アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:サガンさん

フランチェスカ・ルッ...

フランチェスカルッキ...

ストライクウィッチー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

年齢12歳、身長148cm、誕生12月24日。所属 - ロマーニャ公国空軍第4航空団第10航空群第90飛行隊、階級は少尉。固有魔法 - 光熱攻撃使用機材 - G55チェンタウロ(第1期)→G55Sストレーガ(魔女)(第2期)。使用武器はM1919A6、ブレダ-SAFAT 12.7mm機関銃、ベレッタM1938A(この世界ではバレッタ)。使い魔は黒ヒョウ。穿いているものは青縞のローレグ。通称「フランカ」、「ガッティーノ(子猫)」。「ルッキーニ」と呼ばれることが多い。本記事でも「ルッキーニ」と表記する。イメージモデル - 旧イタリア空軍のフランコ・ルッキーニ(撃墜数26)。部隊の最年少隊員。戦闘に関して天才的な能力を持ち、運動能力も高い。特に射撃においては本人曰く「十発十中」だが、普段は歳相応に振る舞っている。美食家で昼寝好き、猫のような気ままな性格をしており、決められた部屋よりも、基地のあちこちにつくった隠れ家を転々として過ごすことが多い。また高いところを好むようで、木ノ上や格納庫の梁の上で、お気に入りの毛布を敷いて寝ている姿が見られる。好奇心旺盛で愉しいことには積極的に首を突っ込む性格。アドリア海の501JFW基地も真っ先に探検し、あちこちで変なものを見つけていたが、その割には幽霊やお化けは苦手な模様。美緒やシャーリーの影響か、扶桑式のお風呂が好きで、よくシャーリーと一緒に入っている。訓練嫌いで、あれこれ理屈をつけて逃げ回っているが、ときどき美緒に捕まって訓練をさせられている。小説『乙女の巻』では地元の年下の子供たちと姉貴分的な立場で仲良くなったり、結構面倒見のいい面も見せている。胸の大きさで他人を判断する癖があり、部隊一の巨乳で同じ楽天主義者のシャーリーに懐いており、「残念賞」の芳佳とも性格面でウマが合う一方、双方で相性の悪いペリーヌをからかうことが多い。原隊にいた頃は、猪突猛進な戦いや母を恋しがって基地を抜け出すなどの問題行動ばかりが目立ち、厄介者扱いされていた。そのためロマーニャ公国の軍上層部からは嫌われており、第2期でマリア公女がルッキーニとシャーリーにローマに現れたネウロイを撃退した褒賞にスペシャル拳銃を贈ったときもロマーニャ公国軍からは昇進の話がなく、勲功を挙げている割には士官学校を卒業したときの少尉のままである。だが、501JFWに転属してシャーリーに出会ってからは、本来の力を発揮するようになっていった。基地の家事担当として食事を作ってくれていた芳佳とリーネが、ペリーヌとともに美緒の命令で再訓練のためにいなくなったときは、基地の不味い食事に耐えられず、再訓練先に様子を見に行くほど。固有魔法は光熱エネルギーを身体の前に一点集中に展開し、一気に放出する事で相手に大ダメージを与える攻撃特化魔法である。非常に魔力消費が激しい上に、ほぼ零距離で当てないと効果がないが、シャーリーの固有魔法(高速)との複合技により、ルッキーニ自身が「光熱の弾丸」となることで巨大な対象物ですら破壊することができる。また魔力抜きでも、高所からダイブしてストライカーユニットの挿入口に着地を決めたり、マリア公女の護衛2人をキックで昏倒させるなどの高い運動能力の持ち主である。ちなみにOVA版では、芳佳・リーネ同様新人ウィッチとして入隊したばかりで、美緒の猛特訓を受けていた。

出典:wikipedia

誕生日:12月24日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
フランチェスカ・ルッキーニとは?(ストライクウィッチーズシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

連合軍第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズのメンバー。部隊最年少の妹分。戦闘では射撃に天才的な能力(本人曰く「十発十中」)を見せ、将来を期待されているが普段は子供そのもの。

年齢

12 歳

誕生日

12月24日

性別

声優

斎藤千和

身長

148 cm

体重

43 kg

職業

第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」
気ままなガッディーノ!おっぱいソムリエ「フランチェスカ・ルッキーニ」の魅力とは?『ストライクウィッチーズ』
【画像】フランチェスカ・ルッキーニ(ストライクウィッチーズシリーズ)
 謎の敵ネウロイと戦う魔法少女たち。彼女たちが駆るのは第二次世界大戦期の戦闘機をモデルとした飛行戦闘脚「ストライカーユニット」。テレビアニメ放映から数年、劇場版が公開された後もなおも人気が衰えぬこの作品の最大のポイントは、実在のパイロットをモデルとした個性豊かな少女たちです。「フランチェスカ・ルッキーニ」は作品世界のイタリア南部にあたるロマーニャ公国のウィッチです。
猫属性
 ルッキーニがその身に宿す使い魔は黒ヒョウですが、行動はヒョウというより猫そのもの。いつも基地の整備場の梁の上や基地近くの林の木の上で寝ていて、行動は気ままで悪戯好きです。

 所属する部隊・第501統合戦闘航空団の中では一番年下ということで、ある程度のことは笑って許されている部分もあるとはいえ、時にはやりすぎてしまうことも。そんな時はミーナ隊長にこってり叱られてしまいます。怖い物なしのルッキーニもミーナ隊長には頭が上がりません。
実は天才
 裏設定的なものですが、実はルッキーニは高度な戦闘理論まで修めた天才ウィッチです。普段の行動はある程度は意識的に装っているもの。しかし、最愛のパートナー・シャーリーはその真の姿には気づいていません。とはいえ、それはシャーリーを欺いているというわけではなく、心からシャーリーを信頼し甘えているのもまたルッキーニの本当の姿なのです。
マーマと祖国への強い愛
 あまり本心を外に出さないルッキーニですが、それでも常に、マーマ(お母さん)と祖国ロマーニャへの愛情だけは溢れでています。幼いルッキーニは、軍に入ってからもマーマ恋しさに抜け出すようなことを繰り返していました。しかし、501に配属されてシャーリーと出会ってからはその淋しさも薄れ、マーマのいる祖国ロマーニャを守りたいという気持ちに転化されます。

 ローマに買い出しに出た時に、偶然お忍びで来ていたロマーニャの公女・マリアと知り合ったルッキーニは、それとは知らずマリアをローマのあちこちに案内して、祖国防衛の強い気持ちを語って聞かせました。
おっぱいソムリエ
 ルッキーニは501の中では芳佳と並んでおっぱい好き。しかし、わりと見境なく巨乳が好きな芳佳に対して、ルッキーニはある程度の基準をもっておっぱいを評価する「おっぱいソムリエ」です。様々なウィッチの胸を揉んできた中で、彼女の中で最高評価なのはやはりシャーリーのおっぱい。シャーリーといるときはよくおっぱいを枕にしています。

 ルッキーニのようなおてんば娘は、シャーリーのような大らかで包容力のある女性でなければ手に負えません。いずれ一足早くシャーリーのほうが引退するでしょうが、その後も2人の絆を保ち続けてほしいものです。
(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


フランチェスカ・ルッキーニについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ストライクウィッチーズシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!