アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

犬塚孝士

イヌヅカコウシ

すもももももも ~地...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 高橋広樹 / 加藤英美里(幼少時)
『代折羅不動心眼流(ばさらふどうしんがんりゅう)古武術』の継承者。17歳。身長171センチメートル。9月8日生まれ。乙女座。AB型。2-C在籍。好物はギンダラのムニエル。唯一の趣味は城の模型作り(特に好きなのは姫路城とマニア人気を区分するらしい小田原城)という、年寄り染みた趣味を好む[3]。アニメ第9話を見る限り、この趣味は子供の頃からだったようである。絵と料理が相当下手。
過去のトラウマにより暴力恐怖症となり、情けない理由により幼い頃から続けていた武術を止め、検事を目指して勉強に勤しむ。頭脳明晰で口先が達者だが、身体能力は人並みで喧嘩はめっぽう弱い。その反面かなり美形なルックスを備え、学年トップを常にキープする成績優秀さでクラスの女子の人気者だが、乙女心は理解不能らしく極端に疎い。クールに見えるが根は熱い性格で、曲がった事や悪事を結局は見過ごせない。「正義感は強いのに暴力には弱い」という自らの情けなさを誤魔化しながら生きてきたが、もも子の想いでかつての素直な心、そして秘めた勇気を取り戻す。ひょんな事から武術家ばかりが取り巻く、非日常的で命懸けな生活を送る事になる。冷静に乗り切ろうと毎日奮闘していたが、虎金井村からの生還後は再び武術を始める事を決意。父である雲軒、仲間のいろは・半蔵・天下・進太郎に修行のための協力をしてほしいと正直に懇願するようになった。
女に対する興味は薄いと思われていたが、実際興味が無いのはもも子やいろはの様な幼女系で、逆に早苗や天々の様な巨乳や大人の色香には視線を外せないタイプ。ただ恋愛事に関しては、「学生は学業に専念すべき」と言ったり、ウマ仮面の脱衣を止めようとしたり、もも子にラブホテルに連れ込まれた時には怒って泣いて逃げ出したりと、実はかなりの純情だったりする。見た目は自立してそうだが、実際の生活能力は皆無に等しく、最早もも子が1日いないだけでその凋落ぶりは悲惨なものとなる。もも子の事を当初は厄介者だとしか思っていなかったが、次第に彼女のありがたさに気付き、全く進展はなさそうでも、距離は少しずつ縮まっていっている。しかしそれでもまだ彼女を「女」として意識できず、もも子の幾多の色仕掛けやアプローチにも当然ながら無反応。
運動会で優介に武術を今までやっておらず、習得できても自己防衛程度に出来れば良いという事、東軍大将の座を継ぐ気は無いという事を話し彼を激昂させ、更に優介の言葉に揺さぶりを掛けられ、結果的にはもも子との間に亀裂を作ってしまう。その後は天下・半蔵・進太郎・優介の作戦によりもも子と仲直りしたと思われたが、その作戦を優介が考案した事、もも子が優介に寄せる信頼を知って無自覚の嫉妬に駆られ、再びもも子を突き放してしまう。しかしそんな自分を反省しもも子に謝ろうと思った矢先、日光菩薩から母親の出自と自らの秘められた力を知らされ、日光菩薩の勧めた師の元で修行をする事を決意し、もも子に別れを告げ旅立った。しかしその師がなんと天我だった為、彼の気迫に怯えたり意外な一面に安堵したりと振り回される事になる。天我から言い渡されたサバイバル修行を乗り切りった後は遂に実戦に入り、徐々に力を身に付けていくが、そんな最中、孝士が無意識の内に発動させた百鬼封檻によって無力化された状態の天我の元へ天々・優介が襲来し、更に孝士自身は、東西全ての流派が揃った、東軍次期大将を決める優介との決闘場所に強制連行させられてしまった。そして優介との決闘が始まるが、もも子を貶す優介に激昂し本気が出せず、遂には敗北してしまう。しかし日光菩薩により最後のチャンスである秘策を与えられ、それを実行する前に猿藤家に捕らえられたもも子の元へ早苗とキミエの手引きにより忍び込み、彼女に「これからも俺のそばにいてくれ」と告白した。そして遂に行われた優介ともも子の結婚式に乱入し、優介に再度決闘を申し込む。その最中、安底羅千変流奥義『猿髄烈九猛爆子』を受け大ダメージを負うが、自堕落だった頃の自分を優介の中に見出し、過去の自分を乗り越える為にも立ち上がる。そして、その戦いの中でついに母親から受け継いだ百鬼封檻を発動することに成功する。優介に勝利した後、武術家たちからもも子との仲を祝福され、それを妬んだ天々がもも子を殺害しようとしたため彼女にも百鬼封檻を使ってしまい、孝士の命は尽きたように思われた。だが、2年後で彼はさらに修行を積み逞しくなった姿で健在である。というのも実は、百鬼封檻による寿命の変化に関する鹿御の記述は平均寿命が20にも満たない純血鹿御一族にとってのものであり、孝士の寿命にたいした影響は無かった(それでも寿命は十数年縮んだことになる)。19歳になった孝士は犬塚家の技も習得し、もも子の父である千太夫と互角に渡り合うまでの実力者となっている。そしてもも子との結婚を認めてもらうため(それまでもも子に手は出さないと決めている)、彼に128回目の決闘を挑むことになる。
実は犬塚家の底知れない潜在能力を持ち合わせている。虎金井兄弟らとの交戦で毒を受け、その後は解毒剤を飲まなかったにもかかわらず死なずに済んだのは、今は亡き母・信乃が自らの出身である「鹿御一族」の持つ武術家の能力を封殺する「百鬼封檻」によって、武術家としてではなく一般人としての平和な生活を孝士に送ってもらいたいが為・本来ならば許されない子供である孝士の身を守る為に、孝士の中の力を封印した事が関係していた。しかし、毒による致死状態により封印が解放され、もも子vs虎金井天我の戦いにおいて一瞬だけ意識を取り戻し、無自覚のまま謎の眼力を放って遠方の天我を威圧した。

出典:wikipedia

誕生日:9月8日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【犬塚孝士】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【犬塚孝士】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


犬塚孝士についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>すもももももも ~地上最強のヨメ~のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!