アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

コタロー

コタロー

南国少年パプワくんシ...

0

pt

キャラクター紹介

声 - 『南国少年パプワくん』:大谷育江(5歳〜6歳時)、『PAPUWA』:小林沙苗(10歳〜11歳時)
マジックの次男。両目(青)とも秘石眼で髪の毛の色が亜麻色。パプワと同じ12月24日生まれ。
青の一族の中で最も強い力を持っている。その力は、同じく両目とも秘石眼で青の一族の中では圧倒的強さを誇る父マジックも遠く及ばない。兄達とは18歳年が離れている。
『南国少年パプワくん』では、生まれてから間もない時に母親が死去しており、母親のことは知らない[1]。その力を恐れた父マジックにより軟禁されて育つが、軟禁から解放された直後にマジックを殺そうとするなど、善悪の区別がつかなかった。最終的にパプワ島で暴走してしまい、深き眠りにつく。幽閉時に化け物植物(ウツボカズラのフジエダくん。中身はパプワ)とぬいぐるみ(中身はシンタロー)のバトルを目撃するというショッキング体験をしたことがある。
『PAPUWA』で数年ぶりに目覚め、真っ先にパプワ島を目指すが、タンノの一族と思われるナマモノ集団に巻き込まれ、そのまま第二のパプワ島に流れ着いた際に記憶喪失となる。コタローの暴走を防ぐため記憶を取り戻させまいとしたリキッドにより「ロタロー」(パンツに書いてあった「コタロー」にリキッドが棒を一本足した)と名づけられ、そのままパプワらと生活することになる。「訴えるよ!そして勝つよ!」が口癖。兄に似て守銭奴な一面もあり、そのせいで罠にかかったことがある。パプワにとっても初めての同年代の人間の友人。パプワ島の暮らしにより純粋な感情を身に付けていき、一人の人間として成長する。後にシンタローと再会し、彼の絶体絶命の危機に直面したことがきっかけで記憶を取り戻す。サービスのもとで修行を終え、マジックらに同行している。修行突入時に断髪しており、精神的にたくましく成長したようである。本作では珍しくないが、自身が美少年であることを自覚しており、謙遜する時のセリフは「そんなあ!ぼくはただのアイドルだよ!」。
初登場時と比べて最も変化したキャラである。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【コタロー】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【コタロー】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


コタローについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>南国少年パプワくんシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!