アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

アインズ・ウール・ゴ...

アインズウールゴウン

オーバーロード

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 日野聡[1]
種族レベル:死の支配者(オーバーロード)Lv5ほか[2]
職業レベル:ネクロマンサーLv10など[2]
本作の主人公。177㎝[3]。現実世界では「鈴木悟(すずき さとる)」という名前の冴えないサラリーマン(ウェブ版では高卒、書籍版では小卒)だったが、ゲーム時代に作ったアバターのままにユグドラシルの法則が通用する異世界へ転移してしまう。ゲーム時代にアンデッド種族の最高峰であるオーバーロードであったことと、その強大な力も相まってその存在を知る者からは「超越者」や「魔王」として敬されている。現実世界においては、家族や友人、恋人が一人もいない天涯孤独の身の上らしく、そうした自身の境遇から、自分が異世界に転移されたことに気づいた後も現実世界に戻ることに対しては消極的になっている。
ゲーム時代はモモンガというHNでプレイしていたが、転移後は自らが長として意見のまとめ役をやっていたギルド「アインズ・ウール・ゴウン(ainz ooal gown)」そのものの名を名乗る。これはただ一人残った己が今はなきメンバー全員を背負う意味と、「『アインズ・ウール・ゴウン』の名を広く知れ渡らせることで、自分以外に異世界に転移しているかもしれない『ユグドラシル』のプレイヤーを探し出す」ことを意図したためである。
普段は温厚な性格であり無益な殺生は好まず、利用価値があるならば死地にある者を助命することもある。これは部下の手前建前としている面もあるが、人間としての残滓と記憶が残っているためという側面もある。アンデッド化によって表情は無く、感情の起伏は抑制されている。また、ナザリックNPCに「人間種」が少なく、逆に「人間嫌い」な者が多いことから、無闇に諍いを起こすことを好まない本人とは裏腹に、人間に対して敵意や殺意を剥き出しにする彼らを宥めることにも苦労している。その一方で、ナザリックの利益に結びつくなら大量殺戮も辞さない。部下たちの言う「下等な者」相手であっても受けた恩義には報い一定の共感を示すが、守護者に代表されるNPCに向けられる感情はなき友が残した忘れ形見、子を案じる親のそれであり、彼らとナザリックの誇りを傷付ける存在には激しい怒りを露わにし、苛烈なまでの報復を行う。
これらの二面性はアンデッドと化したことによって人間であった頃の精神の殆どが失われたことにより身内以外への感情の断絶が起こったためとされ、交流のある者以外に行った殺人も寄付いた虫を払いのけた程度の感覚となっている。そのため書籍版では自ら前線に出ることで様々な人間と親交を持ち一定の人間味を見せる一方、ナザリックに座して動かないウェブ版における踏み潰される人間への無関心ぶりはより顕著なものになっている。
異世界に転移された後、マジックアイテム「遠隔視の鏡」を通して「人間の村」・カルネ村の住人達がバハルス帝国騎士に偽装したスレイン法国兵士に襲撃されているのを発見した際、初めは「助ける必要も価値も無い」として見捨てようとしていたが、以前セバスの”生みの親”である「たっち・みー」に助けられた時のことを思い出し、彼への恩返しと自身の戦闘能力の把握も兼ねて、村人の救援にあたった。また、自らの名前を「モモンガ」から「アインズ・ウール・ゴウン」に変えたのも、この頃である。
ゲーム時代はキャラクターメイキングに凝っていたため、純粋な戦闘能力よりロールプレイの一環として死を支配する魔術師としての雰囲気を重視していた。そのため、ゲーム時代においても対策必須のスキルを保有することを抜きにすれば、直接的な魔法攻撃力は専門職に劣ったという。装備類を考慮に入れなければユグドラシルで中の上 - 上の下クラスの強さだったとのことである。
外見は骸骨だが眼窩の奥には赤黒い光が宿り、心臓に当たる部位の下部には世界級アイテムである脈動する赤黒い球体宝玉がある。ウェブ版では完全な骸骨ではなく薄皮が張り付いた姿をしている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
アインズ・ウール・ゴウンとは?(オーバーロード)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

死の魔王にして理想の上司!?「アインズ・ウール・ゴウン」の魅力『オーバーロード』
【画像】アインズ・ウール・ゴウン(オーバーロード)
 大好評の内に放送を終了したアニメ『オーバーロード』。見所は、なんと言ってもナザリック地下大墳墓の支配者、モモンガ様こと「アインズ・ウール・ゴウン」の自身への評価と周囲からの評価のギャップでしょう。見た目は骸骨。スキルによって絶望のオーラ(相手は死ぬ)をまとい、他者を寄せ付けない強さと飛び抜けたカリスマを誇るその姿はまさに死の魔王。しかしその本性は見た目と大きく異なっています。今回は、そんな「アインズ・ウール・ゴウン」の魅力についてご紹介いたします。
圧倒的な強さを誇る死の支配者
 主人公のアインズは、「モモンガ」という名でプレイしていたDMMO-RPGユグドラシルのサービス終了と同時に、ゲーム内でのアバターと能力そのままに、ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の本拠地であるナザリック地下大墳墓やNPCたちと共に異世界へと転移してしまいます。そして、同じようにこの世界に来ている者がいないかを確かめる為、名前をモモンガから「アインズ・ウール・ゴウン」に改め、徐々に新しい世界への干渉を開始します。

 その圧倒的な強さは、王国最強と呼ばれる王国戦士長を易々と凌駕し、魔術師としての能力に特化しながらも力任せに振り回した剣で、英雄級の戦士とも互角以上に立ち回るほど。自分と同格であるNPC「シャルティア」との戦いにおいては、相性差を戦略によって覆してしまいます。まさにこの世界にとって超越者と呼べる存在。その強さに憧れるのは当然の結果です。
部下に愛される理想の上司
 そんなアインズも、仲間であるNPCたちの前では形無しです。本来意志を持たないNPCたちが、この世界に転移すると同時にまるで生きているかのように行動を開始します。それも、アインズがどん引きするほどの常軌を逸した忠誠を示しながら・・・。

 なぜそんな超越者の如きアインズが、部下からの忠誠によって“引いてしまう”のかといえば、それは彼の本質によるところが大きいと言えます。ゲームなのか現実なのかを確かめるため、NPCである「アルベド」の胸を触ろうと試みるも、緊張のあまり台詞を噛んでしまったり、NPCたちの的確な指摘に対して返答に詰まり、全てを教えていては成長出来ないと誤魔化してみたり、彼の本質は実は冴えないサラリーマンなのです。世知辛い社会で生きてきた経験を活かし、部下はまず褒める、ミスを許す、常に威厳のある態度を心がけるなど、無理して理想の上司であることを貫こうとする様や、心の声と支配者としての演技の差に、とてつもない気苦労を感じさせ、非常に恐ろしい顔でありながら、親しみすら感じてしまうのです。

 平伏すNPCの前で絶望のオーラを放ち、支配者の威厳を示したと思われていますが、本当は混乱して間違えてスキルを発動しただけだったりするのもご愛敬。「アインズ・ウール・ゴウン」の名を世界に轟かせたい理由は、同じようにこの世界にやってきた者がいるなら、その耳に届かせたいと思っての事ですが、NPCたちは色々と深読みし、世界をアインズの手に渡すために世界征服の準備を開始したりと、シリアスな雰囲気にも関わらず、なぜか笑えます。
廃課金の廃プレイヤー
 そんなアインズ様の台詞で印象深いのは、アニメ13話で放つ決め台詞でしょう。

「課金アイテムだよ」

 なにそれ一度は言ってみたい。DMMO-RPGユグドラシルにおいて廃課金の廃プレイヤーであったアインズは、大量のレアアイテムを所持しており、ボーナスを課金ガチャに注ぎ込んだ程ののめり込みっぷり。そんなゲームが終了するとあっては、アニメ1話の悲喜こもごもを感じさせる姿にも頷けます。そんな人間味溢れる人にあらざる理想の上司、アインズ様。一度はこんな上司のいる職場で働いてみたいものです。こっそりと、威厳ある台詞の練習をしている、正当なる支配者たるアインズ様(元サラリーマン)の活躍から目が離せません。
(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

記者(菅乃悠太朗【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【アインズ・ウール・ゴウン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



アインズ・ウール・ゴウンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>オーバーロードのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!