アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

トレーズ・クシュリナ...

トレーズクシュリナー...

新機動戦記ガンダムW

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

トレーズ・クシュリナーダ(Treize Khushrenada)は、日本のアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の人物。担当声優は置鮎龍太郎。

地球圏統一連合・SMS(スペシャルズ/特別モビルスーツ部隊)創設者兼最高指揮官。本編開始時点でのOZ総帥。階級は上級特佐。レディ・アンを副官としている。AC193年着任。
若きカリスマとして、多くの兵士から尊敬・崇拝されている。彼自身も優秀なモビルスーツパイロットであり、その技量はガンダムパイロットと同等以上。自然を愛し、闘いに対して独自の概念を持っている。ロームフェラ財団の一員で、彼の祖父は前代表。戦争の惨劇と悲しみを強く実感しており、戦死者の名前と人数をすべて覚えている。サンクキングダムのミリアルド・ピースクラフト(ゼクス・マーキス)とは個人的に親交がある。
OZの教官を務めていたころ、X-18999コロニーに赴任した際にクーデターの制圧に出動。その際にヒイロ・ユイによる司令部(なおこの時オペレーターとしてルクレツィア・ノインがいた)へのミサイル攻撃を自機を盾にして防ぎ負傷。その時に入院した病院の看護師をつとめていたのが、マリーメイア・クシュリナーダの母レイア・バートンだった。
復帰後も数々の戦果を上げ、カタロニア将軍(ドロシーの父)の戦死後OZ総帥に就任。
名前の由来はフランス語の「13 (treize トレーズ)」。
宇宙の平和的指導者ヒイロ・ユイの甥、アインの息子であり、かつては母アンジェリーナ、弟ヴァンと共にクシュリナーダ家で生きていた。本来は長子であるが、アンジェリーナの再婚で生まれた弟が相応しいと彼を支え続けていた。
24歳没[1]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【トレーズ・クシュリナーダ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【トレーズ・クシュリナーダ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


トレーズ・クシュリナーダについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新機動戦記ガンダムWのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!