アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

猪八戒

チョハッカイ

幻想魔伝 最遊記

0

pt

キャラクター紹介

声:石田彰、(少年期)東さおり
年齢:22歳→23歳(RELOAD) 身長:181cm(RELOADでは約180cm) 体重:73kg 誕生日:9月21日 血液型:AB型。
三蔵一行内で唯一、礼儀正しく笑顔の似合う人当たりの良い温厚な青年。素行に問題のある他3人を宥める保父的存在であり、三蔵一行を西へと運ぶジープ(白竜)の飼い主兼操縦者。本人曰く「現役保父さん」。一行の中の立場は「中立」と称している。
普段は物腰が柔らかいが癇に障った時や怒った時は非常に恐ろしく、その笑顔が逆に恐怖感をかもし出すため、普段は散々三蔵を怒らせている悟浄や悟空も八戒だけは本気で怒らせてはいけないと悟っている。そのため敵に回すと一番厄介な人。毒舌とも取れる鋭いツッコミ(ボケ?)を笑顔で入れる三蔵一行の影の権力者。温厚な雰囲気とは裏腹に以外に短気な部分もあり、機嫌が悪い時に発するえぐる様な毒舌はそれが冗談なのか嫌味なのかわからない。リーダー格である三蔵と互角に睨み合ったり口論で勝てたのは、一行の中で彼のみ。内面は繊細な様でいて意外と熱く、男っぽい。また、酒と博打が滅法強く、(賭け事で食っていた時期もある)悟浄すら負かせる意外な一面もある。ただしヘイゼルとは互角で、ポーカー勝負ではケリがつかなかったようである。
瞳は翠碧色で秀麗な面立ち。右目はほとんど見えないため(後述)、常時片眼鏡(モノクル)をかけているが、現代の服を着ているイラストや過去のエピソードでは、普通の眼鏡をかけている(眼鏡自体は子供の頃から使用している)。
武器は持たないが、気孔術で攻防・治癒をすることが出来る。気孔術は見よう見まねでできたらしい。なお、原作第1巻の人物紹介の中では「(武器は)笑顔」と記述されており、悟浄曰く「八戒の場合は笑顔と言葉(ツッコミ&毒舌)が武器同然」。自らを器用貧乏と評する。
左耳の三つのカフスを外すことで妖怪の姿へと変化する。彼の場合、変貌後も自我があるが、長時間その姿でいると負の波動の影響を受けるため、危険でもある(悟空と違い元に戻れる保証がないと、三蔵に注意されている)。妖怪の姿になると、体中に蔓と葉の模様が巻き、「猫のような縦長の瞳孔(原作では右目は義眼なので左目のみ変化)」「尖った耳」「長い爪」など妖怪の特徴が現れる。斉天大聖と化した悟空と互角に渡り合うほど戦闘能力は非常に高く、実際(ガトの協力があったとはいえ)戦闘不能に追い込んだ。
かつては猪悟能(ちょ ごのう)という名の人間であり、孤児院で育つ。高名な学院から誘いが来るほど優秀だったが、当時は全く笑わない子供で、他の子供から恐がられていた。孤児院を出てからは、町外れの子供塾の教師として暮らす。が、ある時、大妖怪・百眼魔王によって、同居していた恋人・花喃(かなん)がさらわれる事件が発生。悟能は彼女を生贄に差し出した村人の半数を虐殺、その1年後にようやく居場所を突き止め、行く手を阻む百眼魔王の一族や手下も次々と殺しつつ、遂に彼女との再会を果たす。この後の顛末で彼は恋人を失い、自らも妖怪へ変貌する。(詳しくは後述の清一色・花喃の項を参照。腹部には今もその傷痕が残っている)。
その後、雨の中、傷ついた体で道に倒れていたのを悟浄に拾われる。前述の村人の殺戮の罪で、三仏神の命を受けた三蔵に追われることとなり、その過程で悟空とも知り合う。「八戒」と改名したのも、その時の事である。今でこそ食えない面が目立つ八戒だが、このころは一歩引いた態度で相手に非常に気を使う謙虚さが主立っていた。しかし埋葬編の事件から心境が変わり、さらに清一色の事件で過去を吹っ切り、恐ろしい性格に磨きがかかり現在に至る。
花喃はアニメ版では恋人の設定になっているが、原作では恋人であり実の姉(後に小説版で双子の姉と明かされた)。長安の学院で15歳の頃巡り会うが、当初は双子の姉と知らなかった。母親は娼婦。両親が離婚し、悟能は母親に、花喃は父親にそれぞれ引き取られる。母親が失踪したため孤児院に預けられた。
原作では自ら右目をえぐり落としたため、右目は義眼。アニメでは自傷により視力が落ちたことになっている。小説版では「鏡花水月」以外あまり触れることはなく、「螺旋の暦」で“ほとんど見えていない”と表現されるのみに留まっている。
アニメ版『RELOAD』では「千の妖怪の血を浴びると妖怪へと変貌する」という説には八戒自ら否定的で、迷信と断言している(原作をベースとした小説版でも、「千の妖怪の血を浴びたから妖怪になるのではなく、妖怪を憎み、人より強い力を持つ妖怪を倒すための力を欲しいと願う思いが人間を妖怪に変える」という説が語られている。ただし、『幻想魔伝』のアニメ版では、主人に妖怪の血を与え続けられ、実際に一行の前で妖怪に変貌したムカデが登場したエピソードが存在する)。
『RELOAD』に移行した際、一行の衣装が変わったのは彼による悪戯が原因である。
教師をしていた経験からか、悟空の家庭教師をしていた時期がある。すぐに手が出る悟浄や三蔵と違い言葉で諭すので、悟空から「優しい」と思われている。
ジープが行方不明になったとき、悟空と悟浄から「時々運転が荒い」と指摘されている。小説版によると運転は見まね(本人曰く『隣で運転していたのを見たことがある』)で、悟浄から運転免許は有していないことを不安がられている。
炊事、洗濯、掃除などの生活能力、人とのコミュニケーション能力や社会的マナー(例:店で情報収集する際に何か買う、世間話のついでに尋ねる)をはじめ、通信教材や見よう見まねで大概の事はこなす(催眠暗示も見よう見まねでやってのけたほか、通信教育でピッキングも会得している)、専門的な知識や雑学、古い流行りネタに堪能であり、作者の峰倉かずや曰く「"おかしな人"で、(作者自身も)手に負えない」とのこと。

出典:wikipedia

誕生日:9月21日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【猪八戒】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【猪八戒】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


猪八戒についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>幻想魔伝 最遊記のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!