アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ユッキーさん

シンク・イズミ

シンクイズミ

DOG DAYS

0

pt

キャラクター紹介

声 - 宮野真守
本作の主人公。中学1年生の13歳(第2期では中学2年生)。日本人で海洋学者の父とイギリス人で海洋生物学者の母との間に生まれた[注 6]、日本在住でイギリス国籍を持つハーフの少年で、実家がコーンウォールに[4]、別荘が和歌山にある[20]。
趣味はアスレチックで、高所からのジャンプやバック転も難なくこなすほどの高い運動能力を持ち[24]、大きな大会で準優勝した経験もある[20]。その能力をミルヒオーレに見込まれ、ビスコッティ共和国へ勇者として召喚される[25]。ミルヒオーレやガウルなど一部を除き、ほとんどの者からは「勇者」(勇者様、勇者殿)と呼ばれている。
行動的かつポジティブ思考の持ち主で[26]、フロニャルドの「戦」が殺し合いではなく自分の好きなことを活かせるものであることを知り、この状況を積極的に楽しもうという動機を抱く[26][24]。間抜けな失敗もするが意志は強く、決めるべきところではヒロイックな活躍ができる人物[26]。物語当初は子供っぽい部分も持ち合わせているが、国を護るという使命を背負うことで成長していく[26]。
武器は持ち主の意のままに形状や大きさが変えられる「神剣パラディオン」で、棒術の経験があるシンク[27]は専ら棒の形態で扱っている。またフロニャルド独自の戦技である紋章砲(炎を操る)や輝力武装を初日で習得し[28][29]、戦いの中で紋章術を使いこなしていく。さらに吸い取りネズミ討伐時にアデルから託された「英雄結晶」の効果を猫神捕獲に活用したり[30]、ユキカゼと入れ替わった時に彼女の特性を活かした技を繰り出したりと[31]、引き出しも多彩である。
最初の送還間際にミルヒオーレたちに自身の所有物を託し、元の世界へと戻る。送還後2週間分の記憶がすっぽり抜けていることに戸惑うが、家族らとの旅行先でタツマキから「神剣パラディオン」を渡されたことで全てを思い出し、レベッカやナナミを連れて再びフロニャルドへ行くことを決意する[19]。
第2期では上述の決意通り、夏休みを利用してレベッカやナナミと共に再度フロニャルドを訪れる[注 7]。
2度目の送還間際、約束の品としてミルヒオーレから「ビスコッティ製の地球時計」をもらう[32]。
クーベルに「ミルヒオーレやレベッカまたはその両方と身を固める気はないのか?」と尋ねられた時は、「まだ、目標を果たせていない」と答え、”ナナミに勝つという”目標を果たすまでの間は誰かの想いに答えるつもりはないらしい。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
シンク・イズミとは?(DOG DAYS)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公。日本に住む英国人ハーフ。高い運動能力を持ち、行動的かつポジティブな性格。間抜けな失敗もするが意志は強く、決めるべきところではヒロイックな活躍ができる。

年齢

13~14 歳

性別

趣味

アスレチック

声優

宮野真守

髪の色

職業

中学生

学年

中学1年生/2年生
フロニャルドはビスコッティに舞い降りた爽やか系勇者様「シンク・イズミ」の魅力『DOG DAYS』
【画像】シンク・イズミ(DOG DAYS)
 勇者、それは男の子なら誰でも一度は憧れる職業。この世界にはかつて退屈な授業中に空想の中で異世界を冒険した勇者達が山ほど存在し、そして現在進行形で増え続けている筈です。そんな空想の中だけのはずだった体験を現実の物とする事ができたラッキーボーイ、今日はそんな彼のお話です。
特技はアスレチック、鍛え上げられた軽業を見よ!
 なかなか珍しい特技ですよね、主人公にしては。大体もっと俗っぽかったり、常人離れしてる趣味を持っていたりするものですが・・・何とも健康的で少年らしい特技であり、趣味ではないですか。バック転を軽々こなす爽やか少年がモテないはずがない(確信)。

 このアスレチックで養った身体能力が、戦での活躍の裏付けとなっています。普段から何もしてない奴が急に異世界で活躍できるなんて都合が良すぎるってもんですよ。最近は何の裏付けも無しに超人的能力を持っているのが主流のようですが・・・そう言った意味でも彼は努力の人であり、その強さに説得力があります。大事ですよね、説得力。キャラクターの存在感とか、そう言ったものの確立に必要不可欠だと思うのです。
明朗快活、さっぱり爽やか少年。
 趣味で特技のアスレチックが養ったのは身体能力だけではありません。健康的な肉体は健全な精神を約束します。行動的でポジティブ、強い意思、ここぞという時にはバッチリ決めるヒーロー性・・・まさに決戦存在、まさに勇者、誰もが心に思い描く少年勇者そのものでしょう。子供らしい部分もありますが、それは愛嬌ってもんです。子供らしくない子供なんてロクなもんじゃないでしょう? 年相応の『らしさ』というものは必要で、それは美徳にさえなり得ます。

 物語冒頭のフロニャルドにおける『戦』絡みの話の部分はシンクらしさを語る上では特に解り易く、物語の始まりにキャラクター性を視聴者に理解させるという意味で非常に良い作りになっています。彼を良く理解するには、その部分を視聴して頂くのが一番でしょうね。
器用さは勇者の条件、異世界技法もなんのその。
 シンクが持つ神剣パラディオンは、持ち主の意のままにその姿を変える武器です。普段は棒術の経験があるため棒形態で使用していますが、他にも様々な形状で運用する事が可能です。

 また、フロニャルド独自の技法として紋章砲や輝力武装といったものが存在しますが、それらを初日に習得しています。戦の中でその技法に習熟し使いこなしていく・・・。異世界に召喚された勇者のサクセスストーリーには欠かせない描写ですよね。

 しかしシンクの恐るべきところはその習熟速度にあります。このDOGDAYS、アニメで描かれた期間は十六日間。そう、たった十六日間なのです。異世界で必死に現地の技法を習得するという描写は数あれど、ここまでの短期間であれほどの習熟を見せる作品は他にはなかなかないでしょう。

 戦いの中で成長しているとでも言うのか・・・。ともあれこういった器用さも、勇者には必要なのかもしれませんね。御都合主義?
数少ない『許されし者』
 さて、この作品でシンクは沢山の美少女キャラに囲まれます。お姫様に親衛隊隊長、研究者に自由騎士に忍者・・・何とも羨ましい限りですね。また、こう言ったハーレム物には付き物なのが『決着のありよう』ですが、それの何とも難しいこと。何らかの軋轢無しには決着は見られません。必ずどこかで血が流れるのです。

 しかしこの作品は違います。世界自体がぬるいので何の問題もありません! 皆仲良くお友達、それでいいじゃない、十三歳だもの!皆さん考えてみてください、自分がその歳の頃、そんな惚れた腫れたと躍起になっていましたか?実にいいじゃないですか、少年的で健康的、やましい事無く美少女と笑い合える理想のハーレム物。爽やか!許される!尚、これは第一期の話であり第二期では少々事情が違う模様。
 

 私は異世界ファンタジー物の中でDOGDAYSが最も好きです。そしてその主人公であるシンクも、全ての作品、全ての主人公の中で五本の指に入るくらいに好きなキャラクターとなりました。その魅力が一片でも伝わったなら幸い、伝わらなかったなら是非本編を見てくださると私も嬉しいです。
(C)PROJECT DD

記者(諸葛均【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【シンク・イズミ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



シンク・イズミについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>DOG DAYSのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!