アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:小紅さん

ドッピオ・ディアボロ...

ドッピオディアボロキ...

ジョジョの奇妙な冒険

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ギャング組織「パッショーネ」のボス。幾つもの偽名を持つが、本名はディアボロ。「帝王」を自称し、自身の永遠の絶頂を脅かすものを許さない。二重人格者で、「ドッピオ」という名の気弱な少年の人格が内在している。1967年生まれ。母親は刑務所に服役していた女囚で父親は不明(既に2年間服役していた上に女性のみの刑務所であり妊娠できる状況ではなかった)。刑務所では育てられないためサルディニア島の神父の養子となり19歳になるまでそこで暮らしていた。当時の性格は「臆病でどんくさいがさっぱりした性格」と周りからは思われ、神父との関係も良好で将来は船乗りになりたいと語っていたが、1986年に神父がディアボロのために部屋を拡張しようと彼の部屋を掘ったところディアボロが自分の母親を部屋の床下に生き埋めにしていたことを見つけてしまう。その後何があったかは語られていないが、その日の夜に彼の故郷の村は炎に包まれ、ディアボロは死亡者の一人として処理された。経緯は不明だが同年にエジプトの遺跡発掘隊に金目当てでバイトとして参加し、偶然遺跡からスタンド才能を開花させる「弓と矢」を6本発見、発掘隊からも行方を暗まし、その内5本はエンヤ婆に高値で売り、残りの1本を組織拡大に利用した。「パッショーネ」を創立しボスになってからは、「裏社会の浄化」の名の元で多くの組織を潰し、ブチャラティを始めとした大勢の人間を保護下に置くが、組織基盤が確立したと同時に街に麻薬(ノベライズ「恥知らずのパープルヘイズ」で、部下の1人がスタンド能力で製造した特殊なものであることがわかる)を浸透させ、街を荒廃させることとなる。結果として1986年からイタリアの犯罪統計が急速に伸び、さらには欧州の麻薬犯罪率が20倍に増大した。このことを切っ掛けに1990年代から「弓と矢」と追い始めたジャン=ピエール・ポルナレフが組織とディアボロの核心に迫るが、既に犯罪組織として高い完成度を誇っていたことと、「キング・クリムゾン」の能力で返り討ちにしている。彼の正体や経歴、素性は全ての人間にとって謎であり、彼の正体を探ろうとする者は容赦なく、冷酷で計算されつくした残忍さを演出して警告したのち始末している。実の娘であるトリッシュまでも自らの手で殺害するために、ブチャラティチームに命じて自らの下に送り届けさせるが、彼の本当の思惑を知って二度裏切られたと感じたブチャラティが反旗を翻した事により取り逃してしまい、ブチャラティチームもろともトリッシュの抹殺を図る。なお、その際ブチャラティに「吐き気を催す邪悪」と罵倒される。その手腕や強力過ぎるスタンド能力に反し、上記の行動の通り自分の来歴が表に出ることを極端に恐れる小心な一面を持つ。そのためトリッシュに「あたしは『運命』を乗り越える。あんたみたいに『運命』にビクついたり逃げたりしない」と否定されることとなる。刺客として自らの親衛隊を送り込む一方で、自らは第二人格のドッピオとしてブチャラティチームを追跡し、故郷のサルディニア島で同じくボスを追っていた暗殺チームのリーダー・リゾットと交戦し殺害、自らの過去をリプレイしようとしていたアバッキオも殺害するが、辛うじてリプレイが間に合っていた事から素顔を割り出されてしまう。その後、自らの打倒のためにブチャラティチームに協力しようとする者の存在をつかみ、その人物が待つというローマのコロッセオに向かう。コロッセオで、かつて始末したと思っていたジャン=ピエール・ポルナレフがその協力者であることを知り、正体を表して彼を殺害することに成功する。しかし、死の間際にポルナレフが「矢」でスタンドを貫き、「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」に進化させた事で「矢」の入手には失敗する。「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」の能力によって魂と肉体が入れ替わった際、二重人格という特異精神からディアボロのみ入れ替わりに不規則が起きて自分の肉体に入ったブチャラティの肉体ではなくミスタの肉体にトリッシュの魂と共に潜むこととなり、隙を見てナランチャを殺害。その後は「キング・クリムゾン」の射程に入ったジョルノの腕を切断し、とっさにスタンドを出したトリッシュをスタンドで気絶させて体の主導権を握り、レクイエムの謎を解いてあと一歩で「矢」を手に入れられるところまでいく。だがそれよりも先にブチャラティがレクイエムを破壊した事で魂が元の肉体に引き寄せられ、「矢」をジョルノに奪われてしまう。そのため一時は撤退も考えたが、帝王のプライドとして戦うことを選ぶ。そして「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」にスタンドを進化させる事に成功したジョルノに挑むものの、「G・E・レクイエム」の「動作や意思の力をゼロにする」能力により、時の消し飛ばしはおろか意思や行動まで巻き戻されて無効化され、その直後に打ち込まれたラッシュによりティベレ川に叩き落され敗北。「G・E・レクイエム」の能力により「死んだという真実」にさえ到達できなくなってしまい、様々な形で永遠に死に続け、死ぬことに怯え続ける地獄を味わうこととなった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

chiezoさん
0 pt
たどうさぎさん
0 pt
kaakoさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ドッピオ・ディアボロ・キンクリ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ドッピオ・ディアボロ・キンクリについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!