アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ソードさん

灰羽リエーフ

ハイバリエーフ

ハイキュー!!

0

pt

作品紹介

『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011年WINTER号に掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年20・21合併号に読み切りとして掲載、2012年12号から連載開始。話数カウントは「第○話」。2013年8月時点で、累計発行部数は250万部。もともと、作者の古舘はデビュー前からバレー漫画を描きたいと思っていたが、バレー漫画は実力がついてから連載するべきだという編集のアドバイスに従い、2作目の連載作品となった。前作の詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。と同じく宮城県が主な舞台だが、古舘は仙台デザイン専門学校の出身で、担当編集者も宮城県に住んでいたことがあるという。2014年(平成25年度)『天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会』のポスターに採用される。また、第66回『全日本バレーボール高等学校選手権大会』とのコラボレーションポスターを実施した。2014年3月1日・2日に開催される、Vプレミアリーグ男子東京大会で、この「ハイキュー!!」とのコラボレーション企画が行われる。具体的には、テレビアニメの特別映像の上映に加え、そのテレビアニメ版に登場するキャラクターによる場内アナウンス、それに、コミックスのカバーの折り返し部分などに掲載されている、「ヒナガラス」をモチーフにしたマスコットキャラクターも登場するという。2014年4月6日よりテレビアニメが、『週刊少年ジャンプ』連載作品初のMBS・TBS系全国ネットの「日5枠」で放送予定[8][9]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
灰羽リエーフとは?(ハイキュー!!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

音駒高校1年3組。バレーボール部所属、ポジションはミドルブロッカー。日本人とロシア人とのハーフだが日本生まれ日本育ちのため、ロシア語は喋ることができない。

年齢

16 歳

性別

好きな食べ物

おいなりさん

声優

石井マーク

星座

蠍座

身長

194.3 cm

体重

79.7 kg

髪の色

学校・会社

音駒高校

部活・委員会

バレーボール部

職業

高校生

学年

高校1年生
素直すぎる自信家!?灰色の獅子「灰羽リエーフ」の魅力とは?『ハイキュー!!』
【画像】灰羽リエーフ(ハイキュー!!)
 『ハイキュー!!』は週刊少年ジャンプにて連載されている、高校バレーの魅力がギッシリと詰められた人気作品です。連載当初のキャッチフレーズは「劇的青春」。また作中では敵味方校共に個性あふれるキャラクターが多数登場し、多くのファンを魅了しています。コミックスの他にノベライズ(小説)や四コマ本なども刊行されており、TVアニメ放映は第二期が、そして前後編形式でTVアニメの総集編が劇場映画として上映されました。また3DSゲームの他に、バレーボールを題材とした新しいカードゲーム「バボカ」も発売されています。今回はそんな『ハイキュー!!』から、長年続く「ゴミ捨て場の決戦」で烏野高校とは因縁深いことでお馴染み、音駒高校の新米ミドルブロッカー「灰羽リエーフ」の魅力についてご紹介させて頂きます。
自称音駒のエースことヘタクソなド素人
 「灰羽リエーフ(はいばりえーふ)」は、音駒高校男子バレー部に所属する1年生です。ポジションはミドルブロッカー(MB)で背番号は11番。バレーは高校に入ってから始めたので全くのド素人・・・。主将の「黒尾」には「(主人公の日向含む)ヘタクソNo.1と2」と言われ、同チームの「研磨」からも「パスや基礎、サーブも翔陽(日向)より全然ダメ」とまで言われてしまうほど・・・。しかし、周りの評価は散々であるくせに、リエーフ自身は「一番たくさん点をもぎ取った奴がエースだろ」と、その自信のほどを窺わせる強気な発言が多いです。

 そして名前からも分かるよう、リエーフは日本人とロシア人を両親に持つハーフです。名前の“リエーフ”もロシア語で「獅子」を意味するとの事。そして194.3cm(二週間後に2mm伸びました)という高身長に加え、灰色に近い銀髪にエメラルドグリーンの瞳・・・という外見でありながら、ロシア語は全く話せずに好物はおいなりさん。本人曰く「日本生まれの日本育ち」。しかし、こうした見た目や発言を裏切る“残念さ”こそが、リエーフの魅力なのかもしれません。

 また、2014年の「ジャンプスペシャルアニメフェスタ」では、音駒高校が主役のオリジナルストーリーの新作アニメが上映され、その後、限定版コミックス15巻に付くDVDとして発売されました。
素直すぎる性格と紙一重で余計な一言
 先輩や仲間の言葉には素直に従い、上下関係もきっちりと弁えているように思えるリエーフですが、研磨曰く「素直だしヤな奴じゃないよ」でも「たまに素直すぎるけど」・・・なようです。それは初対面の日向に向かって「近くで見ると余計に小さいな」と、見たままを正直に言ってしまうほど。どうやら本人には悪気は全く無く、思ったことをすぐ口に出してしまう性格のようです。このように、リエーフは余計なことを言っては「夜久」の逆鱗(主に身長のこと)に触れてしまい、案の定、蹴りを入れられたりレシーブ練習をさせられています。

 とは言え、やはりリエーフがバレー初心者なのは歪めません。リードブロックもブロードも知らないまま、全てをいちいち研磨や誰かに聞きながらおこなっているようです(それでも出来てしまうのはさすが)。主将の黒尾、三年でリベロの夜久から、音駒においてもっとも大事な技術(=レシーブ)を連日みっちり叩き込まれているようですが、なかなか上達にまでは至っておりません・・・。しかし、自身の高身長と身体能力を活かせるブロックやブロードなどは進んでやりたがり、その度にレシーブの先生でもある夜久や主将の黒尾に叱られています。「自分のやりたいことをやる」、リエーフはそんな、素直すぎる「自信家」なのかもしれません。
高ポテンシャルとビッグマウス
 リエーフは生まれ持った高身長に加え、もともとの身体能力や(バレー)センスも兼ね備えており、同学年の「犬岡」からは「色々と恵まれ過ぎっス!」な存在でライバル視されているようです。また、度々その“ビッグマウス”っぷりを、二年の「山本」などからも注意されているようですが、本人はそんなことは全く意に介さず、へこたれぬままに反対に更なる闘争心を燃やすタイプのようです。
未来のエース?
 ド素人やらヘタだのとチームメイトからは散々言われ、苦手なレシーブ練習ではヘロヘロになっている「灰羽リエーフ」。しかし、他校との練習試合に限っては、リエーフはその自信を裏付けるかのように、たびたび才能の片鱗を垣間見せてくれました。これからの彼の活躍に期待せざるを得ません。
(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!セカンドシーズン」製作委員会・MBS

記者(高塔【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【灰羽リエーフ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



灰羽リエーフについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハイキュー!!のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!