アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

アレクサンドル・ビュ...

アレクサンドルビュコ...

銀河英雄伝説

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

同盟軍の誇る宿将で、ヤンの数少ない理解者の一人。 二等兵からの叩き上げであり、堅牢な戦いを得意とする同盟末期の名将である。その手腕には帝国の諸提督も苦戦している。
幕僚と副官に、モンシャルマン、クレメンテ、ファイフェル、スーン・スール、チュン・ウー・チェンがいる。乗艦はリオ・グランデ。
OVA版での外見のモデルは、米国の名俳優ジーン・ハックマン。

同盟軍には二等兵として入隊。物語に登場する最も古い戦歴は宇宙暦745年の第2次ティアマト会戦であり軍曹。巡航艦シャー・アッバスの砲術下士官として参戦していた。原作小説ではこの時19歳と記述されており、ヤン・ウェンリーがブルース・アッシュビー謀殺疑惑の調査を担当した788年当時は62歳(准将、マーロヴィア星域方面管区の警備司令官)となっているので、宇宙暦726年生まれであると推定出来る(ただしコミック版のデータには727年12月8日生まれとある)。
宇宙暦795年の第3次ティアマト会戦の時点で中将、第5艦隊司令官となっており、796年10月のアムリッツァ星域会戦の後に大将、宇宙艦隊司令長官に就任した。799年2月のランテマリオ星域会戦(会戦前に元帥に昇進)では陣頭指揮を執ったが、戦力差はいかんともしがたく、敗北を喫する。バーラトの和約後に退役したが、第2次ラグナロック作戦に対抗する為現役復帰。翌年1月のマル・アデッタ星域会戦で再びラインハルトと戦った。ビュコックは圧倒的兵力差にもかかわらず、星域の複雑な地形・現象を利用し、老練・勇猛果敢な戦術で帝国軍に想定外の苦戦を強いた。その戦いぶりは一時ラインハルトの本営に迫るほどで、ミッターマイヤーをして「老人め、やる!」と言わしめるほどだったが、ついに圧倒的な物量差の前に戦闘行動をとることができなくなった。その際に受けたラインハルトからの降伏勧告を、民主主義が専制政治に屈するわけにはいかないと謹んで辞退し、座乗艦のリオ・グランデと運命を共にした。74歳没。ラインハルトはその潔い最期および戦いぶりに敬意を表し、帝国軍全将兵にマル・アデッタ星域を通過する際に起立敬礼をするように命じた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【アレクサンドル・ビュコック】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【アレクサンドル・ビュコック】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


アレクサンドル・ビュコックについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>銀河英雄伝説のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!