アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

西宮硝子

ニシミヤショウコ

聲の形

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作品のヒロイン。
先天性聴覚障害を持つ聾の少女。障害の程度は軽くなく、補聴器をつけても会話はほとんど聞き取れず、発話も不完全で他者には内容が聞き取りづらい。
母親の方針もあって、小学校は特別支援学校ではなく普通校でのインクルージョン教育を選択するが、度重なるいじめを受け、将也のいた水門小学校のあとは、同校での担任だった竹内からの強いすすめもあって特別支援学校に移った。
小学校での硝子は、クラスに溶け込み友達を作ろうと努力するが結局うまくいかなかった。特別支援学校への転校以降、将也と再会するまでは孤独で内向的な生活を送っていた模様だが、将也との再会後は、小学校時代の旧友との交流が復活するなど、めまぐるしい人間関係に翻弄される。
幼い頃からコミュニケーションでの失敗経験を繰り返したため、他人と意見をぶつけあうことが苦手で、周囲と摩擦が起こったときには愛想笑いでごまかすことが多かった。結果としてそれが「周りに相談もせずに身勝手なことをする」といった印象となることも少なくなく、クラスメートから敬遠されていく遠因ともなった。
自分のために手話を覚え、誠意のある献身的な行動をとる再会後の将也に好意を寄せるが、その気持ちは将也にはなかなか伝わらなかった。
永束が企画した映画の撮影中の一件で周囲との関係が悪化してしまい、その件を苦に投身自殺を図ったが将也に助けられる。逆に将也が転落し意識不明の昏睡状態に陥ったが、この一件をきっかけにあらためて自身の課題へと向き合っていくことを決意する。そして将也の自暴自棄が引き金で頓挫していた映画製作を再始動させるのに一役買い、これを達成させる。
祖母、母親、妹(結絃)との4人暮らし(連載開始時点)。自宅はマンションの一室、母親は病院勤務。将来は理容師になることを志し高校卒業後は上京して進学した。
作者曰く「西宮は優しいからああしているわけでも、強いから、弱いから、といったわけでもないんです。彼女は、彼女なりにたくさん考えた結果、ああするしかない、というだけなんだと思います。」とのこと[17]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


西宮硝子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>聲の形のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!