国物語シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

声:関智一 / 幼少:岡村明美
彩雲国国王。秀麗より3歳上。先王戩華の第六公子として生まれ、母親や異母兄達に邪険にされて育った為、無意識の内に相手に好かれるよう性格を作っていた。愛情に対して貪欲。異母兄の中で唯一優しかった第二公子・清苑が戻って来ることを望み、兄に王位を受け渡すために昏君のふりをしていた。秀麗に出会って以降本来の能力を発揮し、政務にはげむ。後世、その治世を「最上治」と讃えられる賢君となる。
学問は邵可、剣術は宋太傅仕込み。文武両道だが、天然ボケで世間知らずなお子様かつ、寂しがり屋・素直・優しい性格。言動が幼く、自身の政治基盤を固めることに疎く、自身を支える派閥は皆無。
秀麗を愛し、妃にと望んでいるが決して無理強いはしない。秀麗以外の妃を娶る意志はなく、縁談から逃げ回っていた。リオウ曰く、離別の相が出ている。誰もが一人の人間としてではなく王として接してくることに強い孤独感を抱いている。
本編12巻で、自分の中の「王でありたかった」意思に気付き、本当の王になろうと決意する。その際に、王の義務としての婚姻を遂行するため、十三姫を筆頭女官として後宮に入れる。後に、黎深の吏部尚書解任をきっかけとした紅家をとりまく情勢の急変から、王として「紅家直系長姫」たる秀麗を娶る決断を下す。
一度は旺季に禅譲を決意するも、逃亡中に自身のある思いを自覚し、紅州で冬を過ごし、「戦を起こさない」思いの元、旺季との会談に挑み、一騎打ちで彼に勝利し、自決しようとした旺季に莫邪を譲渡することで彼を守った。
32歳のとき、妻・秀麗との間に1女をもうけた(娘は70歳くらいまで生きた)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【紫劉輝】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【紫劉輝】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

紫劉輝についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>彩雲国物語シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!