アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ナナ

ナナ

エルフェンリート

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 松岡由貴
研究所で実験台にされ、生殖機能がないためジルペリットと呼ばれているディクロニウスの一人。髪はショートカットで、赤いネクタイ(アニメでは紫)をリボン代わりに結んでいる。研究所員たちには「7番」と呼ばれ、性格がおとなしく過酷な実験を日々受け続ける。その苛烈な状況下を生きのびるため、蔵間のことを父親だと思い込み心の支えとしている。
ベクターの射程については不明(作中の台詞から初期のルーシー以上でありマリコ以下であることは確定)で、アニメでのベクター本数は4本。
蔵間の指示でルーシーを探すために鎌倉を訪れ、そこでルーシーと邂逅。彼女に目的を告げ、更に発信機で研究所側にこちらの居場所を知らせたと告げるが、その直後にルーシーの攻撃を受ける。その後彼女と戦闘に突入し、当初はルーシーより射程が長いベクターで優位に立ったものの、ルーシーのベクターで四肢を切断され惨敗した(この時偶然相手のベクターを封じる手段を知る)。その後は任務に失敗したため薬物処分される筈だったが、蔵間の手で義肢を付けられて逃がされ、由比ヶ浜に流れ着き、後にコウタたちの住む楓荘に住むことになった。
義手義足となった後はそれらをベクターで操作することにより普通の手足のように動かせるようになった。更に、義手を相手に飛ばす奇襲技(通称「ロケットパンチ」)を編み出す。
幼時から研究所での実験体としての暮らししか知らないため、金銭の価値を知らず、アイスクリームに感動したり綿菓子を本物の綿と思い込むなど、一般常識を欠く。楓荘の生活では、天然で感情の起伏が激しく、時にハイテンション気味で、冷静なマユとはいいコンビ。基本的には人懐っこく、人間を攻撃することもないが、怒りに燃えると目つきが変わり凶暴な一面をのぞかせる(初期の頃はよく「殺して埋めてしまえばいい」などの台詞を口にしていた)。しかし他のディクロニウスのようにその感情を暴走させることはなく、マリコが死んだことで狂気に陥った蔵間が自分より幻影のマリコを追っていた際にも蔵間に一時怒りを表したが、結局攻撃することはなく、彼を守る道を選んだ。
全てが終わった後は蔵間と共に暮らすことになり、その際蔵間の娘ではなく奥さんになろうと決意する。
本作品中のディクロニウスの中で、唯一最後まで生き残った。
その健気さから本作の人気キャラだが、連載前の原案時は影も形も無く、連載中の勢いでたまたま生まれたキャラクターである。本来なら17話で退場する予定だったが、生き残り、準レギュラーキャラとなった。「ナナ」という名前は本名ではなく、番号から自分でつけたことが原作者の岡本倫によって明らかにされた[6]。
カナダ人ウェブコミック・アーティストのダニエル・キムはナナの魅力を世界に広めるべくNana Global Love Projectを立ち上げ、パロディー漫画Nana's Everyday Lifeを制作して自身が運営するClone Mangaに公開した[7]。漫画は英語、日本語、ドイツ語等、十二の言語に翻訳されている。漫画は2005年8月27日に完結している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ナナとは?(エルフェンリート)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

研究所で実験台にされ、生殖機能が無いためジルペリットと呼ばれているディクロニウスの一人。研究所員たちには「7番」と呼ばれ、性格がおとなしく過酷な実験を日々受ける。

声優

松岡由貴

髪の色

ピンク
心優しきディクロニウス!パパのために頑張る少女「ナナ」の魅力とは?『エルフェンリート』
【画像】ナナ(エルフェンリート)
 ひとつ先のシーンでさえ、読み手の予想を上回っていく展開。細部まで計算しつくされたストーリーに定評のある、「ノノノノ」や「極々のブリュンヒルデ」でおなじみ「岡本倫」先生の初連載作品です。

 『エルフェンリート』は思わず目を背けたくなるようなショッキングな描写で話題になり、地上波放映時には大量の残虐シーンを修正・カットされた上で放送されるという伝説を生み出しました。
本作の舞台は「鎌倉」
 いつからか、日本各地で生まれたばかりの幼児の頭部に二本の角が生えるという怪現象が起き始めます。それらはディクロニウスと呼ばれるミュータントで、人類を滅亡させる危険性を孕む存在として、一部の限られた人間だけがその存在を知り、そして恐れられていました。ディクロニウスについては完全に機密扱い。存命する個体は施設に隔離されて研究されていました。しかしある時、その内の1体のディクロニウスの脱走を許してしまいます。

 「ナナ」は研究所が管理しているディクロニウス。7番と呼ばれています。研究所室長の「蔵間」の事を父親だと思っており、逃亡したディクロニウス「ルーシー」の捕獲を命じられ、パパのために健気に頑張るのです。
人間を襲わないディクロニウス
 「ナナ」は、ディクロニウス特有の頭部に生えた2本の角、ショートカットのピンク色の髪に透き通るような紅い瞳の少女です。通常、ディクロニウスは人間に対する攻撃本能が強く、些細なきっかけで人を殺めてしまうほど衝動的で不安定。しかし「ナナ」は例外で、とても大人しい彼女は人にベクターを向けることはありません(ベクターとはディクロニウスの持つ見えない特殊な腕のこと。殺傷能力が高く極めて危険。)。性格も明るく一生懸命で、「マリコ」や「ルーシー」などの他のディクロニウスとはまったくタイプが違います。

 蔵間の命令に対し「人は殺せない」と答える通り、善悪の区別もしっかりしており、後に鎌倉海岸で凶暴なSAT隊員「板東」に遭遇した時も、涙を流しながら「人と戦えない」と伝えるなど、非常に心の優しい女の子です。
健気な少女
 「ルーシー」を捕獲するために初めて研究所の外に連れて行って貰った「ナナ」。可愛いワンピースでおめかしし、ウキウキしてはしゃぐ姿はとても可愛いです。出発する前に「蔵間」が締めていたネクタイが欲しいと言って譲って貰うのですが・・・。何を思ったのかそれを頭に結んでしまいます・・・。その姿はまるで酔っ払い(笑)。彼女にはおしゃれなリボンにでも見えたのでしょうか?その天然さがたまりません。しかし、「蔵間」の期待に答えようとするあまり、「ルーシー」を深追いして重症を負ってしまいます。人を想う健気さは本作の中でも随一ですね。
箱入り娘・・・?
 「ナナ」は、一般常識に乏しく、とんちんかんな受け答えをしょっちゅう繰り返します。それに加えて見栄っ張りな性格でもあるので、からかわれることもしばしば。特に「まゆ」とは相性が良いようで、彼女とのかけあいはほのぼのすること間違いないでしょう (まゆは、本作の主人公「コウタ」の住む楓荘に住まわせて貰っている身寄りの無い少女です)。

 そして、怪我を負った「ナナ」は役に立たないと殺処分されることに・・・。それをためらった「蔵間」によって逃されます。その際、大量の札束を持たせてくれるのですが、彼女にはお金の価値が分からず、鎌倉周辺をふらふらとさまよっていました・・・。

 墓地で犬の散歩をしていた「まゆ」とばったり会い、親しくなります。しかし、お金を焚き木代わりにする「ナナ」の行動にビックリ。「まゆ」に「お金の事を何も知らない」と言われ、むっとして『馬鹿にしないで!知ってるよ、それくらい・・・。』と強がるのですが、「まゆ」に「呪文を知らなければ、寝てる時にお金が合体して襲いかかってくる」という嘘をつかれ、その言葉を本気で信じて「まゆ」に泣きつきました・・・。余談ですが、後に夢の中で燃やされたお金達に復讐されて裸磔の刑にされてしまいます(笑)。

 『ディクロニウスは人類を滅ぼす凶悪性を持っている。』という大前提を覆すキャラクター「ナナ」。人類を滅ぼすために生まれてきた存在でありながら、優しくて一生懸命な所、ちょっと抜けた天然さに惚れ込んだ視聴者も多かったのではないでしょうか?まだ見ていない・・・という方は、ぜひご自身の目で『エルフェンリート』、そして「ナナ」の健気で一生懸命な魅力をご堪能下さい。
(C)岡本倫/集英社・VAP・GENCO

記者(真夏日【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ナナ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ナナについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>エルフェンリートのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!