アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ビンセント・ロウ

ビンセントロウ

Ergo Proxy

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 遊佐浩二
もう1人の主人公であり、物語の要たる存在にあたるキーパーソン。モスコからやって来た孤独な移民の青年。気が弱くへたれな性格で、天然気質の持ち主。元はモスコの生まれらしいが、そこで暮らしていた頃の記憶がない。ロムドの良き市民になる事を強要されていたため、当初は七三分けに糸目という地味で印象の薄い人物であったが、物語が進むにつれ顔の造作が露骨に変わり、別人のように変貌する。
ロムドではコギトウィルスに感染したオートレイブの廃棄処理施設職員として働き、リルの保護観察を受けていた。リルとは移民雇用施設で出会ってからの知人で、密かに彼女に好意を寄せている。ロムドの「良き市民」になろうと努力していたが、事実無根の国家反逆罪で警備局に追われドームの外の世界へと逃亡。コミューン脱出後、自らの居場所を求め漠然と故郷であるモスコを目指す。行く先々で自分に関わった人々が次々と死んでしまうことから自身に付きまとう「死の影」に対して大いに悩まされる。
旅の途中ハロスで囚われの身となり、廃墟と化したハロスからカズキスによって救出されるが、彼との出会いにより自身の正体がエルゴプラクシーであること、そして自らプラクシーであった頃の記憶を消したことを知る。その事実を知ってからは、自らの過去と正体を知るという明確な目的を持ってモスコに向かうことになる。また、始まりの鼓動以降から、プラクシー同士が出会うと本能的に殺し合いを始めるようなっている為、その時はプラクシーとしての闘争本能が覚醒し、エルゴへと変身する。
道中、ビンセントを追いかけてきたリルを仲間に加え、ピノと三人で失った記憶を求めて様々なドームを転々としながらモスコを目指していた。しかしモスコに到着し、アムネジアの伝言に従いロムドへと帰還していた途中で謎の失踪を遂げてしまう。独自でロムドに戻った後、自身の出生にまつわる重大な事実を知る。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ビンセント・ロウ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ビンセント・ロウ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ビンセント・ロウについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Ergo Proxyのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!