アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ぶくまる公式さん

中岡元

ナカオカゲン

はだしのゲン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

この作品の主人公。通称「ゲン」。中岡家の第四子・三男。登場時は国民学校(小学校)2年生。以後は小学校4年生、中学校1年生、中学卒業後の順に章立てが成されていく。お調子者だが、根は真面目な性格。後に、次男の昭から「段々頑固な父ちゃんに似てきた」と評される。原爆投下の際に女性に呼び止められた事により建物の塀の影に入っていたため、熱線の直撃を受けず奇跡的に助かった。原爆症の影響で直後に脱毛してしまうが後に再び生え揃った。原爆で父・姉・弟を亡くしながらもたくましく生きていく。特技は絵画と浪曲と読経。また、浪曲を朗々と詠み上げたり、英語の歌や、お経を短期間で習得しており、記憶力にも優れている。ケンカも強く、相手の股間への頭突きや手足への噛み付きが得意技。劇中のケンカでは同年代相手ではほぼ負け知らずで、「鍛え方が違う」と相手に度々言うほどの修羅場をくぐっている。
尊敬する相手は両親。そのため、母君江が亡くなった時には、彼女の遺体を持ってマッカーサー元帥や昭和天皇の下へ行き、広島へ原爆を投下したことを非難しに行こうとする程だった(しかし、浩二に止められ未遂に終わる)。父母は死後も回想シーンに幾度か登場しており、その言葉により励まされ成長していく。初恋の相手は中尾光子であり、当初は光子が犬猿の仲の重蔵の娘と知って落胆したが、自分が描いた光子の似顔絵を隆太が見せる事で仲介し、それにより2回もデートしたが、光子は原爆症で急死してしまう。
思想は戦時中の父親の強い影響および戦争直後における悲惨な体験から、天皇制や軍国主義をその元凶と信じている。戦争を憎んでいるために、戦争を美化したりする者に対しては厳しく、大人に対しても鉄拳制裁を加える事がある。アメリカに対しても原爆投下以外に進駐軍兵士の横暴さや被爆者を食い物にする組織を目撃した影響などから良く思っていない。一方、父親の影響と朴との交流で、当時差別の対象となっていた朝鮮人に対しては蔑視が無い。
中学生の頃から画家を目指すようになり、最後は未来を切り開くために生まれ育った広島に涙ながらに別れを告げ東京に旅立つ。なお、幻となった続編の構想では、フランスで絵の修業をすることになっていた[3]。
モデルとなった人物は作者本人。原爆が投下された時、女性に呼び止められて助かったのは事実であるが作者本人は当時、小学2年ではなく国民学校1年である。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【中岡元】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



中岡元についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はだしのゲンのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!