アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

パウル・フォン・オー...

パウルフォンオーベル...

銀河英雄伝説

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ローエングラム陣営の参謀長的な役割で活躍した軍人。
熱血漢が多いローエングラム陣営主要提督級の登場人物の中で異端的な、感情や倫理、人道より目的達成のための効率・能率を優先させるマキャヴェリズムを体現した冷徹・冷酷なキャラクターである。
その冷徹さから、「ドライアイスの剣」、「正論だけを彫り込んだ永久凍土上の石版」(ヒルダ)、「劇薬」(ロイエンタールもしくはミッターマイヤー)、「帝国印、絶対零度の剃刀(かみそり)」(シェーンコップ)の異名を持つ。

帝国暦452年5月5日生まれ(道原かつみのコミック版に拠る。この誕生日は作者の田中芳樹自身が「オーベルシュタインにもっとも相応しくない日(子供の日)」とし選んだ[1]。)時系列上の初登場は、劇場版アニメ第一作で描かれた第4次ティアマト会戦時にミュッケンベルガーの幕僚として報告と意見を述べた時[2]。
容姿は長身痩躯。血色が悪く、年齢の割に白髪が多い。また、先天的障害のため両眼に障害があり、光コンピューターを内蔵した義眼をつけている[3]。自ら障害を持つ事から、劣悪遺伝子排除法を発布したゴールデンバウム王朝を憎み[4]、打倒したいと願っていたが、自分の力だけでは不可能である事を承知しており、その目的を叶える手段と人材を求めていた。大佐の時にはイゼルローン要塞駐留艦隊司令部の幕僚を務めていたが、 同盟第13艦隊によるイゼルローン要塞陥落の際に上官のゼークトの資質を見限って敵前逃亡。その為に処罰される事になったが、門閥貴族との戦いを前にしたラインハルトに自らを売り込み、助命された上でローエングラム陣営に参加し、准将に引き上げられてラインハルトの参謀長兼元帥府事務局長に就任。アムリッツァ星域会戦後に中将に二階級特進し、宇宙艦隊総参謀長に任ぜられ、リップシュタット戦役後にも上級大将に二階級特進、宇宙艦隊総参謀長在任のまま統帥本部総長代理に任ぜられる。
ラインハルトの登極とともに帝国元帥、軍務尚書となり、それ以降も様々な政策と策謀を献じ、ローエングラム王朝の影の部分に貢献したとされる。主君ラインハルトが死去した新帝国暦3年7月26日、地球教徒の残党を殲滅するため、ラインハルトを囮にした策で彼らのテロの身代わりとなって重傷を負い、そのまま息を引き取る。その死は、計算ずくの殉死とも、完全な誤算ともいわれるが不明。39歳没(原作小説の設定。道原版で示された5月5日が誕生日とすれば、40歳である)。

出典:wikipedia

誕生日:5月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【パウル・フォン・オーベルシュタイン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【パウル・フォン・オーベルシュタイン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


パウル・フォン・オーベルシュタインについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>銀河英雄伝説のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!