アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

加賀城太郎

カガジョウタロウ

新世紀GPXサイバー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 関俊彦
〔アオイZIPフォーミュラ 2015、2018 - 2020、2022〕
ニックネームは「サーキットの野生児」「サーキットの渡り鳥」等。1996年4月1日生まれ、血液型はA型。特技はそろばん1級、趣味は車のワックスがけ。
『SIN』では主人公。逆立った原色の派手な髪が特徴。クラッシュレースではかなり有名な孤高のレーサーで、ハヤトとは少女誘拐事件で初めて出会う。その後は助っ人キャラ的な扱いであったが、2015年の第10回選手権・第7戦アフリカGPからCFに参戦。過去のしがらみを嫌って同年最終戦日本GPで今日子の指示に反して故意にリタイア、以後インディーに転進する。2年連続チャンピオンを獲得した後、2018年(『ZERO』)にCFに復帰し、初のシーズンフル参戦。ハヤトと「ゼロの領域」で戦い、終生のライバルとなる。2022年の第17回選手権(『SIN』)でハヤトと死闘を繰り広げ、それに打ち勝ちチャンピオンタイトルを獲得、引退する。
荒っぽいドライビングながら技術は高く、『11』ではスーパーアスラーダ01で走りながらハヤトのスーパーアスラーダAKF-11を上回るタイムを出し、『ZERO』では新条の解雇がかかった1戦で新条のサポートに徹し、マシンをあの手この手で操り、上位マシンを軒並みリタイヤさせた。
飄々とした人懐っこい性格でハヤトの兄貴分の存在であり、加賀もハヤトのことを弟のように思っていたが、『ZERO』でハヤトが「ゼロの領域」に目覚め、それを克服したことで、ハヤトを良き友人であり、良きライバルとして見るようになる。TVシリーズの最初の頃は金にうるさい描写が多かったが、後にはそれほどでもなくなった。乱気流や埃を使ったダーティーなプレイもあった。照れ屋で女性に対しては割と奥手。
かつて加賀とともに「ゼロの領域」に踏み込んだ相沢英二とのクラッシュがトラウマとなっていたが振り切る。その相沢の息子の北斗との会話では復帰を示唆する内容も。
第10回GPX7位(16P)、第13回GPX2位(61P)、第14回GPX4位(43P)、第15回GPX4位(33P)、第17回GPX1位(72P)。総合優勝1回、通算40戦9勝、225ポイント(2022年まで)。見た目のドライビングスタイルとは裏腹に完走率が高いドライバーである。初めてフル参戦した2018年以降も2021年はアオイの出場停止があったため、フル参戦した年数は4年に留まる。2020年と2022年にも1戦欠場している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【加賀城太郎】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【加賀城太郎】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


加賀城太郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀GPXサイバーフォーミュラのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!