アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:雪風さん

ナルサス

ナルサス

アルスラーン戦記

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 大塚芳忠 / 塩沢兼人 / 浪川大輔
パルス国のダルバンド内海沿岸に広がるダイラム地方の旧領主。初登場時26歳。アルスラーン軍の軍師にしてアルスラーンの政治・軍事の師匠。
シンドゥラ語を始めとする各国語を解し、政務・軍略双方に深く通じ人心すらも的確に読み当てる。また名声を得てはいないものの剣術にも秀でる。優しげな容姿に似合わない毒舌家であり、歯に衣を着せることなく発せられる言葉は常に核心を突いたものである。
才知に優れるものの地位や名誉や金銭には興味がなく、芸術を愛する「偏屈な変わり者」で、自身の絵や芸術を否定する者には手厳しい。しかし趣味の画才は知勇とは遠くかけ離れたもので、親友のダリューンにことあるごとにけなされ、エクバターナ奪還後にはキシュワードやクバードからも論功行賞の行方を不安視された(第2部では「好きこそものの上手なれ」という教育文化をたった1人で破壊した人物としても知られている)。
政戦両略に長けており、かつてチュルク・トゥラーン・シンドゥラの3国による連合軍が攻めて来た際、流言を巧みに用いて連合軍内に内紛を引き起こし、見事撃退した。その功により、アンドラゴラス3世によって宮廷書記官(ディビール)として抜擢される。しかし、度重なる諫言をアンドラゴラスに忌避され、さらには役人の不正を暴いたことから命を狙われたため、宮廷書記官の座と領地を返上し侍童エラムと二人でバシュル山に隠棲していた。
第一次アトロパテネ会戦の敗戦で落ち延びたアルスラーンとダリューンを匿った際にアルスラーンより「宮廷画家」の地位を約束されて再び世に出る。アルスラーンと行動を共にする中、パルス国の旧体制や奴隷制の誤りを説き、後のアルスラーン政権の礎を作る。シンドゥラ王位継承戦役の後は、中書令(サトライプ)に一時的に就任するが、その地位をルーシャンに譲り軍師の役職である軍機卿(フォッサート)の地位につく。
第2部ではパルス国の「副宰相(フラマート)であり宮廷画家」とされるが、本人曰く「宮廷画家であり一時は副宰相」。ルーシャンがナルサスへと宰相の座を渡そうとしているが、彼自身は宮廷画家の地位に執着している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ナルサスとは?(アルスラーン戦記)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

架空の男性名。 中世ペルシアの男性の名前「Narseh」をもじって創作されたと思われる。 「Narseh」という名についてギリシア語文献では Ναρση?, Ναρασαιο? と書かれたため、ナルセスと表記されることもある。

性別

声優

大塚芳忠/塩沢兼人/浪川大輔

髪の色

髪型

ロング
パルスの芸術に汚点を残す男!?パルス最高の智将「ナルサス」の魅力『アルスラーン戦記』
【画像】ナルサス(アルスラーン戦記)
 『アルスラーン戦記』の「ナルサス」。「アルスラーン」に従う武将で、主に作戦の立案などをおこないます。軍事だけでなく政略・外交にも長けており、アルスラーン陣営の内政、外交も一手に引き受けます。その上、「ダリューン」ほどではありませんが、剣の腕前もなかなかの強さ。それほどの能力を持つ「ナルサス」が、敗走する「アルスラーン」に仕えたのは自分の理想の世界を実現するため。今回は、そんな「ナルサス」の魅力についてご紹介いたします。
自分の理想のために地位や名誉には固執せず
 ナルサスは、貴族として王宮に仕え重要な地位に就いていましたが、戦争ばかりで内政を省みない国王「アンドラゴラス三世」と衝突。地位や名誉をすべて投げ出し、隠遁生活を始めました。その後、ルシタニアの追撃から逃れた王太子「アルスラーン」と出会い、「アルスラーンであれば自分の理想を実現できる」と確信し、アルスラーンに仕えます。

 その時のアルスラーンにはダリューン一騎しか味方がおらず、アルスラーンをルシタニアに引き渡せば、地位や名誉は思うがままだったでしょう。しかし、ナルサスはアルスラーンを選びました。アンドラゴラス三世に仕えた時と同じく、地位や名誉ではなく自分の理想のために行動したのです。
文武両道の超人!
 アルスラーン陣営で作戦の立案などをおこなう「ナルサス」。味方が増えてくると、それらの運営などに政治的手腕を発揮します。また、シンドゥラなど対外的な交渉も担当し、外交もこなします。しかも剣の腕も一流。パルス最強のダリューンと肩を並べる実力を持つヒルメスとも互角に戦いました。戦略、内政、外交、そして、剣とありとあらゆる分野で才能を発揮するナルサス。しかし、こんな完璧なナルサスにも、とある欠点がありました・・・。
絵が下手・・・
 文武両道のナルサスですが、趣味の絵画だけには才能が無かったようです・・・。ナルサスは絵を描く事が好きで、暇があれば絵を描いています。しかし後に、【「好きこそものの上手なれ」という教育文化をたった1人で破壊した人物としても知られている】、とまで言われる程に進歩がありませんでした・・・。

 アルスラーンが、ナルサスを宮廷画家にすると約束した時に、ダリューンが「パルスの芸術文化に汚点を残す」と言って反対したほどです。しかし、ナルサスは自分の絵が決して下手だとは思っておらず、嬉々として絵を描いています。比類ないほどの知略を持つにも関わらず、自分の絵が下手という事だけは分からない・・・。完璧の中に見え隠れする人間らしさもまた彼の魅力の1つではないでしょうか。

 敵対するヒルメスと対峙した時、ヒルメスはナルサスを「ヘボ画家」といって嘲りますが、ナルサスはこれまでにないほど怒り、ヒルメスに立ち向かいました。ナルサスにとって「ヘボ画家」と呼ばれる事は、どんな嘲笑よりも許せない事だったのです・・・。いつの日か、彼の絵が評価される日が来る事を願っています。
(C)2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ナルサス】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ナルサスについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>アルスラーン戦記のキャラクター 一覧
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!