アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

とがめ

トガメ

刀語

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 田村ゆかり
物語の発端である「刀集め」の提案者。策士ならぬ奇策士を自称する、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督。役職相応の鋭い観察眼と発想を持ち、自称どおりの奇策によって七花の戦いを支える。普段は尊大な態度を取っているが、勘違いを指摘されると過剰に照れてパニックを起こし、子供じみた言動になるなど、落差の激しい性格をしている。鎖骨が性感帯。目は赤っぽい色をしているが、驚いた時や策を弄する際などに時折、左目に黒い十字紋が浮かび、色が紫色に変わる(理由は不明)。派手な格好を好み、七花にはいつも大量の着物を運ばせ、彼女の住居である奇策屋敷は質実剛健な気風の尾張城下町に似つかわしくない奇抜な外見をしている。服に関しては敦賀迷彩から「元は高貴な出自で、昔のことを忘れられない、忘れたくないのだろう」と推察されている。奇策屋敷は外見こそ奇抜で豪華だが中は至って普通の武家屋敷であり、完成形変体刀集めに先立ち決意のために家財を全て処分している。
真の名は容赦姫(ようしゃひめ)で、20年前幕府に謀反を企てた飛騨鷹比等の娘である。幼い頃に一族を殺された時の激しい憎悪で白髪となっている。髪は長かったが、第七話で七実の手刀で切られおかっぱ頭になる。
「障子紙の如く弱い」「戦闘力はうさぎ以下」などと表現され(自称もしている)、役職につくにあたって非武装を心に誓ったため攻撃力はまったく無いが、もともと運動神経も悪い。口も頭も回るが、校倉必とのやりとりから、七花からは交渉能力にも疑問を持たれている。口癖は「ちぇりお」。薩摩の示現流の掛け声である「ちぇすと」をどこかで聞き間違えたもので、第五話で真庭鳳凰により間違いを指摘され、恥ずかしさのあまり大いに取り乱したものの、そのまま押し通すことにした。ちなみに、死にかけるたびに「もし私が死んだら、私の代わりに「ちぇりお」を広めてくれ」と七花に懇願している。
最初は自らの父を殺した鑢六枝の息子である七花のことも憎んでおり、旅が終われば殺害するはずであった。しかし、旅の開始から半年後に蝦夷・踊山のこなゆきの住居に宿泊した際に七花から「自分の正体を知っている」と聞かされたことで感情的には殺したくないと思うようになっていた。
出羽で人鳥に会った後、自らの地図作りの技量を鼻にかけ、「刀集めを終えたら地図作りの旅に出て金儲けをしよう」と七花を誘ったが、11本の刀を集めて尾張に帰還した際に、城が遠くに見える場所(アニメでは神社の境内)で、否定姫の命を受けた右衛門左衛門に炎刀「銃」で致命傷を負わされる。この時わざと急所を外されて撃たれており、最期に七花に「自分の気持ちさえ駒だった」と告げた上で、「言葉は嘘でも、気持ちは嘘ではない」とも伝えている。そして「これまでの何もかも忘れて好きなように生きよ」と自分の死を以って七花との契約を解除する旨を述べ、「何の救いもない、死んで当然の女だけれど、それでも私はそなたに惚れてよいか?」という「散り際の一言」を遺して事切れた。
実は、四季崎記紀の歴史改竄による歪みから生まれた、四季崎の歴史に対する最大のイレギュラー。
年齢不詳(七花よりは年上である模様)。身長四尺八寸。体重八貫三斤。趣味は「悪巧み」。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
とがめとは?(刀語)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

いざ尋常に始めっ!障子紙の如く弱い奇策士「とがめ」の魅力とは?『刀語』
【画像】とがめ(刀語)
 『刀語』は西尾維新氏初の時代小説であり、アニメ化もされた作品です。舞台は中世日本の戦国時代にも似た世界。無刀の剣士「七花」と奇策士「とがめ」の刀集めの旅が描かれています。今回は、物語の鍵となりヒロインでもある「とがめ」の魅力について紹介させて頂きます。
策士ならぬ奇策士
 「とがめ」は、自身の足首あたりまである長く美しい白髪と、赤い瞳が印象的な小柄で愛らしい女性です。右袖だけ長く左は肩口までの着物を羽織い、腰から下は超ミニ丈の布を纏うなかなかセクシーな出で立ち。更に、驚いた時や奇策を考えた時などは、稀に左目が紫色となり黒十字の模様が浮かぶ、そんな不思議な容姿を併せ持っています。役職は、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督。・・・ですが、とがめ本人は自身の立場を「策士」ならぬ「奇策士」と名乗ります。
金や名誉ではなく
 とがめは不承島に単身おもむくと、「虚刀流」七代目当主「鑢七花」を刀集めの旅へと連れ出します。「金や名誉のためでなく、私に惚れた、愛の為に戦う剣士を雇いたい」。このとがめの言葉には、実は孤独から生まれた本音が隠れていたのかもしれません。

 また、とがめの口癖「ちぇりお!」ですが、後に薩摩付近の掛け声「ちぇすと」の誤りだと指摘されるやいなや、恥ずかしさのあまりパニック状態に陥ります(※七花は間違いに気付きますが彼なりの気遣いで黙っていました)。体力や戦闘力は「障子紙の如く弱い」「戦闘力はうさぎ以下」。これは守り甲斐がありそうです。奇策士「とがめ」が策を弄し、虚刀流剣士の七花が敵を倒す。そうして刀を手に入れていく旅路こそが、とがめにとっては幸せであり辛くもある時間だったのでしょう。
おかっぱでも十分可愛い!
 ちなみに、七話の七花の姉「七実」との戦闘の折、とがめは長い髪を肩口まで切られてしまいます。長髪も良かったですがおかっぱでも十分可愛いですね。
抱える過去と七花への想い
 以降、ネタバレとなりますが、とがめの本当の名は「容赦姫」。二十年前に幕府に謀反を企てた「飛弾鷹比等」の娘で、幼い頃に一族を殺された憎悪で黒髪から白髪へとなってしまいます。そして、とがめの目の前で父を殺した男こそ、大乱の英雄であり虚刀流六代目当主「鑢六枝」。七花の父親だったのです・・・。

 最初こそとがめは、刀集めの旅が終われば七花を殺すつもりでいました。しかし、旅を続けながら何度も七花に「俺はとがめを愛している、惚れている」を繰り返させているうちに、自分も七花を愛してしまうのです。刀集めの旅を終えたら、七花に「地図作りの旅に出て金儲けをしよう」と持ち掛けていましたが、その願いは否定姫に送り込まれた凶弾(刃)にて叶わぬものとなってしまいます。

「何の救いもない、死んで当然の女だけれど、それでも私はそなたに惚れてよいか?」

 四季崎記紀の歴史改竄のイレギュラーで有ったとがめは、必死に抗いながらもその人生を終えるのでした・・・。

 復讐を背負わされた奇策士「とがめ」。「七花」と共にに刀集めという名の「人間になる旅」をしたのかもしれません。そして、「七花」への一途な思いこそが、とがめの最大の魅力と言えるのではないでしょうか。
(C)西尾維新・講談社/「刀語」製作委員会

記者(高塔【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【とがめ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



とがめについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>刀語のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!