アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

中岡大吉

ナカオカダイキチ

はだしのゲン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ゲンの父親。下駄の絵付け職人。京都で蒔絵と日本画の修行をして広島に帰り、君江と見合い結婚した。「踏まれても踏まれても真っ直ぐ伸びる麦のように強くなれ」とゲンら兄弟に言い聞かせて育てた。戦時中から「日本は負ける」「朝鮮人を馬鹿にするな」と叫んで戦争に強く反対していた。また、町内で開催される竹槍訓練に酩酊状態で参加したり、放屁する等全くやる気が無く、そのことを指導官や町内会長らから指摘されても「こんなもので戦っても銃で攻撃されたら皆殺しにされるだけで無駄なこと」「日本は他の国と仲良くしなければならない」等と言い放ち途中で抜け出した。これらのことで家族と共に非国民扱いされて特高警察に連行され激しい暴行を受け、指導官や町内会長を始めとして町内の住民ほぼ全員を敵に回すことになり、一家は社会から迫害を受けていた。
実写版では、日頃の反戦的な態度に加え、戦意高揚のためのプロパガンダアートを描くことを拒否した過去(映画版)や、左翼系の劇団と関わりがある疑い(テレビ版)などの背景が付与されている。このため、自分はもとよりゲンら家族までが周囲から様々な迫害を受けたが、決して自分の節を曲げることは無かった。君江も呆れるほどの頑固者であったが、むしろ何の飾り気の無い素の姿に君江を含め家族全員は支持そして尊敬していた。そんな不憫な家族を思い予科練に行くと決めた浩二に反対したが、最後は浩二に対し生きて帰ることを願いながら涙ながらに万歳三唱で送り出しす。原爆投下の際に英子・進次ともども自宅の下敷きになり、家族を見捨てることをためらうゲンに対し、強く生きることを諭しながら焼死した。物語の早い段階で死亡したが、ゲンの生き方に最も強い影響を与えた人物であり、回想シーンや遺骨や幻影の形で死後も作中に頻繁に登場する。
モデルとなった人物は作者の父・晴海で、漫画と同じく日本画家であり原爆投下時に家の下敷きになり死亡している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【中岡大吉】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【中岡大吉】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


中岡大吉についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はだしのゲンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!