アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

コ―トラック

コ―トラック

美女と野獣

0

pt

作品紹介

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。

アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品(第64回)である(第82回アカデミー賞で「カールじいさんの空飛ぶ家」がノミネートされるまでは、この作品が唯一であった)。また、作曲賞と歌曲賞を受賞した。
アメリカでは1992年10月30日にホームビデオが発売され、1週間で700万本、1ヶ月で1420万本という売上を記録し、当時1300万本余を販売していた『ファンタジア』を上回る当時の米国記録を達成した[2]。
日本では1993年9月17日にブエナビスタジャパンからビデオが発売された。日本で初めて、セルビデオ(販売用ビデオテープ)のみで100万本を出荷した作品となった[3]。それまでの記録は『ファンタジア』の80万本(レーザーディスクを含めるとミリオンセラー)であった。本作の日本でのセルビデオ累計出荷本数は115万本[4]。
2009年に『エンターテイメント・ウィークリー』誌が発表した「1983年以降に製作された恋愛映画の名作25本」では、第25位に選出された[5]。
IMAX版では大画面の観覧に耐えるよう、細かい部分で書き足しなどを行っている。また最初の上映時には無かった「人間に戻りたい」などの家来たちの心情をアニメーション化するなど、一部シーンが追加されている。エンディングテロップもスクロールではなく、全面表示の切り替わりとなっており、IMAX向けに丁寧に作られていた。それらは後にDVD版として発売された。
ウォルト・ディズニーは1950年代からこの作品をアニメ化する構想を練っていた。当時の構想は原作の民話やボーモン夫人の話に近いものだったが、最終的に頓挫している。
2010年には『ディズニーデジタル3D』としてオーストラリアやスペイン、日本(2010年10月9日公開)などで公開された。なお、3D版はアメリカでは2012年1月13日に公開されている。

森の奥にある城にとても傲慢な王子が住んでいた。ある日の夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。しかし王子はそれを断り、老女がもう一度頼んでも王子は聞く耳を持たず、追い返そうとした。するとその瞬間に老女は美しい魔女に変わり、優しい心を持たない王子と、王子をそのように育てた召使いたち、さらにその城全体に魔法をかけてしまう。そして王子は恐ろしい野獣の姿に、召使いたちは家財道具の姿になってしまった。魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡、そして初めに見せた一輪のバラの花を置き消えていった。そのバラの花びらが全部散るまでに、王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、王子たちにかけられた魔法が解けることはない。
それから十年の歳月が流れた。とある街に住む発明家モーリスの娘・ベルは街一番の美貌の持ち主で、読書と空想が大好きな父親想いの娘だった。ベルは、読書好きで夢見がちな性分を風変わりと捉える街の人々に馴染めず、街一番のハンサムで人気者だが乱暴で下品なうぬぼれ屋であるハンターのガストンの執拗な求婚にも辟易していた。
モーリスが発明大会に出かけた日、愛馬フィリップが父を乗せぬまま戻ってきたのを見たベルは、父に何かあったに違いないと考え、フィリップと共にモーリスとはぐれた森の奥地の城へとやってくる。フィリップとはぐれ、城に行き着き一夜の宿を頼んだモーリスは、城の主である野獣に不法侵入者として牢に捕らえられていたのだ。解放を願うベルは父の解放と引き換えに自分が城に留まることを申し出る。野獣はその条件を受け入れ、反対するモーリスを強制的に魔法の馬車に乗せ街へと追い返してしまった。
こうして城に残ることになった失意のベルを、蝋燭のルミエール、置き時計のコグスワース、ポットのポット夫人ら、家財道具に変えられた城の召使たちは快く受け入れもてなしてくれた。ベルも次第に気を取り直し、城の生活になじもうと努力するが、礼儀知らずで我がままな野獣の凶暴な振る舞いに耐えかね、城を飛び出してしまう。吹雪の中で野生の狼に襲われるが、すんでの所で駆けつけてきた野獣に救われる。その事件をきっかけに、ベルは醜く横暴な野獣の心の中に残る優しさに気づき、野獣も彼女の優しさに触れ、お互いに心を通わせるようになる。日々をともに過ごしていく中で野獣は徐々に人間らしい心を取り戻していき、ベルに想いを寄せるようになる。そしてベルもまた、野獣に惹かれていくのだった。
2人だけの舞踏会を開いた日の夜のこと、楽しさの中にも父のことを想い沈んだ表情を隠せないベルのために、野獣は魔法の鏡を与え、モーリスの姿を映し出させる。そこに映し出されたのは、病身のままベルを探し求めて森をさまよった末に行き倒れたモーリスの姿だった。狼狽するベルの姿を見た野獣は、自分の中のベルへの愛情を自覚しつつ、愛するベルの気持ちを思いやり、ベルに魔法の鏡を与えた上で解放する。自分に対するベルの愛情を確かめられぬまま彼女を手放してしまえば、2度と呪いが解けないことを知りながら。
父を助け街に戻ってきたベルは、ガストンが自分の結婚を承諾させるためにモーリスを狂人として精神病院にいれようと企んでいることを知り、激しく彼を拒絶。モーリスの言うことが事実であることを証明するために魔法の鏡で野獣の姿を見せるが、嫉妬に駆られたガストンは野獣が恐ろしい存在であると街の人々に吹聴する。野獣を殺すべく人々を炊き付けて扇動し、野獣への密告を防ぐためベルとモーリスを自宅の地下室に幽閉してしまう。ふたりは途方に暮れるが、城からベルの服のポケットに隠れてやってきたポット婦人の息子、ティーカップのチップの妙案により、脱出。野獣に城の襲撃を知らせるため、大急ぎで城へと引き返す。
ベルを失った絶望に塞ぎ自暴自棄になってしまった主人と城を守るべく、ルミエールの一計で本物の家財道具になりすました召使たちは一斉にガストンら侵入者たちに反撃を開始、撃退することに成功する。
騒ぎの中で、独り野獣の居場所を突き止めたガストンは背後から矢を放って奇襲し、野獣をバルコニーに追い詰めて徹底的に痛めつける。それでもなお、力なく倒れたまま野獣は動こうとしなかったが、ガストンが止めを指すそうとした刹那、駆けつけてきたベルの声を耳にして生気を取り戻した野獣は反撃を開始する。ついにガストンを追い詰め怒りと共にバルコニーから落とそうとした野獣だが、命乞いをする彼の姿を見て命を奪うことは思いとどまり、出て行けと言い放った。屋根を伝ってバルコニーに上り、ベルと念願の再会を果たした直後、背後からガストンが短剣を野獣の脇腹に突き立てた。ガストンはバランスを崩して落下して果てたが、野獣もまた重症を負い、虫の息に陥ってしまう。途切れ途切れに愛と別れの言葉を口にし事切れた野獣の亡骸にすがり、ベルは涙を流しながら野獣への愛を告白する。
悲しみの中、空から流星が振りそそぎ、野獣は光に包まれながら元の人間の王子だった頃の姿に戻った。ベルの愛の告白により、ついに野獣は愛し愛されることを学ぶ試練を乗り越え、自身と城にかけられた呪いから解き放たれたのだ。
こうして、城の召使たちと父モーリスの祝福の中、2人は結ばれ、末永く幸せに暮らすのだった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【コ―トラック】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【コ―トラック】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


コ―トラックについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>美女と野獣のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!