アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:シビさん

シャーロット・E・イ...

シャーロットイーイェ...

ストライクウィッチー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

年齢16歳、身長167cm、スリーサイズはB94 W61 H86、誕生日2月13日。所属 - リベリオン合衆国第8航空軍第357戦闘飛行群第363戦闘飛行隊、階級は中尉、後に大尉(OVA版では大尉)。固有魔法 - 超加速使用機材 - P-51D。使用武器はBAR、トンプソンM1A1、コルト・ガバメント1911A1(この世界ではコレット)、M1919A6。使い魔はウサギ。穿いているものは薄紫のローレグ。通称「グラマラス・シャーリー」。本人は気に入っていて自分のエンブレムにも採用している。「シャーリー」と呼ばれることが多い。本記事でも「シャーリー」と表記する。イメージモデル - アメリカ陸軍の「世界で初めて水平飛行で音速を超えた人間」「ジェット戦闘機初撃墜者」チャック・イェーガー(撃墜数11.5)。ちなみに、彼の搭乗したベルX-1は彼に「グラマラス・グレニス」という愛称をつけられた(グレニスは彼の妻の名)。マイペースで楽天的、結果オーライの能力主義者。しかし、一本筋の通った人生観を持ち、常に前向きに挑戦する事を忘れない。その言動は豪快で気風がいいが、可愛らしい下着を着けたり、きれい好きだったりという一面もしっかり持っている。501JFWの中ではおそらく一番の巨乳であり、ルッキーニや芳佳に揉まれても全く動じない度量の持ち主。メカいじりが好きな割にはきれい好きで扶桑式のお風呂が好きで、よくルッキーニと一緒に入っている。メカに造詣が深く、自分の部屋にもバイクを持ち込んでいじりまわしている他、電波探知機などを作成している。魔導エンジン二輪車に乗りボンネビル・ソルトフラッツで時速178.24マイル(286.9キロ)を突破した記録を持っている。その後、更なるスピードの世界を求めてウィッチに志願、入隊後もネウロイ追撃の為のストライカーユニットによる飛行速度向上に専心している。そのためのストライカーユニットの無断改造を咎められて原隊をクビになりかけたところを、能力を惜しんだ一部の上層部によって501JFWに送り込まれた。そこの自由な空気は彼女に合ったようで、遺憾なく能力を発揮するようになり、部隊のムードメーカー的存在になっている。ルッキーニとは姉妹か母娘の様な関係を築いている。固有魔法も高速系で、ルッキーニの固有魔法(光熱エネルギーの集中展開)との協力技ではカタパルトの役目をしている。その能力(と改造ストライカー)によりレシプロストライカーで初めてウィッチとして音速を突破した。しかしそれでも、当人は更なる速度を目指しており、現在使用しているP-51Dの発展型、最新鋭のP-51H型ストライカーを欲している。

出典:wikipedia

誕生日:2月13日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
シャーロット・E・イェーガーとは?(ストライクウィッチーズシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

連合軍第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズのメンバー。おおらかな性格で細かいことにはこだわらない。いい加減な性格のようにも感じるが、戦闘になるとすぐさま行動を起こす優秀な軍人。

年齢

16 歳

誕生日

2月13日

性別

声優

小清水亜美

身長

167 cm

体重

52 kg

職業

第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」

役職

中尉
スピード自慢のグラマラス・シャーリー「シャーロット・E・イェーガー」の魅力『ストライクウィッチーズ』
【画像】シャーロット・E・イェーガー(ストライクウィッチーズシリーズ)
 突如現れ人類を襲った謎の敵ネウロイ。ネウロイによってユーラシア大陸の大部分を占領された人類が希望を託すのは、魔法力を動力に空を飛ぶ「ストライカーユニット」を駆り、唯一ネウロイに対抗できる魔法力を持つ魔法少女「ウィッチ」たち。『ストライクウィッチーズ』はかわいい少女たちと無骨な銃器の取り合わせによるミスマッチや、アニメの物語だけには収まらない膨大な設定・世界観から、いまだに人気が衰えない作品です。

 今回ご紹介する「シャーロット・E・イェーガー」は、この世界でのアメリカ合衆国にあたるリベリオン出身のウィッチで、「シャーリー」という愛称で呼ばれています。
明るいリベリアン
 ネウロイが出現するのはユーラシア大陸の主に欧州側。遠く離れたリベリオンにとってネウロイ被害は対岸の火事であり、実害をまだ受けていないこともあってか、対ネウロイの連合国軍への参与には消極的でした。シャーリーがウィッチになったのも、特に祖国や人類を守りたいという気持ちがあったからではありません。シャーリーはもともとバイクのスピード記録を競う競技の選手で、その世界で頂点を極めた彼女がさらなるスピードを求めて入ったのが航空ウィッチの世界・・・というわけです。

 そんな事情もあって、シャーリーにはあまり戦争に対する深刻さがありません。奔放な生活態度は、度々ミーナ隊長やバルクホルン大尉に咎められますが、反面年少のウィッチたちにとっては気さくなお姉さん的存在で、特に最年少のルッキーニにとっては精神的な支えとなるほど大切な人です。

 時にルッキーニといっしょになっていたずらをしたり大騒ぎで走り回ったりなんてことも。しかし、精神が張り詰めがちな基地の生活において、シャーリーたちが場の雰囲気を明るくするのはウィッチたちにとって、いい精神ケアになっているのかもしれません。
スピード狂
 バイク競技出身ということで、シャーリーはメカニックとしての技能も持っています。軍に入ったあとも、自分のストライカーユニットを無断で改造をするという素行不良を重ね、除隊になりそうなところを501に送られたといういきさつがあります。

 501配属後、シャーリーは戦闘に使うストライカーユニットとは別に、私物のユニットをスピード仕様に改造しては、限界にチャレンジしていました。501はミーナ隊長の方針によって、ウィッチの個性を抑えつけないように軍規や階級差が緩くされています。そんな環境の中で、シャーリーのスピードチャレンジは禁じられるどころか、半ば名物のような扱いとなっています。

 ある時、そんなシャーリーの改造ユニットをルッキーニが壊してしまい、ごまかすために適当に組み直します。そんな時に出現したのが今までにないスピードで飛ぶ高速移動ネウロイ。シャーリーは自分のユニットが適当に組み直されたものと知らず、スピードチャレンジ用のユニットで出撃しますが、何の偶然かそのユニットは今まで出せなかったマッハに到達。見事ネウロイを撃墜しました。マッハに達したのはあくまで偶然でしたが、シャーリーの探究を抑えつけなかった501の自由な紀風と、シャーリー自身の探究心がこの偶然を生み、おかげで高速ネウロイを倒せたとも言えます。
タコも食べればおいしいものだよ
 以前、芳佳が501の基地で酢ダコを作ったことがあったらしく、エーゲ海のタコを食べる食文化圏のルッキーニは、それをタコのカルパッチョと呼んで歓迎していましたが、シャーリーはタコを食べない食文化圏出身。シャーリーにとってはタコは食べると聞いただけで吐き気をもよおすようなもの。まぁ、タコもおいしいので、是非試して巨乳を支える栄養としてほしいものですね。
(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

記者(玄Kuro【公式】さん)

関連画像

あまいもの好きさん
0 pt
けんとんさん
0 pt
アギトさん
0 pt
藤原とうふ店さん
0 pt
さぼてんさん
0 pt
まゆろうママさん
0 pt
だいすけさん
0 pt
gazuさん
0 pt
うきわさん
0 pt
のび太さん
0 pt
ゆきこさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



シャーロット・E・イェーガーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ストライクウィッチーズシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!