アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

カトル・ラバーバ・ウ...

カトルラバーバウィナ...

新機動戦記ガンダムW

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

カトル・ラバーバ・ウィナー(Quatre Rabarba Winner)とは、TVアニメ『新機動戦記ガンダムW』および『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場する架空の人物。担当声優は折笠愛。

人種:中東系とヨーロッパ系の混血
年齢:15歳
身長:156cm
体重:41kg
心優しく穏やかな性格。劇中では何度か楽器を演奏する場面が見受けられ、芸術的センスに優れ、感受性も豊かである。「宇宙の心を感じとる」という特異な感応性(「神憑りに近いほどの勘」などと説明されている)を備えており、ヒイロ・ユイがウイングガンダムを自爆させた際には、その光景に衝撃を受けたゼクスやノイン、レディ・アンの心境を感じ取り、またヒイロがウイングガンダムゼロに搭乗して制御不能となった精神を正気へ取り戻させたこともある。
アラブ随一の豪商の血筋に相応した社交性と度量を持ち、指令を出す科学者達からは「リーダーとして他のガンダムパイロットをまとめ上げることができる人間」と目されていた。実際、集団戦闘に置いて自ら戦闘しながらも戦況の把握、僚機への指示を的確にこなすことが出来る。5人のパイロットの中で最も長期的視野に長けるが、時折危ういまでの大胆な行動に出る点では共通する。
また5人のガンダムパイロットの中で、唯一家族(父親・姉)が登場するキャラクターでもある。実際に登場したのは一人だけだが、姉は全部で29人いる。しかし、母親の母胎から産まれたのはカトルだけであり、姉達は全員試験管ベビーである。母親のカトリーヌはカトルを出産した時に死亡している。カトルは一時期、自分も試験管から生まれた人間ではないかと疑い、自分は無意味な存在と考え、荒れた生活を送っていた。だが、後にカトルの親衛隊となるマグアナック隊と出会うことによって、健全な姿に立ち直る。
カトルの父親である現当主は、地球圏統一連合から逃亡していたH教授を匿い、カトルはH教授に協力してガンダムサンドロックのパイロットとして訓練を受ける。その結果、平和主義者の父親と対立したカトルは父の反対を押し切ってオペレーション・メテオを実行に移す。なお、H教授の配慮で、他のガンダムパイロットとは違い、「真のオペレーション・メテオ」については何も教えられていなかった(カトルがいつ「真のオペレーション・メテオ」の全容を知ったかは不明)。一見すると生身での戦闘力や腕力はない様に見えるが、一般兵士程度なら簡単になぎ倒すことが出来る。
製作者側インタビューによれば、放送当時は5人のガンダムパイロットの中で「男の子人気」が最も低く、搭乗するガンダムサンドロックのプラモデルの売上も伸び悩んだという[1]。一般的人気ランキングなどでは、ヒイロ、デュオに次ぐ人気である場合が多い。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【カトル・ラバーバ・ウィナー】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【カトル・ラバーバ・ウィナー】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


カトル・ラバーバ・ウィナーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新機動戦記ガンダムWのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!