アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:りぼんさん

浅倉南

アサクラミナミ

タッチ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

中学時代はバレーボール部に在籍(本編内にそれらしき会話が多数ある)。高校時代は野球部マネージャー、後に新体操部にも所属。当初は野球部マネージャーのみだったのだが、新体操部キャプテンが大会直前にケガをしてしまいそのピンチヒッターという形で競技会が終わるまでという約束で同じ学年の清水に説得され入部。その競技会でいきなりの3位入賞を果たす。その後、新体操界の期待の新星として世間の注目を浴びることになった。2年の途中まではマネージャーと新体操を掛け持ちして両立させていたが、代行監督の柏葉英二郎により野球部マネージャーを辞め(ただし野球部にも籍は残されていた)させられることになる。そのため達也は、ある日その場にいた勢南高校のエース西村からヒットを打つことを条件に、南を野球部へ戻す賭けを柏葉と行い西村と対戦するが、三球三振で南を野球部に戻すことはできなかった。ちなみに、原作版の最終回ではインターハイで個人優勝したことが明かされている。『Miss Lonely Yesterday』では大学に進学し、新体操を続けていた。達也も同じ大学を受験するつもりであったが風邪で受験できず、別の大学に進学したため、帰宅時以外は離ればなれの仲となる。新体操に打ち込み続け、高度なレベルを確立していたが、練習中にこん棒を落とすなど次第に自らの衰えや達也と水野香織との仲を知り、迷いが表れるようになる。そして、迷いを断ち切って新しいスタート(達也との関係、本来やりたかったこと)を踏み切るため、新体操競技から引退を決意した。『Cross Road』では、自分の引退試合を撮影したスポーツカメラマン・藤村剛の助手として登場。「引退試合の心境を見抜いていた人に会ってみたい」という理由で志願したと原田に話している。仕事は雑用係一辺倒であったが、中盤でプロ野球選手として活躍する新田の試合を撮影することを命じられ、仕上がった写真の構図から藤村は彼女の戸惑いを察知する。そして藤村から達也の所属するエメラルズ最後の試合の取材を命じられ、会いに行く。基本的に明るく、前向きで気丈な性格。一生懸命物事に取り組み、人前では泣き言や弱さを見せたがらない。上杉家の母親曰く「南ちゃんのお母さんは学生時代から運動神経が抜群だった。美人でスタイルが良かった。他人に頼みごとをされると一生懸命に取り組む姿勢も今の南ちゃんソックリ」というくだりから、南は母親似であることが窺える。 やや自意識過剰な面もあり、多くの男性から好意を寄せられている存在である事を自覚している。一方で、達也が他の女の子と親しげにしている姿に嫉妬の表情を見せる場面も多い。幼い頃から地震が大の苦手。達也と二人でいた時に地震に遭い、必死に抱きつき怖がる描写がある。実家は喫茶店「南風」。幼少期に母親が他界し、多忙な父親を手助けするように家事をこなすようになっていった。また、喫茶店を手伝っていることもあり、特に料理は上手。和也や達也の弁当や食事を作ることも多い。野球部の合宿では大人数の食事を手際良く作るなどしている。16歳当時の身長は159cm、B82・W57・H85(「新体操を始めてからウエストが更に引き締まった」と達也にわざと誇らしげに語る場面がある)。「Miss Lonely Yesterday」以降では胸が大きくなるなど年相応の成長を見せている。 高校時代、一部の女子からは「和也と付き合っていたが、和也が死んでから同じ顔の達也に乗り換えた」と快く思われていない描写がある(和也の生前から南が達也を好きだったことは一般生徒は知らないため)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
浅倉南とは?(タッチ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公の隣に住む女の子。物語のヒロイン。主人公とは幼馴染。基本的に明るく、前向きで気丈な性格。小さいころから主人公達也のことが好き。高校時代は野球部のマネージャーをし、後に新体操部へ。インターハイ出場。

年齢

16~ 歳

性別

声優

日高のり子(幼少時代:星野桜子)

俳優

長澤まさみ

身長

159 cm

髪の色

濃茶

学校・会社

明星学園

部活・委員会

新体操部

職業

高校生

学年

高校1年生~

ペット

パンチ
「浅倉南」国民的ヒロインという評価の裏表-『タッチ』
雑誌でもテレビでもいいですが、“恋人にしたい”・“結婚したい”だなんてランキングが作成されたとき、必ず上位に食い込むキャラがいます。そう、それは『タッチ』に登場する浅倉南です。

ただ少し前の作品ということもあり、名前は知っているけどどんなキャラかは実は知らない、そんな方も多いかもしれません。というわけで今回は、この浅倉南について紹介しつつ、その魅力の裏表についても語ってみたいと思います!
【画像】浅倉南(タッチ)
健気で純真なマネージャー
『タッチ』はスポーツ漫画の転機を示す作品でした。努力・友情というスポ根の精神を継ぎつつも、現実的な野球の描写に力を置き、より青春を強調したところにその特徴があります。そして青春と言えば恋愛であり、そのキーパーソンとして登場したのが浅倉南というわけです。

浅倉南は主人公:上杉達也の幼馴染で、お隣さんというか柵なし・はなれに共同勉強部屋ありと、もはや家族のような関係です。美人でスタイルが良く、気丈で優しく気立ても良いと、放っておいても元気でいてくれそうなタイプですね。押し切られて始めた新体操では、インターハイ優勝を狙える実力があり、一芸も持った女性でもあります。

だというのに達也のことがより重要で、様々な困難に際して彼が立ち止まりかけた時、献身的にその背中を支えました。健気でそして純真なマネージャー。全ての夢追いかける男性にとって、浅倉南は絶対的な魅力を持っていると言えます。
男を翻弄する小悪魔か、過剰な虚構か
しかしこの浅倉南、実は強烈に批判されるキャラでもあります。達也には双子の弟がいるのですが、南に強く好意を抱いていて、序盤からアプローチを重ねています。しかし南は達也への想いを胸に秘めており、そのアプローチをかわし続けるのです。他にも多くの男性に南は好意を持たれますが、それに気づきながら正面から相手をしないところを、少なくないファンに攻撃されています。

またそれ以上に疑問視されている点は、浅倉南というキャラが現実的か否かです。もちろん漫画ということで現実ではないわけですが、多くの男性が憧れるという点で、それが現実的かは妥当な論点でしょう。果たして南ちゃんは誰もが憧れるヒロインなのか、それとも性悪な小悪魔なのか、はたまた男の欲望の結晶体に過ぎないのか。自分の答えを探してみたい人は、ぜひ作品にふれてみてください。

© あだち充 / 小学館少年サンデーコミックス刊
記事提供元:あにぶ
 >>> 「浅倉南」国民的ヒロインという評価の裏表-『タッチ』

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


浅倉南についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/06/16 13:08 ID:3E62A8EA ▽コメント返信
浅倉南を愛しています。世界中の誰よりも。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>タッチのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!