アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

志々雄真実

シシオマコト

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

志々雄真実(ししお まこと)は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』、およびその派生作品に登場する架空の人物。
作品中盤の「京都編」における最大の悪役であり、主人公・緋村剣心(人斬り抜刀斎)を最も苦しめた敵の一人。原作者の和月伸宏が一番気に入っているキャラクターであり、自身の悪の美学の集大成であると語る。本編開始の1年前を描いた外伝漫画『炎を統べる -るろうに剣心・裏幕-』では主人公を務める。
アニメ版での声優は池田政典。実写映画版での役者は藤原竜也。

明治政府打倒と日本征服をもくろむ一大兵団「志々雄一派」の指導者。「弱肉強食」を信念にしており、弱者を糧に真の強者が生き残る修羅の世界を志向している。作中で自身を「極悪人」「何の迷いもなく黒をとる」と語るなど、その存在と行いが悪であるとの自覚がある。
幕末期は長州派維新志士として活動し、遊撃剣士に転身した剣心から影の人斬り役(暗殺稼業)を引き継いだ。なお、当時は剣心と直接の面識はなく、新月村での邂逅が2人の初対面となる。剣腕と頭の切れは剣心と互角と評されたほどの実力者だが、底知れない野心を味方に危険視され、戊辰戦争の混乱に乗じて暗殺された。しかし、全身を炎で焼かれながらも生き延び、特攻部隊「十本刀」を軸とした精強な兵隊、大型甲鉄艦「煉獄」などの強力な兵器を有する一大組織を創り上げた。明治政府からは暗殺されかけた復讐が目的と見られているが、本人は「いい経験になった」程度にしか考えておらず、あくまでも日本征服という目的のために行動している。
維新志士時代は長髪を後ろに束ねたオールバックの髪型だったが、全身火傷を負ってからは包帯を全身に巻いたミイラのような姿となる。服装も独特で、片肌脱ぎに着崩した藍染の着流しに、革手袋と革靴という和洋折衷の様相をしている。暗殺されかけたときに頭部に不意打ちを受けた経験から、頭の包帯の下に奇襲対策の鉢金を仕込んでいる。
全身火傷による発汗機能の死滅が原因で体温調節ができなくなり、人間離れした高熱を常時帯びている。部下の佐渡島方治いわく、志々雄の体内には内燃機関に近いものが備わっており、高温になればなるほどその力は増していくと推測していた。このためか超人的なのは剣術の実力だけでなく、その身体能力も外見以上の怪力を誇り、精神が肉体を凌駕している状態でもない限り“一撃必倒”と言われている相楽左之助の「二重の極み」を右拳が万全ではなかったとはいえ直撃させても倒れるどころか不適な笑みを浮かべ、手負いの身であったといえ作中トップクラスの打たれ強さを持つ左之助を、拳で殴りつけ、その一撃で気絶させた。また、その身体から放つ剣気の昂ぶりは、周囲の巨大な炎をも影響を受けるほど絶大なものである。まさしく無敵とも思えるほどの力を持つ反面、戦闘可能な時間は15分間と医師から判定されており、作中では限界時間を越えて戦闘した結果、人体自然発火現象を起こす。
粗野なべらんめぇ口調とは裏腹に、その言動には高い知性と教養をうかがわせる。雑兵たちには「真の自由と平等の時代を創るため」と伝えており、熱狂的な支持を受けている。弱者には容赦しないが、強者や覚悟を決めた者には敵味方問わず敬意を払い、行動を共にする事情は問わない。ただし、弱者であっても見所のある者には配慮を行い、取引に応じる一面も持ち合わせている。しかし、どれだけ優秀な部下や同志であっても、一切迷わず自らの目的への捨て駒とする。
彼の志向した社会とは、「弱肉強食」という徹底した自然淘汰による優者必勝社会である。劇中に登場する新月村は飢餓と恐怖が満ち、死体が散乱し村が荒廃するという地獄絵図のような惨状で、作者いわく志々雄に支配された日本の縮図とのこと。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
志々雄真実とは?(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

熱い体と熱い野望!強大かつ最強の宿敵「志々雄真実」の魅力『るろうに剣心』
【画像】志々雄真実(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
 いわゆる「バトル物」の作品は、初期の敵達と戦いながら、世界観やキャラクターが安定した後、強大な敵に立ち向かうべく主人公たちが強くなっていき決戦の時を迎える・・・という流れでクライマックスを迎えます。この強大な敵が、『北斗の拳』では「ラオウ」であり、『ドラゴンボール』では「フリーザ」であり、アニメ『るろうに剣心』では「志々雄真実」であると言えます。「志々雄真実」は実力とカリスマ性を備えた恐るべき存在として日本の掌握を目指します。
熱い体と熱い野望
 彼は元々維新志士であり、剣心と同じく「人斬り役」を担っていました。ところがその野心の大きさを味方からも危険視され、暗殺された上に体に火をかけられます。しかし彼は生き残り、この時の火傷が元で発汗作用を失い、身体から常に高熱を放つという特異体質を得るのです。「百式の方治」によると、このために身体能力や筋力が超人的となり、優れた剣技と相まって凄まじい強さを持つに至ります。そして彼は、「弱肉強食」を是とする、“力ある者が支配する社会”を構築すべく組織を作り上げるのです。
炎にまつわる「秘剣」・・・?
 強い強いと言われながらも、志々雄の剣が遂にベールを脱いだのは剣心との最終決戦でした。経歴からして「炎属性」の志々雄。その秘剣も炎にまつわるものばかりです。彼の刀「無限刃」は刃の部分が鋸目になっており、ここに今まで斬ってきた人間の“脂”が付着しています。

 壱の秘剣「焔霊」は摩擦により無限刃が発火し、切る事と焼く事で敵に二重のダメージを与えるもの。原作でもアニメでも、終の秘剣「火産霊神(カグヅチ)」はその姿を見せませんでしたが、焔霊の強化版とでもいうものであり、無限刃全体が巨大な炎に包まれ斬撃を加えるという秘剣となるはずでした。しかし、弐の秘剣「紅蓮腕」は、手甲に仕込んだ火薬を「焔霊」で起爆して爆発させるというもの。確かに剣心にダメージを与えましたが、これは・・・「秘剣」?「爆薬に頼って何が拳法だ」と「ケンシロウ」に突っ込まれた「南斗爆殺拳」と同じ香りも・・・。
負けなかった最期
 作者自身、もっとも思い入れのあるキャラクターと語る「志々雄真実」。その事は志々雄の最期と深い関連があると言います。志々雄は、直接剣心によって倒されたのではなく、自身の体内温度が高まり、戦闘可能時間を過ぎた為に人体発火を起こして燃え尽きます。これについて読者からは、「剣心の『殺さず』というポリシーを守る為の結末ではないか」という声もありました。しかし作者は、このように言われ初めて剣心が「殺さず」を貫く結果になっていた事に気付いたそうで、志々雄を「勝ち逃げ」させたかった故の結末であると語りました。
(C)和月伸宏/集英社・アニプレックス

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【志々雄真実】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



志々雄真実についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!