アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:アキさん

西村勇

ニシムライサミ

タッチ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

勢南高校のエースで4番打者。右投右打、変化の大きいカーブを武器とする変化球投手で、達也のライバルの一人。新体操競技を始めてスターになった浅倉南に惚れ、南につきまとう。本編には須見工の新田明男と時を同じくして登場。新田と同じく和也亡き後の達也の主要なライバルとなる。自信家で達也や新田には何かと挑発的な態度を取るが、惚れている南に対しては一変して愛想が良くなるお調子者な一面もある。典型的な二枚目ライバルとして描写されている新田とは対照的に、三枚目的なキャラクター付けがされており、特に新田がからむ場面においては不遇な扱いを受けることが多かった。移動はいつもロードレーサータイプの自転車であるが、転倒するシーンが多く描かれている。投手としての実力は本物で、2年次の春季大会ではノーヒットノーランを達成している。ライバルからの偵察も拒まない上に、ライバルにアドバイスするという一面もあるが、短気で頭に血が昇りやすい。達也とは2年次夏の甲子園地区予選で初対戦。途中から振り出した雨の中激しい投手戦を演じ、様々なアクシデントがあったものの、明青学園を下している。しかし結果的に勝ったとはいえ、得意の内角高めのストレートにきた達也の剛速球には手が出せず悔しがっていた(チームとしても無安打に終わった)。この大会では決勝で須見工と対戦するも新田に打ち砕かれ、甲子園へは出場できなかったが、彼の実力は新田も認めるところとなっている。自身の投球に絶対の自信を持っており、新田さえいなかったら甲子園出場は勢南だと豪語する。柏葉監督からヘナチョコカーブと批判され、柏葉に打つためのコツを教えられた達也と1打席のみの勝負をしたことも。小学生の頃から変化球を投げ続けていたために肘を悪くしており、原作版では3年次夏の甲子園地区予選は準々決勝で負け、達也との再戦はなかった。新田の存在と三枚目的な立ち回りにかすみがちではあったが、達也とはライバルとして互いに認め合うようになっており、試合後達也の元を訪れ、激励と慰めの言葉を交わした(ちなみに達也はこのとき西村を打ち崩した三光学院と準決勝で対戦。ノーヒット・ノーランを達成する)。達也と同様に真っ向勝負するタイプで敬遠の描写はなく、新田ですら敬遠をしていない。試合で達也と対峙することは少なかったが、南目当てでことあるごとに達也や南の周りに登場。厚かましく南の実家である喫茶『南風』や明青学園に顔を出したり、休日前には南に電話をかけるなど積極的なアプローチを図っていたようである。しかし当の南は恋愛対象として相手にしていなかった。勢南のマネージャーとは幼なじみで恋愛感情を持たれており、彼女の心の中や2人だけの間は「勇ちゃん」と呼ばれている。南に比べると器量の悪い彼女に対して、「ブス」と罵ったり、人前で「西村君」と呼ばせたりとかなり酷い扱いをしていたが、三光学院に敗れてからは素直に彼女の想いを受け入れたようであり、明青と須見工の決勝戦観戦の際に彼女を「ブス」と言った男達をボコボコにしてさえいる(南に対し、「ボロボロに負けて初めて素直になれた」と語っている)。『Miss Lonely Yesterday ?あれから君は?』ではプロ野球横浜マリナーズ(モデル球団は横浜ベイスターズ)に入団し、新人王を獲得するなど活躍したが、2年目に高校時代に痛めた肘が再び悪化し最後は2軍戦でめった打ちに遭った末、引退を余儀なくされている。その際は背番号は23で、高校時代とは投法が異なるトルネード投法となっていた。タッチの続編MIXには勢南高校監督として登場しており、息子の西村拓味もピッチャーとして活躍している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
西村勇とは?(タッチ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

勢南高校のエースで4番打者。右投右打、変化の大きいカーブを武器とする変化球投手で、達也のライバルの1人。新体操を始めてスターになったヒロインの浅倉南に惚れ、南につきまとう。

性別

声優

中尾隆聖

髪の色

学校・会社

勢南高校

部活・委員会

野球部

職業

高校生

学年

高校1年生~
感情表現も変化球!?達也を成長させたライバルの一人「西村勇」の魅力とは?『タッチ』
【画像】西村勇(タッチ)
 「ばいきんまん」や「フリーザ」の声で知られる中尾隆聖さんは、「欠点のある役が好き」と語っているそうです。『タッチ』の主人公「上杉達也」のライバルの一人である、勢南高校のエースピッチャー「西村勇」も、そういった意味では中尾さんの好きな役どころだったのかもしれません。今回は、そんな「西村勇」の魅力についてご紹介いたします。
達也のライバル
 登場当初は、南に横恋慕(死語?)してつきまとう、ただの三枚目でした。達也の最大のライバル「新田明男」はバッター。ピッチャーのライバルも必要という理由からのつじつま合わせの存在にも思えます。新田が颯爽とバイクで現れるのに対し、彼はいつもマウンテンバイクでぶつかったり転倒したりと、これでもかという程の対比ぶりです。
意表を突く退場「それが高校野球ってもんさ」
 ライバルである以上、主人公との対決は避けられません。しかし彼は三年の夏、準々決勝で「三光学院」に敗れてしまいます。明青の野球部員も、「4対3」という試合結果を聞いた時、「三光学院も健闘した」という意味の発言をしており、まさか勢南が敗れたとは夢にも思わなかったのです。準決勝で達也のピッチングに手も足も出ない三光学院を見た南の、「このチームに西村くんが負けるなんて」という言葉に、横にいた原田が「それが高校野球ってもんさ」とつぶやいたのは印象的でした。
主人公カップルの陰で
 達也と南は最終的に結ばれなければなりませんが、ここまで二人に思いを寄せてきた人達はどうなったのでしょう・・・。「新田由加」は、ツンデレながらも佐々木とくっつきそうですし、「新田明男」をはじめ南に想いを寄せた人達は、大なり小なり失恋ということになります。そんな中で西村は、お世辞にも美人とはいえない幼なじみのマネージャーとくっつくことになります(「マネージャーなら名青に完封負けだな」などと、酷いことを思っています)。彼女の一途さに打たれた形ですが、彼女を「ブス」と言った男たちをボコったりする場面は、彼の屈折した感情表現のわかりやすい例だと言えます。
もう一人の達也?
 彼は敗れた後、達也に会いに来て思いの丈を語ります。ここでは当初の単なる三枚目ではなく、良きライバルとして達也と高め合ってきたライバルの姿がありました。同じピッチャーとしての彼の無念は、達也の胸に染みいった事でしょう。準決勝で、達也が自分にノーヒットノーランを課したのは、西村に対する「はなむけ」だったのかもしれません。

 豪速球主体の達也に対し、変化球投手の「西村勇」。そしてどちらも、マネージャーがエースの幼馴染み(正確にはこの時点では南はマネージャーではありませんが)。ある意味、彼は“もう一人の上杉達也”つまりは『タッチ』における“もう一人の主人公”と言っていいかもしれません。
(C)あだち充/日本テレビ・東宝・小学館・Gタック・バップ

記者(ルーデル【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



西村勇についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>タッチのキャラクター 一覧
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!