アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:かののんさん

瀬田宗次郎

セタソウジロウ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 日高のり子 / PS維新激闘編:冨永みーな
演 - 神木隆之介
身長163cm、体重51kg。文久元年(1861年)9月生まれ。相模国出身。血液型AB。初登場時16歳
“天剣”の宗次郎。十本刀最年少にして最強の剣士。書生風のあどけない少年だが、志々雄の最古参の部下で信頼も厚い。普段は側近として付き従いつつも、大久保利通暗殺をはじめとした数々の最重要任務に派遣されている。剣心に匹敵する天賦の剣才「天剣」と、喜怒哀楽の「楽」以外の感情を持たないがゆえに思考や気配が一切読めない「感情欠落」、強靭な脚力で瞬間移動並みの速度を発揮する超神速の移動術「縮地」を兼ね備えている。
大きな米問屋の主人と妾の間に生まれ、幼少の頃より養父母を含む親戚一家から疎まれひどい虐待を受けた結果、不要な怒りを買うのを避けるため、無意識のうち感情を封印し、つねに愛想笑いを浮かべるようになる。その頃、全身に大火傷を負い追っ手から逃亡中の志々雄と偶然出会い米蔵に匿う。そして紆余曲折の末、志々雄から宿賃代わりに渡された脇差で家族を全員斬殺し[3]、明治維新後の志々雄の最初の部下となり、共に政府を倒し天下を取る闘いに臨む(このとき、志々雄から「オレの次に強くなれる」と言われた)。志々雄を恩人として尊敬し、志々雄から与えられた「弱肉強食」を至上の思想としているため自ら思考することを放棄している[4]。
作中、剣心とは2度対戦している。「感情欠落」の特性ゆえ飛天御剣流の「先読み」が通じないため剣心に対しては有利に立ち回ることができ、剣心を相当に苦しめた。志々雄曰く、「天剣」「感情欠落」「縮地」の三つが揃っている限りは剣心でも宗次郎は倒せないとのこと。新月村での対戦では抜刀術の撃ち合いで剣心の逆刃刀を真っ二つにし、本拠地での再戦では「縮地」も駆使し剣心を圧倒するが、その最中「弱肉強食」とは違う剣心の優しさを秘めた剣によって徐々に精神が乱され、親戚一家との過去を思い出した後、封じていた感情を呼び起こしてしまい、感情欠落を失う。決着をつける為に奥義「瞬天殺」を繰り出すが、同等の性質とスピードを持ち、さらに破壊力で上回る天翔龍閃の前に敗れる。その結果、志々雄との決別を涙ながらに決意。決別のケジメとして、由美を介して志々雄に天翔龍閃の仕組みを説明し、脇差も返却した(脇差は志々雄の手で破壊される)
志々雄一派壊滅後は、志々雄の名の下で自らが行った人斬りの意味と、これからの自分の生き方を模索するため、日本各地を放浪する。
モデルは新撰組一番隊組長沖田総司であり、名前も総司の幼名に由来する[5]。また『新撰組血風録』の沖田もモデルとなっている[5]。女性層からの人気が特に高い。剣心のライバルキャラ投票では1位になった。アニメの「人気キャラランキング」では2位。
PS『十勇士陰謀編』ではゲストキャラクターとして登場する。主人公達とは絡みは無い。
完全版第13巻の再筆:書生風の服装→青年将校候補風の服装へ、由美や鎌足が見繕った装飾品を身に付けている。武器に仕込み杖(本気を出していない時の得物)が追加され、菊一文字則宗に関する設定が変更された(後述)。
実写映画版:技を仕掛ける前に片足跳びでリズムを取る癖などが再現され、比較的原作に忠実。2作目では大久保利通暗殺や、剣心との初対決で逆刃刀を折るなどの重要な役割を果たす。3作目では煉獄内で剣心と再戦し、過去を思い出す場面はないものの、追い詰められるうちに感情が制御できなくなって敗れ、声を張り上げて泣き崩れる。その後の生死は不明。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
瀬田宗次郎とは?(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

感情を殺して剣を振るう「瀬田宗次郎」の魅力とは?『るろうに剣心』
【画像】瀬田宗次郎(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
 かつて“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた「緋村剣心(ひむらけんしん)」の跡を継ぎ惨殺を繰り返した結果、政府に裏切られた「志々雄真実(ししおまこと)」。そんな彼に忠誠を誓う「瀬田宗次郎(せたそうじろう)」は、命令とあればおつかいから暗殺まで幅広く手助けし、弱肉強食の信念を元に行動します。今回は、どんな状況でも笑顔を見せるシャープな顔立ちの美少年「瀬田宗次郎」の魅力についてご紹介いたします。
主人公にも引けを取らない抜刀術の使い手
 『るろうに剣心』では、主人公である「緋村剣心」が抜刀術と呼ばれる剣術を使い、悪党達を次々と倒していきますが、その悪党のひとりとして登場する「瀬田宗次郎」もまた、抜刀術の使い手で、天賦の剣才、すなわち“天剣”の持ち主でもあります。
 
 剣心と宗次郎が直接対峙するのは、全部で2回。新月村と呼ばれる、地図にも載っていない辺鄙な村での戦闘では、抜刀術の相打ちの後、剣心の愛刀“逆刃刀”の刀身を折るという偉業を成し遂げています。この戦闘を初めて見たファンは、宗次郎の強さに驚愕した事でしょう。なにせ、ほとんど負ける事のなかった剣心を、双方の武器破壊という形とはいえ、引き分けにまで追い込んだのですから。
実は誰よりも感情的?
 宗次郎は幼少期の頃に、とある事情から“喜怒哀楽”の“楽”以外の感情が抜けてしまいます。そのため、敵を倒して喜んだり怒ったりもしなければ、人を殺して哀れむ事もありません。それゆえ、ひとたび命令を受ければすぐに、そして躊躇なく行動に移します。笑顔で・・・。それを彼の魅力と捉えるかどうかは見る者にもよるでしょうが、悪役として登場している事もあり、それでも絶大な人気を誇っています。

 宗次郎は剣心との2度目の戦闘で、剣心の語りによって今まで押さえ込んできた感情が暴走します。人を救いたいという優しさに怒り、どうして自分を助けてくれなかったのか?と哀しむ宗次郎は、全力で剣心を倒そうとします。が、今まで欠落していた感情が表れてしまったため、飛天御剣流の十八番である“先読み”により、奥義“天翔龍閃”を受けて戦闘不能に・・・。あの短時間でいくつもの感情を爆発させた宗次郎。本来なら、感情豊かでまっすぐな性格だったのかもしれません。
すべてがふっきれた宗次郎
 京都編終盤では、志々雄一派のその後の行方が語られる事となり、それは宗次郎も例外ではありません。戦いが終わった後、彼は何が正しく、そして何が間違っているのかという疑問の答えを自分自身で見つけるため、どこかへ流浪(なが)れていく事を決意します。剣心と似通った道を歩む彼は、一体どのような答えを見つけ出すのでしょうか?

 剣心を苦しめ、志々雄に認められるなど、かなりの実力を誇る「瀬田宗次郎」。彼のクールな姿や激しい一面に、きっと心を打たれた人も少なくないはず。そして彼なら、きっといつか求めている答えにたどり着ける事でしょう。
(C)和月伸宏/集英社・アニプレックス
アワビ侍(バンタンゲームアカデミー ゲームライター専攻)

記者(アワビ侍【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【瀬田宗次郎】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



瀬田宗次郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!