アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:さるすべりさん

ジョセフ・ジョースタ...

ジョセフジョースター

ジョジョの奇妙な冒険

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

【来歴】:1920年9月27日誕生、イギリス出身。18歳の時にアメリカ合衆国に移住し、後に帰化している。身長195cm、体重97kg。血液型B型。ジョナサン・ジョースター、エリナ・ペンドルトン夫妻の息子であるジョージ・ジョースター2世と、母エリザベス(リサリサ)の間に生を受ける。イギリス空軍のパイロットだった父は、ジョセフが生まれて間もない頃に軍に潜んでいた屍生人(ディオ・ブランドーの配下だったゾンビ)に殺害され、母もある事情から死んだことにされていたため、幼少期・少年時代は祖母エリナの手で育てられた。18歳の時にリサリサの召使だったスージーQと結婚し、一人娘・ホリィをもうけた。空条承太郎は、ホリィと日本人ミュージシャン・空条貞夫の間に生まれた孫である。また、1980年代に日本で不倫関係にあった女子大学生・東方朋子との間に、隠し子・東方仗助がいる。【人物像】:容姿は祖父ジョナサンによく似ているが、ジョナサンと正反対に暴力的で気性が激しく、アメリカ人のスモーキー・ブラウンから「イギリス人とは思えない」と評されるほど軽い性格をしている。態度も紳士的とは言い難く、目上の人間に対しても常に茶化すような接し方をし、軽微であるものの波紋の悪用も厭わない。しかし、当時現在より差別が酷かった黒人であるスモーキーに対して何の気負いもなく自然体で友情を示し、仲間を守るためには自らを犠牲にすることも厭わないなど、その奥底にはジョナサンと同じ正義と勇気の心が見て取れる。また、自分を育ててくれた祖母エリナに対して深い尊敬・愛情の念を抱き、赤児の頃から自分を見守ってくれていたスピードワゴンにも同様に家族としての愛情を持っている。相手の裏をかくことが得意で、戦闘においてはマジックやイカサマを応用し、自分に不利な状況からも周到な罠を張り巡らせ逆転してみせる。先読みの才能もあり、相手が次に口に出そうとする言葉を予測して先に言ってみせるという心理トリックじみた台詞回しをよく行う(ジョセフ「次におまえは○○と言う」「次のてめーの台詞は○○だ」→相手「○○…ハッ!」)。その一方で、劣勢に陥ったら正面からのぶつかり合いを諦め、一旦戦闘から逃走することで状況の打開を図ろうとする一面もある。 波紋の修行前に格闘技を修得した描写は無いが運動神経に優れ、サンタナ戦では格闘技能をシュトロハイムに称賛されている。「乗り込んだ飛行機は墜落する」というジンクスを持っており、13歳と18歳の時にそれぞれ1度、Part3の時に2度と、生涯で4度も飛行機の墜落事故に遭遇しており、さらにその全てにおいて無事生還している。Part4では杜王町から帰る時は船を利用している。老年期以降はビートルズを愛聴しており、登場した各部の最終話のラストシーンではウォークマンでビートルズの楽曲に親しんでいる。また、B級映画やマニアックな音楽にも傾倒しているようである。少年の頃から漫画収集の趣味もあり、Part4時には岸辺露伴に、露伴の代表作「ピンクダークの少年」の英語版が発売されていないか問い合わせていた。若い頃は、祖父ジョナサンらと同様に「JOJO」というニックネームで呼ばれ、本名で呼ばれることはほとんどなかった。ただし、ジョナサンがカタカナ「ジョジョ」と表記されているのに対し、ジョセフは主にアルファベットで「JOJO」と表記されている。老年期以降はニックネームで呼ばれることはなくなり、承太郎ら家族からそれぞれの立場に合った呼ばれ方をされている以外、周囲の人間からは「ジョースターさん」という呼び名で統一されている。

出典:wikipedia

誕生日:9月27日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ジョセフ・ジョースターとは?(ジョジョの奇妙な冒険)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

第2部「戦闘潮流」の主人公。波紋という能力で戦う。ジョナサン・ジョースターの孫。容姿は祖父ジョナサンによく似ているが、彼とは正反対に暴力的で気性が激しい。

年齢

18 歳

誕生日

9月27日

性別

あだ名

ジョジョ

声優

杉田智和/大塚芳忠/大塚周夫

星座

乙女座

身長

195 cm

体重

97 kg

血液型

B 型

髪の色

配偶者

スージーQ

子供

ホリィ・ジョースター

父親

ジョージ・ジョースター2世

母親

エリザベス(リサリサ)
戦闘とは詭道なり ジョセフ・ジョースター『ジョジョの奇妙な冒険』
『ジョジョの奇妙な冒険』第2部の主人公、ジョセフ・ジョースターを紹介します。
なお、この第2部『戦闘潮流』はアニメ第1シリーズの第10話~26話になります。
【画像】ジョセフ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)
祖父と真逆の性格
ジョセフはイギリス紳士であった祖父ジョナサン(第1部の主人公)とは正反対の性格。
暴力的で気性が激しく、目上の人間に対して茶化した接し方をします。
しかし、仲間や身内を守るためなら自ら犠牲になることを厭わない男で、その奥底には祖父ジョナサンと通じるものがあります。
また、生まれつき“波紋”と呼ばれる特殊能力を有しています。
優れた戦術家
ジョセフは西洋人でありながら、中国の兵法書『孫子』に詳しく、相手の裏をかくのが得意です。戦闘の際は手先の器用さを活かして、マジックやイカサマなど、奇をてらった戦術をよく使います。
また、打つ手がないほど劣勢な時は、一時的に逃走して状況を打開することも使います。これは「三十六計逃げるにしかず」という格言に従った手段であり、誠に優れた戦術家といえるでしょう。
敵への敬意
ジョセフはまた、常に心の余裕を失わない人間で、しばしばユーモアを感じさせます。
例えば、究極生物サンタナが復活し、周囲が騒然とする中、サンタナと意思疎通を試みようと「ハッピーうれピーよろピくねー」と話しかけたこともありました。

余談ながら、イギリス人のジョセフが“のりピー語”を使うのは一見、不可解に思えます。しかしよく考えれば、劇中の年代は1938年。彼の台詞がオリジナルなのです笑

さて、この心の余裕は、戦闘においても存在し、敵に対する敬意という形で表れることがあります。特に、戦士として殉じたワムウに対し、ジョセフが敬礼する場面はとても印象的で格好いいです。
老いても健在
本コラムでは触れませんが、ジョセフは50年後の第3部でも登場し、老いてますますの健在ぶりを見せます。
アニメ第1シリーズを見終えた方は、是非、引き続き第2シリーズへと進みましょう!

©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
関連リンク
 >>> スタンドバトルに熱くなれ!『ジョジョの奇妙な冒険』第3部!
記事提供元:あにぶ
 >>> 戦闘とは詭道なり ジョセフ・ジョースター『ジョジョの奇妙な冒険』

記者(あにぶ公式さん)

関連画像

スヌーピーさん
0 pt
抹茶アイスさん
0 pt
まーしゃさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ジョセフ・ジョースターについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/12/11 04:40 ID:4A8601C0 ▽コメント返信
歴代JOJOで1番好き‼︎
若いジョセフもジジイな(笑)ジョセフも大好きです‼︎
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!