アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

サウス・バニング

サウスバニング

機動戦士ガンダム00...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声:菅原正志
階級は大尉。39歳。ベテランのMSパイロットで、乗機はジム改およびジム・カスタム。妻のシルビアとは別居状態(バニングに宛てた手紙ではシルビアの住所は"CA.USA"と記載されていた)だが、彼女のスナップ写真を常に携帯していた。
ベイト、モンシア、アデルと共に、一年戦争時は「不死身の第4小隊」に所属し同小隊を指揮していた(当時の階級は中尉)。戦後トリントン基地所属のテストパイロットたちを、教官として指揮する立場にいた。しかし、年齢的に体力の限界を感じて引退を考えるようになる。実際、作中において搭乗機体の加速中、Gで血液が眼球に集まり視界が赤く染まるレッドアウトのような症状が出ていた。
デラーズ・フリートによってガンダム試作2号機が強奪された際には、コウ、キース、アレンを伴い追撃を行う。この際の戦闘でザメルと交戦し辛うじて相打ちに持ち込むものの、脚を負傷(治りの遅さから老いを実感するセリフを残している)。その後2号機の奪還のためアルビオンにMS隊の隊長として選任され乗艦する。傷が癒えるまでは艦内でMS部隊の指揮を執っていたが、シーマ艦隊との交戦中にコウが独断で地上装備の試作1号機で出撃した際には自らギプスを砕いてジム・カスタムで救援に向かっている。フォン・ブラウン出港後にはMSパイロットとして復帰し、アルビオン隊の戦力の要となった。
コウやキースに対して厳しく接しているが、それは部下を思いやる気持ちの裏返しである。ベイト、モンシア、アデルからも、恐れられながら慕われている。ただし、同僚のカレントによれば「スケベ野郎」とのこと(第6話ではそれを裏付けるような描写が散見される)。モンシアの上官なだけあって、女にだらしない一面があり、妻との別居の理由はこれであると思われる。
内通していたシーマ艦隊とワイアットの接触時にデラーズ・フリートの「星の屑作戦」に関する機密文書を入手するが、直後シーマのゲルググMとの戦闘で乗機が被弾。アルビオンへの帰還途中に機密文書の重要個所を読み上げようとした瞬間、被弾箇所が爆発し死亡。なお、漫画版(松浦まさふみ、加登屋みつる各作)では生存している。
DNA出版『ギレンの野望 コミックアンソロジー』に掲載された、高山瑞穂の漫画『バニングス・リポート 蒼の残照』では、一年戦争中、ブルーディスティニー2号機と3号機の戦いを偶然目撃したという設定で、彼の視点で『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』の顛末が描かれている。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【サウス・バニング】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



サウス・バニングについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダム0083のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!