アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:kurimaruさん

原田正平

ハラダショウヘイ

タッチ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ポーカーフェイスの巨漢。達也たちの同級生であり、3年生時はボクシング部の主将。父母と、空手をしている姉の4人家族(ちなみに、父親はメガネを掛けてはいるものの南に一目でそれと判断されるほど瓜二つである)。また、柏葉英二郎と中学高校で明青学園の同期である叔父がいて、彼から聞いた英二郎と野球部の因縁を南に伝えている。南が野球部マネージャーになったことを知り、野球部入りを断念した達也をボクシング部へ入部させた。それが後々達也の運動能力が向上するきっかけにもなった。無骨で強面な見た目とは裏腹に、人物に対する冷静で鋭い洞察力を持っており、主役キャラたちの理解者的存在。特に達也とはウマが合っていたようで、中学時代からよく一緒につるんでいた。達也の才能や心情を「天才という言葉は兄貴のほうにふさわしい」や「上杉達也のライバルは新田でも西村でもねぇ。双子の弟上杉和也だ」と評している。早い段階から南が達也のことを好きでいることを見抜いており、達也に(南をめぐる恋愛の)舞台に上がるよう説得もしていたが、実は達也が和也の南への想いから身を引いていることも理解している。本人自身も密かに南に想いを寄せているが、達也・和也・南それぞれの心情をよく理解しているためか恋愛事からは一歩身を引き、傍観者に徹している。その強面のためかケンカを売られることが多く、本編初期の頃は達也がそのとばっちりをよく受けていた。また新田兄妹とは明男が中学時代不良グループに入っていた頃からの知り合い。腕っ節の強さは達也や新田から「怪物」と評されるほどで、ボクシングにおいても怪我をした体で全国大会3位の強豪をK.O.するほどの豪傑。しかし酒には弱く、コップ1杯のビールで酔っ払ったことがある。その一方、中学時には友達がいない下級生を学校に行くように促したり、幼い従妹に眼前で親しらずを抜かれるところを見せて勇気を与えるなどのエピソードがある(この従妹とは、3年後の腹部の手術の際にも勇気を与えるエピソードがある)。また、自身も盲腸の手術を(本人曰く数回)受けているが、いずれも平然と受けているようで、その図太さは父親からも「スーパーマン」「ヒーロー」と評されている(本人曰く、「手術中に麻酔が切れた」のだがそれでも平然としていたようである)。不良から助けた西条高校のエース・寺島の妹から手編みの帽子を貰った時は嬉しそうで、動揺を隠せなかった(アニメ版ではその後も付き合いがある)。高校卒業後は原作最終回で買った宝くじが当たったのか、3年間、チベットを中心に世界放浪の旅に出る。『Miss Lonely Yesterday』では帰国後和也を思って野球を辞めていた達也に和也への思いから解放させるため、「和也のいない世界での野球」を目指す様説得した。帰国直後は長旅のためか、滞在先の民族衣装を身に纏い、ヒゲと髪の毛が伸び放題だったが、以後は綺麗に剃っている。尚、ボクシングは辞め、『Cross Road』の序盤、南との会話から、チベットの格闘技を会得した模様。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
原田正平とは?(タッチ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ポーカーフェイスの巨漢。達也たちの同級生であり、3年生時はボクシング部の主将。無骨で強面な見た目とは裏腹に、人物に対する冷静で鋭い洞察力を持っており、主役キャラたちの理解者的存在。

性別

声優

銀河万丈

学校・会社

明青学園

部活・委員会

ボクシング部

職業

高校生
いかつい顔して実は繊細!?唯一無二のタッチの象徴「原田正平」の魅力とは?『タッチ』
【画像】原田正平(タッチ)
 日本人なら誰もが知る国民的アニメ『タッチ』。巨漢で強面という外見を裏切らない(?)活躍を随所で見せてくれるのが「原田正平」です。メインキャラと違い、その全貌が明らかにされていない部分も多々ありますが、実は「新田明男」と昔からの知り合いだったりと意外な一面も持っており、キャラクター同士を陰で取り持つ役割や隠れたエピソードを語るなど、『タッチ』において非常に重要な役割を果たしています。今回は、そんな「原田正平」の魅力についてご紹介いたします。
そこはかとないロマンスも
 その外見から硬派一筋・・・かと思いきや、原田くんにも少しばかりロマンスもあります。西条高校のエース「寺島」の妹が不良に絡まれているのを助け、手編みの帽子をもらった時は、うろたえながらもどこか嬉しそうでした。かつては南に思いを寄せていたこともあり、南の隣の席で甲子園予選を見ている時には、「俺はこれ以上近づけねえしな」と、あくまで過去形ですが、事実上の告白をしています。
声優泣かせの無口な役
 原田くんの声優さんはご存知「銀河万丈」さん。その声質からか、彼には黒幕やガタイのいい役が多いです。そんな彼が、原田くんは「無口でつまらなかった」と話しています。アニメでは彼の出番では怪訝な表情を浮かべて「ん?」など、声にならない声で終わる事が多く、さぞ演技も難しかったことでしょう。ただ、原田くんの声が「銀河万丈」さんだったからこそ、あの唯一無二のキャラクターが出来上がったと言っても過言ではありません。
「バカ兄貴」達也の良き理解者
 『タッチ』は兄弟の相克の物語でもあります。万事にそつがなく、優等生タイプの「和也」の陰で、「達也」は「バカ兄貴」と言われながら本人もその地位に甘んじています。しかし、中学時代から上杉兄弟と付き合いのある原田くんは、「天才という名は兄貴の方にふさわしい」と、早くから達也の素質を見抜いていました。また、達也が野球を始めてから、和也の代わりとしか見られず、そしてそれを受け入れている達也に、誰より苛立っていたのも彼でした。甲子園予選決勝前日に「上杉和也が甲子園に行っても仕方ねえんだよ!」と叫んでいます。
「沈黙のアニメ」の行間を埋める役割
 アニメ『タッチ』は、原作の味を生かすように配慮がなされていると感じます。人物のセリフも必要最小限で、ある意味「沈黙のアニメ」と呼んでもいいのではないでしょうか。自分の気持ちを比較的素直に話していた和也の死後、更にこの傾向は強まり、達也と南のやりとりにも直接的な感情表現は多くありません。そこを、鋭い人物観察で補う役割を随所で果たしているのが原田くんです。また、達也や南自身が気付いていない自分の気持ちをさりげなく指摘して後押しするのも彼の役割でした。

 和也が事故に遭った時、原田くんは達也に「南に、試合後中村総合病院に来てくれ」と伝言を頼まれます。彼は「試合後でいいのか?」と聞き返し、達也の「ああ」という返事を聞いた時の表情は、和也の死を伝えて余りある凄味のあるものでした。『タッチ』の脇役として、彼の存在は欠かせません。若い世代の方でまだ見たことが無いという方がおりましたら、是非とも一度ご自身の目でご覧になってみて下さい。無口で男気溢れる「原田正平」という男の魅力の虜になるハズです。
(C)あだち充/日本テレビ・東宝・小学館・Gタック・バップ

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

malaikaさん
0 pt
ひまわりの種さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



原田正平についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>タッチのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!