アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:patopatoさん

木兎光太郎

ボクトコウタロウ

ハイキュー!!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

梟谷学園高校3年1組。バレー部主将。背番号4。ポジションはウイングスパイカー。身長185.3cm、体重78.3kg。9月20日生まれ。好物は焼肉で、最近の悩みは「……なやみって漢字でどう書くっけ??」
全国で5本の指に入るスパイカー。梟谷学園グループ主催で行われた合同合宿での練習試合では、全国区のエースとして数々のブロックを吹き飛ばすスパイクを見せた。そのような実力者ながら非常に気さくな性格をしており、高身長選手を相手に奮闘する日向を賞賛し、必殺技としてフェイントを伝授した。また、自主練習では音駒高校の黒尾と共にスパイク&ブロックの練習に励み、その中で月島が「バレーにハマる」きっかけを作る。敵味方関係なく関係なく士気を上げてしまう選手と称されており、プレー、メンタル面ともに烏野の東京遠征において大きな影響を与えた人物の一人。
基本的にテンションが高いが、試合でミスなどが続くと赤葦に「今日はもう俺にトスを上げるな」と言って自信を無くす「しょぼくれモード」に突入する。ちょっとしたことですぐに調子が上がったり下がったりする性格を部員たちもよく理解しており、互いの信頼は厚い。しかし、チーム内では、末っ子といわれている。

出典:wikipedia

誕生日:9月20日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
木兎光太郎とは?(ハイキュー!!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

9月20日
ハイテンションな気分屋!?梟谷が誇る最強スパイカー「木兎光太郎」の魅力『ハイキュー!!』
【画像】木兎光太郎(ハイキュー!!)
 『ハイキュー!!』は週刊少年ジャンプにて連載されている、高校バレーの魅力がギッシリと詰まった作品です。連載当初のキャッチフレーズは「劇的青春」。また、作中では敵味方校共に個性あふれるキャラクターが多数登場し、多くのファンを魅了しています。コミックスの他にも、ノベライズ(小説)や四コマ本も刊行されており、TVアニメ放映は第二期が、前後編形式でTVアニメの総集編が劇場映画として上映されました。また3DSゲームの他にも、バレーボールを題材にした新しいカードゲーム「バボカ」も発売されています。今回は、そんな『ハイキュー!!』から、烏野が「梟谷学園グループ」の合同合宿にて共に練習した、梟谷学園高校「木兎光太郎」の魅力についてご紹介させて頂きます。
超ハイテンションなエース
 「木兎光太郎(ぼくとこうたろう)」は、梟谷学園高校男子バレー部所属の三年生です。ポジションはウイングスパイカー(WS)、背番号は4番。部内ではエースであり主将でもあるのですが、どうやらチームは副主将の「赤葦」に任せっきりで、木兎は自身や他人の練習に付き合う方を優先しているようです。

 基本的に明るく、最近の“なやみ”は「・・・なやみって漢字でどう書くっけ??」なので、もしかしたら漢字以外の悩みはないのかもしれません・・・。そして、敵味方関係なく、自分の周りにいる人間全ての志気を上げノせてしまえる彼独特の雰囲気。それが木兎の魅力でもあります。

 しかし、弊害も多々発生しているようです・・・。いつもうるさい程のハイテンションで人の言葉を聞かず、自分の思ったまままっすぐに動く性質で、後先考えずに色々とやらかします。また、音駒の主将「黒尾」とは悪ノリ仲間でもあるようで、いつも彼らに絡まれている自チームの「赤葦」や烏野の「月島」からは、辟易気味どころかウザがられてさえいるようです・・・。

 とは言え、木兎の実力は突出しており、実は“全国で5本の指”に入る超実力派スパイカーなのです。ちなみに、どうして3本の指には入れないのか・・・?それは彼のスパイカーとしての技術や能力のせいではなく、どうやら木兎の性格そのものに原因の根本があるようです・・・。
少々面倒くさい性格
 自由奔放な行動でバカ騒ぎ、色々と面倒な性格でもある木兎。気分にムラっ気が多く、浮き沈みも激しい為、一旦頭に血がのぼってしまうと冷静さを欠き、人の言葉や忠告を聞くことが出来なくなってしまいます。さらに、その状態で得意のスパイクが決められないと、「今日はもう俺にトスを上げるな」と試合中でも突然拗ねてしまう面倒臭さ・・・。梟谷メンバー曰く「出たー木兎の“しょぼくれモード”!!!」なのです。しかし、そんな状態でも梟谷メンバーは決して慌てることなく、使い物にならなくなった木兎は放っておき、「赤葦」を中心に淡々と試合を続けます。それどころか、木兎のムラっ気はいつもの事よと慣れっこ気味なメンバーは、むしろイキイキし始めるのが梟谷らしさとの事。

 しかし、木兎は根っからのスパイカー。そんなしょぼくれモードがいつまでも続くわけがありません。チームが自分抜きでも試合を続行していると、徐々にそわそわしだします(笑)。その様子を見たセッターの「赤葦」が、「オイシイところ」と称したトスを上げ、見事に木兎を復活させてしまうのです。そして追い討ちを掛けるように赤葦が部員へと目配せをし、「よっ!エースッ!」「カッコイーネ!」とおだてれば、いつものテンション以上にまで引き上げられてしまうのです。

 そう、木兎の性格を言い表すのなら「面倒」で「単純」。梟谷は木兎が引っ張っているように見えますが、実はその逆。メンバー全員で木兎を引っ張るチーム。つまり木兎は、皆をグイグイ牽引する長男タイプかと思いきや、わがまま気分屋の末っ子タイプだったのです。梟谷は木兎がいなくても強豪と互角に戦える力があり、木兎が加わる事で強豪に勝てるチームになるのです。つまり木兎は良しにつけ悪しきにつけ、ある意味“起爆剤”のような魅力を持つ人物やもしれません。
超実力派スパイカー
 色々と面倒な木兎ではありますが、やはりそこは“全国で5本の指”に入るスパイカー。どうやら努力も並大抵ではないようです。際限なく続けられるスパイクの練習量は、誰も付き合いたくない程。さらに向上心もとても強く、他選手のプレイーに感化され、常にそれを自分でも試せないかと考えているようです。また、己の琴線に触れた者に対しては、持ちうる技や情報、時には自身の叙事さえ惜しみなく話し、教えてもくれます(そのせいで自チームがピンチになりましたが・・・)。いつも思い付きで動いてしまう木兎ですが、他者に与えるその影響力はとても大きいようです。
“その瞬間”が有るか無いかだ
 誰よりも練習し、スパイクを磨き、試合で相手を打ち崩す快感、賞賛の歓声・・・、“その瞬間”を知ってしまった「木兎光太郎」は、これからもさらにバレーにのめり込んで行くに違いありません。
(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!セカンドシーズン」製作委員会・MBS(公式サイトスクリーンショット)

記者(高塔【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


木兎光太郎についての雑談場(2件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/06/06 15:25 ID:8F9AD5E5 ▽コメント返信
ぼっくんかっこいいです!
大好きです。エース。すぐしょぼくれるのもかわいいけど、バレーしてる時が一番かっこいいです…!!!
2 名前:名無しさん 2016/12/03 17:43 ID:E2301552 ▽コメント返信
へいへいへーい
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハイキュー!!のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!