アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:hankさん

上杉和也

ウエスギカズヤ

タッチ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1968年6月16日生まれ双子座AB型。達也の双子の弟。世評では「天才」とされるが本物の天才である兄・達也とは対照的にひたむきな努力家で負けず嫌い。性格は何事にも慎重で気を使い過ぎるほど使う。優しい性格だが、内に秘めた情熱や意志は強く、こと野球に関してはストイックで妥協を許さず、自分にも他人にも厳しい。いい加減でだらしのない両親からは「孝行息子」ともてはやされる反面、まったく手がかからず甘えないせいで戸惑われる。達也曰く、寂しがり屋。髪型以外は達也と全く見分けがつかないが、常に表情が引き締まっており二枚目とされる。成績優秀、スポーツ万能で野球部のエースでもあるため非常にモテる。クラシック音楽が好き。小学生時代に南が抱いた「母校が甲子園に行く」という夢を叶えるために野球部に入り日夜練習に励み優れたピッチャーとなる。明青学園中等部1年生時点から、野球部のエースとして幾度も野球部を勝利に導いており、高等部進学前から当時野球部の中心的存在だった黒木から注目されていた。また、中等部1年当時は、野球部員全員が和也の投げる球にかすりもしない状態であったが、和也の球に初めてバットを当てたのは兄の達也だった。また中学3年時の草野球の試合ではまぐれとはいえホームランを打たれている。高校進学後も、1年生ながら明青学園野球部のエースとして活躍。夏期甲子園予選準決勝では、好投手・寺島を擁する西条高校に対し、自ら決勝サヨナラタイムリーを打ち、チームを決勝へ導く。予選決勝の朝、球場へ行く途中、子供を庇ってトラックにはねられ、病院へ搬送されるもそのまま死亡した。あだち充氏の制作ノートによると、当初の予定では南の父親が経営する喫茶「南風」に忘れ物を取りに来た和也が、ガス漏れ事故の爆発に巻き込まれて死亡する予定だったがそれを担当に「せめて遺体が綺麗なまま残るようにしましょうよ」と言われて事故に変更したそうである。兄の達也が自分のために三枚目を装ったり、子供っぽく振る舞ったり、わざと南を怒らせる真似を続けていたことを理解していた。そうした達也の優しさを理解する一方で、小さい頃から南が達也のことをひそかに想い続けていることにも気づいている。達也が南と和也をくっつけようと躍起になるほど、南の気持ちが達也に傾くことに対してジェラシーを感じるようになり、次第に南に対する愛情表現がエスカレートし、甲子園予選決勝に勝ったら南の父に婚約を申し込むとまで言っていた。他のことは人に譲る和也だが南のことだけは譲るつもりがなく、「アニキにも負けないよ」と宣言していた。その死がそれぞれに与えた影響は大きく、特に南と達也の間には暗い影として横たわることになった。また、考太郎と達也にとってもタブーとなっている。

出典:wikipedia

誕生日:6月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
上杉和也とは?(タッチ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公の達也の双子の弟。周りからは「天才」とされるが、実は努力家で負けず嫌い。成績優秀、スポーツ万能で野球部のエースをしている。非常にモテる。幼馴染の朝倉南のことが好き。

年齢

16 歳

誕生日

6月16日

性別

声優

難波圭一(幼少時代 :?深見理佳)

俳優

斎藤慶太(映画)/渋谷樹生(映画・少年時)

星座

ふたご座

血液型

AB 型

髪の色

学校・会社

明星学園

部活・委員会

野球部

職業

高校生

学年

高校1年生~

兄弟・姉妹

上杉達也

ペット

パンチ
紳士的でストイックな秀才!天才達也の双子の弟「上杉和也」の魅力とは?『タッチ』
【画像】上杉和也(タッチ)
 野球漫画の名作『タッチ』の主人公「上杉達也」の双子の弟である「上杉和也」。志半ばで事故に遭い、この世を去ってしまった彼は、その存在感はもとより物語上も非常に重要なポジションを占めています。そんな、『タッチ』を語るうえで欠かすことのできない存在である「上杉和也」の魅力に迫ってみましょう。
ストイックな秀才
 天才型の兄・達也に比べ、何事も人並み以上の努力で乗り越えてきた和也。そのストイックさは凄まじく、常人には決して真似できない努力の人と言っても良いでしょう。世間では「天才」と呼ばれることも多いですが、より正確に言うならば和也は「努力の天才」。和也はまさに秀才の鏡のようなキャラクターです。
理想的なジェントルマン
 また、ストイックな所は女性に対しても変わりません。基本的に浅倉南以外の女性には興味を示しませんが、かといってそれ以外の女性をないがしろにするわけでもなく、過度な期待を持たせるようなこともしない。その姿はまさにジェントルマン。和也は古き良き理想の男性像を体現したようなキャラクターではないでしょうか。

 しかし、唯一自分の欲望を表に出してしまうのが南に関すること。多少強引でも南を自分のものにしようと、積極的にアプローチをかけていきます。好きな相手のことは思いきり特別扱いする。そこが、彼の紳士さの根源なのかもしれません。
物語上の重要なポジション
 『タッチ』という作品を語る際、必ず議題に上がること。それは「もしも和也が生きていたら・・・?」という疑問です。後から思えば、和也が試合に向かう前の一連のやり取りには死亡フラグがビンビンに立っているわけですが、当時初めて作品を観ていた人にとって和也の死は非常にショックな出来事であったと思います。ですから、こういった疑問が浮かぶのも当然と言えば当然のことですよね。

 しかし不思議なのが、和也があそこで死ななかったとすると、どうやっても『タッチ』が『タッチ』でなくなってしまうという点。結局達也と南は結ばれたのでしょうか・・・。あるいは、和也が本当に南を甲子園に連れていき、南は和也と付き合うことになったのか・・・など。しっくりくる結末がどうしても想像できないのです。

 その意味では、物語上「“和也の死”なくして『タッチ』なし」と言っても過言ではないほど、和也の死には非常に大きな意味があったことがわかりますね。

 『タッチ』を語るうえで欠かすことのできない「上杉和也」。最近めっきりこういったキャラクターは少なくなりましたが、これは和也には他のキャラクターには真似できない特別な魅力があるからなのでしょう。誰もが一度は観たことのある国民的作品なので、いまさら皆さんに「ぜひ観て下さい」なんてすすめるような作品では無いかもしれませんが、改めて観返す事で、「上杉和也」の、そして『タッチ』のまた新しい魅力を感じる事が出来るかもしれません。
(C)あだち充 / 小学館・東宝・ADK

記者(西森ゆう【公式】さん)

関連画像

七十鳥さん
0 pt
しずさん
0 pt
ぉくむらさん
0 pt
smileさん
0 pt
さとうさん
0 pt
ミカヤさん
0 pt
senchiさん
0 pt
無量さん
0 pt
palmtreeさん
0 pt
ピピンさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



上杉和也についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>タッチのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!