アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

結城

ユウキ

ジョーカーゲーム

0

pt

作品紹介

『ジョーカー・ゲーム』 (JOKER GAME) は、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説。

柳広司は、デビューから一貫して歴史上の偉人を重要な役割として扱っていたが、本作においてオリジナルのキャラクターを主役として扱い作風の変化を見せた。
『野性時代』(角川書店)に掲載された「ジョーカー・ゲーム」と「ロビンソン」の二作及び、書き下ろしの「幽霊(ゴースト)」「魔都」「XX(ダブル・クロス)」の三作が収録されている。
2008年度の「このミステリーがすごい!」で第2位に、週刊文春ミステリーベスト10で第3位にランクインした。2009年、第30回吉川英治文学新人賞及び第62回日本推理作家協会賞を受賞した。
続編として、2009年8月に『ダブル・ジョーカー』、2012年3月に『パラダイス・ロスト』、2015年1月に『ラスト・ワルツ』が発売されている。
霜月かよ子作画で漫画化され、『ビッグコミックスピリッツ』及び『月刊!スピリッツ』(小学館)にて『Dの魔王〜ジョーカー・ゲーム〜』というタイトルで、不定期連載された。単行本は全3巻。
2015年1月には実写映画化され、8月にはテレビアニメ化が発表された[1]。

昭和12年秋、陸軍中枢部の多数の反対意見を押しのけて、結城中佐の提案でスパイ養成学校「D機関」が設立された。訓練生たちは互いの素性を知らないまま様々な訓練を受け、やがて優秀なスパイへと成長していく。参謀本部から監視役として派遣されていた佐久間中尉は、訓練生たちを「怪物」と評した。
昭和14年、佐久間は参謀本部の武藤大佐の命令で、D機関の訓練生たちと共にスパイ疑惑のあるアメリカ人ジョン・ゴードンの自宅を捜索することになった。佐久間たちは憲兵隊に偽装して捜索を始めるが、ゴードンが全く抵抗しないことに疑念を抱く。そして、ゴードンが「二度目の捜索」と口走ったため、佐久間は武藤の命令の意図を理解した。武藤は既に一度捜索に失敗しており、その失敗を有耶無耶にするためにD機関に二度目の捜索を命令し、失敗の責任を押し付けてD機関を解体しようとしていた。
しかし、訓練生たちがゴードンが盗み出した暗号表をいとも簡単に見つけたため、武藤の企みは失敗してしまう。さらに佐久間は、武藤が捜索の一件を外部に漏らしていたことを突き止め、D機関への介入を止めさせ、参謀本部から多額の予算を手に入れることに成功した。その手腕を見た結城は佐久間をD機関に誘うが、「自分はスパイには向いていない」と断り、それを聞いた結城は一人その場を立ち去った。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【結城】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



結城についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ジョーカーゲームのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!