アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ZUMIさん

佐倉慈

サクラメグミ

がっこうぐらし!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 茅野愛衣
巡ヶ丘学院高校の現代国文の女性教師。優しく生徒を思いやる若い教師で、「めぐねぇ」という愛称で生徒から姉のように慕われているが、本人はそう呼ばれるたびに「佐倉先生」と訂正を求める。学園生活部の顧問で、かつて由紀、胡桃、悠里と共に学校の屋上に避難して生き残り、3人の避難生活を導こうとしていた。物語開始時点ですでにゾンビに襲われて故人となっているが、由紀の空想の中では生者として振る舞い、由紀にさまざまな助言を行う。特に由紀が軽率な行動を取ろうとしたり危機に直面したりした場合、空想の中では現状を認識していない由紀に話を合わせながら対処を指示するなど、死してなお由紀を護り続ける。なお由紀の空想に登場する場合と、回想に登場する場合とでは髪型が異なる[注釈 6]。
生前に校長から「緊急避難マニュアル」を渡されていたが、ゾンビ騒動当初は事態を完全に受け入れられず、見ずに放置していた[29]。その後、深刻さを増す事態の中でようやくマニュアルを開くもすでに遅く、由紀たちに十分な対策処置を施せなかったことにショックを受ける[29]。それでも気丈に由紀たちを見守っていたが、ゾンビの群れの中に取り残されて噛まれてしまう。完全にゾンビ化する前にひと時だけ人間の心を取り戻すと、由紀たちに危害を加えないよう避難区画の地下2階へ行き、そこで完全にゾンビ化する[29]。後にそこを見に来た学園生活部と遭遇し、対峙することになる[注釈 5]。
原作者の海法紀光からは「人間的にボンクラなんだけど、生徒目線に立ってくれる先生」「その裏側で、彼女がいい先生に見え続けるような誰かの凄い努力がある」と称されている[30]。実際、劇中でも回想や遺書などから生前の慈は学園生活部の生き残りを守る為に冷徹になったり由紀の幼児退行の件で一人で抱え込むシーンなども見受けられる。
後に学園が火災に巻き込まれた際には(由紀だけではなく)悠里にも視認できる影姿で現れ、朦朧とする悠里と由紀を避難区画まで導いており、由紀からは慈に助けられたと認識された。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【佐倉慈】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【佐倉慈】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


佐倉慈についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>がっこうぐらし!のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!