アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

コウタ

コウタ

エルフェンリート

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 鈴木千尋(少年時代は生天目仁美)
本作の準主役であり、キーパーソンの一人。北海道出身。大学に通う為8年ぶりに鎌倉にやってきた学生。いとこのユカから建物の掃除を毎日することを条件に使われていない料亭「楓荘」にタダで住むことになる。その際、由比ヶ浜に流れ着いていたルーシー(にゅう)を発見し、彼女を楓荘へ連れて行き一緒に暮らす事にする。最初はカナエの形見の貝殻を割ってしまったルーシーに対して激怒するなどしたが、徐々にルーシーと心を通わせていき、後に角沢教授の下から逃げ出した際に記憶を取り戻したルーシーが楓荘から去ろうとした際には「楓荘がルーシーの居場所だ」と彼女を引き止めた。楓荘の住民の中で唯一の男性である。女性にはそこそこもてるが、デリカシーの無い性格。しかしルーシー(にゅう)の角にも偏見を持たず、マユの境遇を見兼ねて手を差し伸べるなど面倒見も良い。
実は8年前にルーシーに父親と妹のカナエを殺されており、その事件に関するすべての記憶をショックから失っている。それに関連して、カナエと父親の死因をそれぞれ病死と交通事故死だと思い込んでいる。
8年前に家族で鎌倉に遊びに来た際にルーシーと出会い、彼女の角を見て「かっこいい」と口にするが、角のせいでいじめられていたルーシーからは拒絶された。その後日に再びルーシーと再会、彼女を川や動物園に連れて行って一緒に遊び、ルーシーは心を開いていった。しかし、夏祭でユカに抱きつかれている所をルーシーに目撃されたことで彼女がDNAの声に従うきっかけを作ってしまう。その後、江ノ電で帰る途中電車の中でルーシーと再会。その際ルーシーが夏祭りの会場で人を殺すところを見ていたカナエからルーシーから逃げろと言われるもカナエの言う事を全く信じず、彼女が嘘をついていると決め付け「カナエなんか大嫌いだ」と言い放ってしまう。その直後に目の前でカナエと父をルーシーに殺され、豹変したルーシーの言動を目の当たりにしてショックを受け、このショックから事件の記憶を失った。
後に楓荘が能宗らに襲撃された時、コウタを攻撃しようとしたシンシアがルーシーによって腹部を両断されたのを目の当たりにした際にフラッシュバックを起こし、父とカナエがルーシーに殺されたことを鮮明に思い出し、同時にルーシーを憎むようになり彼女を遠ざける。物語終盤で自分を守る為にベクターを行使しすぎて体が溶けたルーシーの姿を目の当たりにしたことで彼女を赦し始めるが、その直後にルーシーはDNAの声に乗っ取られてしまう。その際幻影となって現れたルーシーとにゅうに頼まれ、8年前にルーシーに頼まれたことを実行し、ルーシーを手に掛けた。
全てが終わった後、ユカとの間に娘が産まれ、彼女に「にゅう」と名づける。その数年後、娘と共にルーシーとの思い出の場所を訪れた時にルーシーがいじめっ子に殺された仔犬の墓に埋めたコウタに宛てた手紙を発見し、それによってようやくルーシーを赦す事が出来た。その後、コウタがルーシーとにゅうのそれぞれの面影を持った角のない双子の女の子に出会う場面で物語は締め括られている。
アニメ版ではマリコが江ノ島に現れた際、白河がルーシーに殺されたのを目の当たりにした事で父と妹がルーシーに殺されたことを思い出すが、終盤までルーシーを赦さなかった原作とは異なり、マリコと蔵間の死後ルーシーに自分の想いを伝え、彼女を赦した。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
コウタとは?(エルフェンリート)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

大学に通うため8年ぶりに鎌倉にやってきた学生。楓荘の住民の中で唯一の男性である。女性にはそこそこもてるが、デリカシーの無い性格。しかし面倒見はいい。

声優

鈴木千尋

髪の色

心の奥に閉ざされた過去とは?記憶を無くした青年「コウタ」の魅力とは?『エルフェンリート』
【画像】コウタ(エルフェンリート)
 『エルフェンリート』は、ひとつ先のシーンでさえ、読み手の予想を上回っていく展開。細部まで計算しつくされたストーリーに定評のある、「ノノノノ」や「極々のブリュンヒルデ」でおなじみ「岡本倫」先生の初連載作品です。思わず目を背けたくなるようなショッキングな描写で話題になり、地上波放映時には大量の残虐シーンを修正・カットされた上で放送されるという伝説を生み出しました。

 「コウタ」は本作の主人公。大学に通うために鎌倉のいとこ「ユカ」を訪ねてきたごく普通の青年です。下宿先としてかつて旅館だった「楓荘」に住むことに。新生活に胸を躍らせていた「コウタ」ですが、海岸に流れ着いた角の生えた裸の少女を保護したことにより状況は一変します。助けた少女「にゅう」は、人類を滅亡させる危険性を持っているミュータント「ディクロニウス」でした。そうとは知らないコウタは、彼女を捕獲しようとする刺客との戦いに巻き込まれてしまいます。
モテる!?
 「コウタ」はごく普通のどこにでもいそうな青年で、一見特にモテる要素があるわけではないのですが、とにかく異性との縁がたくさんあります。下宿するために鎌倉へ来た途端、海岸で「にゅう」に遭遇し保護したり、それに嫉妬した「ユカ」が一緒に住むと言い出したり、事情があって帰る家も無く、生活に困っていた少女「マユ」を保護し、その後正式に戸籍を楓荘に移して一緒に住むことになったり・・・。「マユ」が知り合って仲良くなったディクロニウスの少女「ナナ」も家族として加わります。結局、楓荘には女の子が4人も同居することになりました。
他人を思いやる優しさ
 記憶障害であるため仕方ないのですが、子供の頃にユカと最後に遊んだ日の事を覚えていない事を謝りました。ユカ自身も自分勝手な事をしてしまったと思っており、コウタに落ち度はありません。しかし、コウタは自分のせいでユカを傷つけてしまった事に心を痛めます。事情を話したくないマユに対して、深く問い詰めずに彼女の気持ちを尊重し、しばらく楓荘に置いてやったり、急に現れて反抗的な態度ばかり取っていたナナを、なんだかんだ言いつつも家族として受け入れたりと、他人への思いやりの深さを感じます。
とある少女との思い出
 子供の頃に、不幸な境遇にいたある少女と知り合います。彼女がコンプレックスを感じている部分を「かっこいい」と言ってあげたり、しかし、それがコンプレックスなら隠せばいいと助言もしてあげました。外出を親に止められているにも関わらず、彼女とまた会うという約束を守るために家の2階からこっそり抜け出したり、辛そうな彼女を元気付けるために川で一緒に遊んだり、動物園に誘ったりもしています。辛い人生を歩んできた彼女にとってコウタと過ごしたひと時は心の支えでした。

 『エルフェンリート』は、色々な縁が巡り巡って哀しい物語へと発展していきます。アニメでは物語が一区切りする所で終わっていますので(ラストシーンは視聴者に結末をゆだねると言うパターン)、本作が気になる方には、ぜひ原作コミックもオススメします。アニメとはまた違った良さや「原作ではこうなっていたのか!」という新たな発見があると思います。
(C)岡本倫/集英社

記者(真夏日【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【コウタ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



コウタについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>エルフェンリートのキャラクター 一覧
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!