アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

高荷恵

タカニメグミ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 土井美加
演 - 蒼井優
身長166cm、体重45kg。1857年(安政4年)12月生まれ。血液型B。初登場22歳。
会津出身の美人女医。脱藩してまで西洋医学に心血を注ぎ、会津戦争の最中に行方不明となった父親(隆生)の消息を探るため上京するが、悪徳実業家の武田観柳にその才能を悪用され、観柳の監禁の下で阿片を作らされる羽目になる。剣心と出会って命を助けられた[4]後は、戦いで傷付いた人々の治療を行う役目を担う。料理は得意で、薫の料理に文句を言わない弥彦でさえも「恵が料理を作る」という理由で神谷道場宿泊を許可している。
気丈な性格で、高飛車かつ蓮っ葉な物言いで言語の訛りを隠している。人をからかうのが心底楽しいようで左之助や薫には「女狐」と称され、しばしばキツネの耳を頭に付けたデフォルメ姿も登場している。武田観柳の一件後、剣心に度々アプローチをするようになる。また、左之助に対しても冗談ながらも満更でもないような発言をしている[5]。剣心に片想いしながらも結局は剣心と薫の絆の強さを知り、自ら身を引いた。
医者としての経験上、剣心の身体の異変を最初に指摘し、縁の狂経脈の正体を見破った。人誅編の後、医者が不足している会津へと帰郷する。
OVAの『星霜編』では病に侵された薫の治療のために駆け付けるが、既に手の施しようがなかった。
また、スタッフの間ではたいへん人気だったらしく「スタッフ限定の人気投票では一位であった」と単行本の作者談にて書かれている。
読者からの手紙では「蒼紫と恵がお似合い」というのと「左之と恵がお似合い」と二つの意見があり、和月は前者が「絵的に似合って」、後者は「性質的に似合う」と思うとコメントしている[6]

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
高荷恵とは?(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

会津出身の女医で、西洋医学に通じ、会津戦争の最中に行方不明の父の消息を得るため上京した所、成金の悪徳実業家の武田観柳に利用されて、剣心に助けられる。その後、神谷道場に宿泊しながら、動乱の中、負傷した人々の治療を行い、剣心達の大きな支えになる。料理は得意。

年齢

22~27 歳

性別

声優

土井美加

俳優

蒼井優

星座

山羊座

身長

166 cm

体重

45 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

ロング

職業

医者

父親

隆生
家族を探して一人さすらう高名な医者の娘「高荷恵」の魅力『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
【画像】高荷恵(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
 「高荷恵」は、会津藩の高名な医者の家に生まれ、家族全員が医者という家柄です。アヘンの製造密売をおこなう医者の助手をするようになりますが、恵はその事実を知りませんでした。そしてその医者が「武田観柳」に殺され、その製造工程を知る恵は捕らえられてしまいます。

 「生きていれば家族に会える」と信じて、彼女はこれまで生きてきました。観柳はどうしても製造工程を白状させるためにあらゆる手を使いますが、間一髪で恵は剣心達に助けられます。ここから彼女は神谷道場に身を寄せ、道場のかかりつけの医師の助手をしながら生活していくことになります。今回は、そんな彼女の魅力に迫ってみたいと思います。
藩内では有名な医者家系
 高荷家は、会津藩では知らないものはないといわれるほどの有名な医者の家系で、特に恵の父親は、一家総出で脱藩してまで当時の最先端であった蘭学を長崎まで学びに行くような熱心な人物でした。当時、脱藩は相当の覚悟がなければすることができず、再び藩へ戻ることができたのは、医者としての実力と、それまで藩政に対して尽力してきた人物だからこそ。恵もその時、同行していたはずですが、当時のことについて彼女は多くを語ることはありません。
家族に再び会えると信じている
 会津戦争で家族が散り散りになってしまった恵は、自分が生きていればきっと家族と再会を果たすことができると信じてやみません。しかし、父親はすでに戦争で戦死した報を受けており、兄弟と母親が行方不明という状態になってしまい、恵自身も流れるように各地を転々としていたといいます。彼女が家族と再会できるとすれば、医師として活動するなかで、人づてに家族も同じように活躍していることを耳にする機会があると考えたからでしょう。様々な苦悩が彼女を襲いますが、家族への想いでこれを乗り切ったことは、彼女の前を向く意志の強さを物語っています。
密かに寄せる剣心への想い
 剣心達に助けられてから、恵は密かに剣心に想いを寄せるようになりますが、剣心が薫へ想いを寄せていることに気付き、自ら想いを告げることなく身を引きます。剣心が一人京都に向かう時にも、別れを告げられた薫に対して「さよならも行ってもらえなかった人の気持ちなんてあんたにはわからないんだから」と薫を叱咤し、その後も薫が気持ちで折れそうな時にも、恵は「あんたがしっかりしなきゃダメでしょ」と気持ちを後押しします。

 物語の終始で“大人の女性”をイメージさせる恵ですが、その凛とした雰囲気は現代の同年代の女性と比べても大人びています。自分の気持ちに筋を通すことにかけては、彼女はとても強い人間なのだと思います。結局、家族に再開できたのかどうかは不明ですが、彼女が幸せになることを願わずにはいられません。
(C)和月伸宏/集英社

記者(もんきち【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


高荷恵についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!