アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

アルスラーン

アルスラーン

アルスラーン戦記

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 関俊彦 / 山口勝平 / 小林裕介
当作品の主人公。はじめ14歳、作中で18歳となる。パルスの国王(シャーオ)アンドラゴラス三世の子で、パルス国の若き王太子、後に第19代国王となる。晴れ渡った夜空のような深い色の瞳を持つ。温厚で繊細な性格。顔立ちは父王アンドラゴラス三世にも母タハミーネ妃にも似ておらず、後に出生の秘密が明らかにされる。
人柄の良さだけが取り柄と評される事もあるが、ナルサスを宮廷画家として招き入れるという「奇策」で幕下に招聘する事に成功し、配下の者の士気を高揚させる行動を自覚なくとったり倒した敵将の処遇が的確であるなど人あしらいの上手さがあり「他人の心をつかむ才覚」は天性の物である。また名だたる戦士である部下たちの武勲に隠れがちだが実は武芸の腕前も人並み以上であり第2部では獅子狩人(シールギール)の称号も得ている。
初陣である第一次アトロパテネ会戦において、パルス軍は味方の将の裏切りによりルシタニア軍に大敗を喫する。全てを失いダリューンただ1騎に護られて戦場を離脱。その後、ダリューンの親友ナルサスを頼り彼を軍師に迎える。その後も多士済々たる仲間が加わり彼らとともに王都奪還を目指す。
第2部ではルシタニア軍から王都エクバターナを解放し、パルスの奴隷制度を廃止したことから「解放王(サーシュヤント / 「サリューシャント」とルビが振られている箇所もある)」と呼ばれる。質素な生活、巨大な功績、温和な人柄などから国民に絶大な人気を誇る。ルシタニアによる侵攻以降毒舌家ぞろいの臣下に囲まれていたこともあって、ギーヴをして「陛下は悪知恵がたくましくなられた」と評される。エラムただ1人を伴ってお忍びで城下を散策する事を趣味としており、最近ではその途上で重大事件に遭遇する事も多い。「解放王」の由来はゾロアスター教の「救済者(サオシュヤント)」より。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
アルスラーンとは?(アルスラーン戦記)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

アルスラーンとは、テュルク語でライオン・獅子を意味する単語で、トルコや中央アジア等では一般的な男子名のひとつである。「アルスラン」とも発音される。「アスラン(aslan)」は「アルスラ(ー)ン」が現代トルコ語化したもの。

年齢

18 歳

性別

声優

関俊彦(カセットブック)/山口勝平(劇場版アニメ&OVA)/小林裕介(日5版)

髪の色

髪型

ポニテ
仲間達と共にどん底から這い上がる王太子「アルスラーン」の魅力とは?『アルスラーン戦記』
【画像】アルスラーン(アルスラーン戦記)
 『アルスラーン戦記』の主人公「アルスラーン」。パルスという国の王太子ですが、初陣であるアトロパテネの戦いで大敗してしまいます。率いる兵は「ダリューン」1人だけというどん底の状態になりますが、持ち前の聡明さと優しさにより一騎当千の仲間を集め、祖国回復のため奮闘することに。今回は、そんな「アルスラーン」の魅力についてご紹介したいと思います。
人柄が良い王太子
 王太子(王子)というと、傲慢だったりわがままだったりする事も多いです。ヒルメスや隣国シンドゥラのガーデーヴィ王子などが良い例ですが、「アルスラーン」は違います。民を思い部下を思い、時に敵さえも思うという、とにかく人柄の良い王太子です。そのため、ダリューンをはじめ、一騎当千の仲間達は「アルスラーン」を盛り上げ、どんな不利な状況でも彼を見捨てずに付き従います。さらには、敵対した人間さえもアルスラーンの人柄に触れ仲間になる事が。後に、アルスラーンの代表的な部下を指して“十六翼将”と呼ぶ事がありますが、この“十六翼将”には何人もの外国人がいます。このように人の心を掴み動かせるほどの人柄の良さ、それは何よりのアルスラーンの魅力だと思います。
意外に(?)聡明
 ダリューンやナルサスなどに助けられる事の多いアルスラーンですが、意外に聡明な一面もあります。ナルサスは、最初アルスラーンの部下になることを拒絶したのですが、アルスラーンは部下になる見返りとして、武人の最高位“大将軍”でもなく、文官の最高位“宰相”でもなく、絵を描く事が大好きな(下手です・・・)ナルサスへの見返りとして、“宮廷画家”の地位を提示したのです。比類なき知略を持つナルサスもあっけに取られ、最終的にアルスラーンの部下になります。
祖国回復と理想の国の為に奮闘
 アルスラーンは人柄の良い王太子ですが、ルシタニアに祖国が蹂躙されている事を許す訳にはいきません。仲間達と共に奪われた祖国を回復し、囚われた両親を救うべく奮闘します。そして、現状のパルスをただ回復させるのではなく、自分の理想とするパルスにしようとするのです。その為には、父親である「アンドラゴラス三世国王」と対立することも厭わず、まっすぐに突き進んでいきます。人柄も良く優しい一方で、理想の為には自分の意思を貫くアルスラーンの強さもまた、彼の魅力なのだと思います。


 14歳にして国の命運を背負う事になってしまった「アルスラーン」。一騎当千の仲間達がいるとはいえ、その過程はあまりに過酷です。しかし、アルスラーンは、どんな時も諦めず常に前を向いています。この先、どんな苦難、試練が待っているか分かりませんが、きっと「アルスラーン」なら道を切り開いて前に進んでくれる事でしょう。
(C)2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


アルスラーンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>アルスラーン戦記のキャラクター 一覧
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!