アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

鎌月鈴乃

カマヅキスズノ

はたらく魔王さま!

0

pt

キャラクター紹介

声 - 伊藤かな恵
大法神教会訂教審議会筆頭審問官。
元異端審問会筆頭審問官であり、魔王軍の侵攻に対して大法神教会に抵抗する勢力を粛清し、異端審問を行い続けたことから「デスサイズ・ベル」の二つ名を持つ。しかし本人は異端審問を行なうことについて疑問を感じており、良心の呵責に苛まれる様子を見せている。
使用する武器は地球で購入した簪を「武身鉄光」で変化させた大鎚。髪を結っている簪を変化させるため、戦闘中は髪が解けた姿になる。外見は高校生くらいの、常時和服を着用する小柄な美少女(戸籍上18歳。ただし実年齢は20代前半[注 37])で、普段は化粧をしていない。また恵美と同じく貧乳気味で、千穂の胸に羨望と嫉妬が入り交じった感情を持つ。
勇者と魔王の謀殺を図ったオルバが日本で消息を絶ったことを受け、素性を隠して真奥達の隣の部屋(ヴィラ・ローザ笹塚202号室)に引っ越してくる。真奥達を抹殺して勇者の恵美を連れてエンテ・イスラに帰還することで、大法神教会の改革を推し進めようとしていた。しかし、異世界でその在り方を変えて真面目に生きる魔王一派に驚愕し、加えて魔王一派監視のため帰還を拒む恵美を前に当初の計画は頓挫。折悪くも天界の暗躍に巻き込まれ、自身の出身母体の象徴天使たるサリエルの命令に逆らえず、恵美達の誘拐に加担する。それでも湧きあがった信仰への疑念と千穂への不義理に耐えることかなわず、最終的には真奥達と協力しサリエルを撃退した。結果、真奥達の抹殺を断念して日本で暮らすことを選ぶ。大法神教会の敬虔な信者であったが、度重なる天使達の横暴を目の当たりにするうち信仰心は薄らいで行く。
基本的には恵美同様真奥達とは敵対関係であり、事件後も魔王城の隣に堂々と居座り聖法気で満たされた聖別食材を差し入れ続けている。真奥達に対しては手厳しい態度を取る反面、彼らの人格を正当評価するなど公平な判断力を持つ。政治に携わるためか神話関係についてはドライな価値観を持ちアラス・ラムスを巡る一件では「セフィロトの樹」についての伝説には懐疑的な意見を述べ、ガブリエルの言い分を否定している。生真面目でもあり、楽観的な周囲と違って様々なことに頭を悩ませて苦労している。真奥と千穂、芦屋と梨香の関係については、種族の違いと、いずれ訪れる「別れの時」を考慮してか、若干複雑な心境。
家事は万能で、生活資金はエンテ・イスラから持ってきた宝飾品を質屋で換金して調達しており、数か月以上は働く必要がないほど[注 38]。エンテ・イスラで知識を得てから日本に来たが、その常識は昭和レベルで止まっており、口調や服装にもそれが表れている。大のうどん好きで、毎日聖別食材をうどんの麺にして食すことで聖法気を蓄えており、作るうどんの種類も豊富。携帯電話は恵美の勧めで、簡単に操作できるドコデモの「らくちんフォン」を購入したが、機械音痴のため使いこなせていない。梨香の勧めで化粧品を買いに出かけたときは、年相応の少女の一面を垣間見せた。修道女時代に剃髪していた時期がある。
エンテ・イスラ遠征前、真奥に先駆けて原付の免許を取得、真奥からは羨ましがられることになる。道中、真奥の告解という形で魔王軍のエンテ・イスラ侵攻の真実と彼の真意を聴き、聖職者として彼の罪を赦す。同時に、自分が真奥に惹かれているという事実に気づくきっかけともなった。その後不調により聖剣発動不能となった真奥とアシエスを置いて、統一蒼帝を誘拐し戦を回避するためにアルバートと共に蒼天蓋城へ赴くが、ガブリエルの計略によってゲートでセント・アイレへ転移させられてしまう。[注 39]。転移先では背教審理にかけられていたエメラダを救出[注 40]。皇都蒼天蓋にてかつての上司であるオルバと天使達の悪行を白日の下にさらけ出すことに成功[注 41]、無事日本への帰還を果たした。
延期になっていた恵美と千穂の誕生パーティにおいては、初めての洋服姿を披露した。地球に帰還してからは以前よりも真奥を気にかけることが多くなっており、不器用ながらにアプローチしているが、真奥達からは不審がられている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
鎌月鈴乃とは?(はたらく魔王さま!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ヴィラローザ笹塚202号室に引っ越してきた真奥貞夫の隣人。常に和服を着ており、古風な喋り方をする。性格としては品行方正で親切。本名はクレスティア・ベル。

年齢

18~25 歳

性別

好きな食べ物

うどん

声優

伊藤かな恵

髪の色

髪型

サイドテール

アクセサリー

赤い花飾り

学校・会社

大法神教会

役職

訂教審議会筆頭審問官
巨大ハンマーを振り回す訂教審議会筆頭審問官クレスティア・ベル「鎌月鈴乃」の魅力『はたらく魔王さま!』
【画像】鎌月鈴乃(はたらく魔王さま!)
 今回ご紹介する「鎌月鈴乃」は、『はたらく魔王さま!』を監視するために異世界、『エンテ・イスラ』からゲートを通って地球にやってきた異世界人。普段は古風な和服を着ており同じく古風な言葉遣いをする美少女です。小柄なので若く見えるのですが実際には20代前半。にもかかわらず、日本での戸籍は18歳にしており、密かにサバをよんでいる事は秘密なのです。
世話焼きの隣のうどんさん
 さて、鎌月鈴乃といえばアニメを見ている人や原作ライトノベルを読んでる人がまず一番に連想するワードがります。そう、「うどん」です。というのも、はじめて魔王城の隣(ヴィラローザ2階202号室)に引っ越してきた時から、大量のうどんを真奥たちに差し入れ、自身もうどんをほぼ毎日食べているという徹底振り。しかも、どうやらうどんのレパートリーも豊富のようで、様々な種類を作れるとのことです。
揺れる乙女心と信仰心
 元々とても信仰心の強い彼女なのですが、最近はその信仰心がマッハで崩れ去ってきています。まずは彼女がどれだけ信仰心が強いのか?ということなのですが、一言で言うと彼女の職業は異端審問官です。アニメや漫画をよく読まれる人なら、これだけでピンと来るでしょう。要は教会に背いた者や信仰に敵対する者を暗殺する人です。つまり彼女にとって信仰とは人殺しをもいとわぬものです。ところが、今まで信仰してきた天使がストーカーと化したり、赤ん坊を誘拐しようとしたり・・・。最近はついに天使というものを見放してしまったようです。どうやら密かに「佐々木千穂」を信仰しているようですが、その気持ちは原作を読んでいる人ならばきっと共感できるでしょう。
新しい就職先は悪魔大元帥
 なぜか勢いで、新しい悪魔大元帥に指名されてしまった鈴乃ですが、実はそこまで嫌ではないらしく、むしろノリノリなシーンすら見受けられます。本来ならば敵対する立場にあるはずなのですが、どうやら最近は色々と吹っ切れたようで、悪魔大元帥の立場を利用して悪魔に命令をだしたり、かと思えば訂教審議官の力を利用して教会の異端審問に介入したりと、悪魔側と協会側とで思う存分力を発揮しています。実は彼女、上司としてかなり有能なのではないでしょうか。気遣いができて、家事ができて、仕事のできる美少女とは、まさに反則級のスペックです。
密かなアプローチをかけるエンテ・イスラ撫子
 最近は年齢相応に化粧品や洋服などオシャレに興味を示しており、真奥に対しては密かにアプローチをおこなっている模様(遠回り過ぎて気づかれず、むしろ不審に思われるという残念さですが・・・)。今まで暗部にいた彼女だけに、これからは今までの分も真奥や遊佐たちとの日常を楽しんで欲しいものですね。
(C)和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

記者(しるる【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


鎌月鈴乃についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はたらく魔王さま!のキャラクター 一覧
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!