アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

巻町操

マキマチミサオ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 櫻井智
演 - 土屋太鳳
身長149cm、体重37kg。1863年(文久3年)11月生まれ。血液型B。初登場時16歳。
蒼紫に恋する、男勝りで感情豊かな少女。御庭番衆先代御頭(蒼紫の師匠)の孫娘。東海道で京都に向かっていた剣心に会い、京都まで同行する。その時は路銀をなくして追剥をしていた。御庭番式苦無術と、般若譲りの御庭番式拳法を使いこなし、常人レベルを超えた実力を誇る。蒼紫の部下(御庭番衆)にも懐いていた。外見が小柄で幼児体型であるため、実年齢より年下に見られている(本人も多少気にしている)。斎藤や左之助からはイタチ娘と呼ばれる(薫が狸、恵が狐を連想させるため)が、本人は嫌っている様子(アニメでは左之助にそう呼ばれることが多い)。
京都編では蒼紫と翁が戦ったことを受けて隠密御庭番衆「御頭」を自称し、一度は蒼紫との対立も辞さない姿勢も見せた。蒼紫が葵屋に戻って以降「御頭」を自称する場面はないが、アニメ版では京都編以降も「御頭」を自称するシーンがある。
「春に桜」の時期は花嫁修業中だったらしい。
PSP『再閃』ではトンファーを武器として使っている。
名前は新潟県巻町(現新潟市西蒲区)に由来。
作者のお気に入りキャラクターで、後の連載作品である『武装錬金』の主人公武藤カズキのモチーフになっている。
完全版第7巻の再筆:よりボーイッシュになっている。クサビ形の棒手裏剣を手甲に装着して武器とする。
キネマ版:斎藤と外印の会話の中で一コマだけ登場。
実写映画版:第2作目『京都大火編』より登場。基本的な設定は原作に準じているが、原作、アニメ版とは異なり東京弁と京都弁が混ざり合った方言[7]で会話をする。戦闘では主に御庭番式拳法による蹴り技を駆使して戦っていた。「京都大火編」では背中に短刀を携帯しており、使用しそうになるが結局使用しなかった。原作と比べると露出度の低い服装を着用している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【巻町操】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



巻町操についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!