アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ハナさん

エンリコ・プッチ

エンリコプッチ

ジョジョの奇妙な冒険

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

Part6『ストーンオーシャン』に登場する。G.D.st刑務所の教誨師。1972年6月5日生まれ。39歳。生まれた時、左足の指が歩くのに苦労するくらいに変形していた。素数を愛し、素数を数える事で自分を落ち着かせる。貝類にアレルギーがある。運命を克服することになによりも拘る。聖職者らしく物腰は穏やかだが目的達成の為なら他人を犠牲にし、自分の行いは正しい事であると信じて疑わない。親友のDIOを崇敬しているが、DIOの息子達に対しては自分を守るための道具のように思っておりヴェルサスが自分を出し抜こうとしていることを知った際は彼を激しく罵っている。そのため双子の弟であるウェザー・リポート(ドメニコ・プッチ)には「自分が『悪』だと気付いていない、最もドス黒い『悪』だ」と言い放たれる。プッチ神父の非道な行いは、過去に起きた事故のトラウマによる決意から来ているものである。名門とつながっている裕福な家の出身であり、生まれた時に死別した双子の弟の存在から、幼くして運命や幸福について考えるようになり、聖職者を目指していた。修行時代の15歳の時に、当時手伝いをしていた教会でジョースター家の宿敵「DIO」と偶然出会い、「太陽アレルギー」だという彼の言葉を信じてそのままにした礼として生まれつき変形していた左足の指を元通りに治して貰うと共に「矢」の鏃を受け取った。1年後の16歳の時に、手伝いをしていた教会の懺悔室で神父が不在であったこと、懺悔をする対象を求めているだけの人を放置するのも偲びないとプッチが思った偶然により、死んだはずの自分の双子の弟ドメニコがすり替えられて他人の家で生きていることを知ってしまう。懺悔を誰にも語ってはいけないという掟により両親に告げることも出来ず悩んでいたプッチだったが、妹のペルラに彼氏が出来たことを告白されて彼の素性を調べたことで実の弟が実の妹と兄妹であることを知らずに交際していることを知ってしまう。ただ独り真実を知った苦悩の果てに、妹が傷つくのを何としても避けるために、多少の荒事になってでも真実を伏せた上で二人を別れさせようと、街の何でも屋に2人を別れさせるように依頼する。しかしその依頼した男は差別主義者であり、ドメニコが黒人の家にすり替えられていたことで彼を黒人の血筋と勘違いし、ペルラの目の前で彼にリンチをし、ドメニコは仮死状態で生き延びたがペルラは絞首刑の状態にされたドメニコが生きていることに気づかず飛び降り自殺してしまう。後日妹の死を目の当たりにしたエンリコは、自分ではなく弟がすり替えられた偶然、自分の行動が招いた悲劇に激しく後悔と絶望するが、それがきっかけとなってDIOが以前語った人間の間の「引力」という言葉への共感と、鏃が勝手に刺さりスタンド能力「ホワイトスネイク」を得る事になる。そして目覚めた後は本編のように目的のためになんでもする性格となりヘビー・ウェザーで街を壊滅させようとしていた弟を倒して記憶を奪った。その後、DIOに「引力」や「力」について話を聞くために会いに行き、よく会う親友となる。彼から人類が進化し行きつく所の「天国へ行く方法」の存在を知る。それを記した文書があったが、DIOを倒した後に承太郎が処分したことから彼を呼び寄せる謀略を考える。そして、彼の記憶のディスクを読むことによって「天国へ行く方法」を知りそれを実行させることに。父の記憶を取り戻すため追ってきた徐倫らに対し、ディスクでスタンド使いとした刺客を差し向ける。更に「天国へ行く方法」の手順を進める事により、スタンドが進化する。「DIO」の骨から生まれた緑色の赤子との合体により、その背中にはかつてDIOが奪ったジョナサン・ジョースターの肉体と同様の星型のアザが現れ、ジョナサンの子孫にあたるジョースター家の血を引く人間(徐倫や承太郎)の「存在」を感じる能力を身につけた。さらに、スタンドも重力を操る「C-MOON」に進化、最終的に時を加速させる「メイド・イン・ヘブン」に進化する。ケープ・カナベラルにおける最終決戦では、「メイド・イン・ヘブン」の時の加速によりエルメェス、アナスイ、徐倫、時を止められる承太郎をも抹殺する。エンポリオには逃げられてしまうが、プッチが時を極限まで加速させたことにより宇宙は終焉と新たな開闢を迎え、時の加速を体験した全ての生命体(人間のみならず蟻の一匹をも含む)はパラレルワールド「一巡後の世界」に到達する。一巡した間に全ての生物は未来にいつ何が起こるかを体験しており、それを変えられない運命として事前に何が起きるかを知ることが出来る。すべての人類があらゆる悲劇や絶望にも事前に「覚悟」が出来る世界こそが『覚悟こそが幸福』という価値観のプッチの求めた「天国」であった。ケープ・カナベラルではエンポリオは「プッチから逃れる運命」があった。そこでプッチは時の加速開始の数ヶ月前の世界で加速を止め刑務所に辿り着き、エンポリオをかつての彼の部屋まで追い詰める。しかしプッチが運命に干渉できることを利用してウェザー・リポートの能力を得たエンポリオにより、プッチは酸素中毒により体の自由を奪われたのちウェザー・リポートに頭部を潰され死亡した。時の加速が開始したケープ・カナベラル以前でプッチが死んだ事により宇宙の一巡は完遂されず、完成しかけていた「天国」もなかったことになった。続編となる Part7『スティール・ボール・ラン』に直接の登場は無いが、舞台となった世界は「メイド・イン・ヘブン」の能力により生まれたパラレルワールド「一巡後の世界」であると説明されている。

出典:wikipedia

誕生日:6月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

leomamaさん
0 pt
えいとさん
0 pt
chocoponさん
0 pt
oguinoさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



エンリコ・プッチについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!