アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ユダ

ユダ

北斗の拳シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

身長183cm、体重99kg、バスト133cm、ウエスト93cm、ヒップ108cm、首周り43cm(データは週刊少年ジャンプ特別編集『北斗の拳 SPECIAL』の「拳聖烈伝」による)。
紅い髪。背中まで達するウェーブのかかったロングヘアスタイル。左右の髪の一部を編んでいる。
衣装は深紅の軍服に紫のマントを着用し、首にはうす緑色のマフラーを巻く。右手には「UD」の印がある金色のブレスレットを装着。
顔には紅色系のアイシャドウとパープルの口紅で妖艶な化粧をほどこす。
カルチャー・クラブのボーイ・ジョージに酷似した、中性的な容貌を持つ(宝島社 『北斗の拳 完全読本』)。

南斗六聖拳「妖星」の男。拳速に優れ、その衝撃波からの斬撃に長じる南斗紅鶴拳の伝承者。その拳名の由来は返り血で身を紅く染める鶴の姿と言われる。配下には副官のダガールと腹心であるコマクがいる。
自身の美と知略を誇るナルシストで、裏切りの宿命を背負う。核戦争後、拳王ことラオウの台頭が始まると、配下の南斗二十三派を引き連れて彼の傘下へ走り、手を結んだ。実質的には拳王上位の同盟関係であるが、ユダのこの行動が、後の南斗六聖拳分裂の引き金となった(ユダを動かした黒幕はサウザーであり、「平和を望む者」と「覇権を目指す者」とに対立していた南斗は、ユダの裏切りにより「覇権を目指す者」側へと形勢は傾き、サウザーが望む戦乱の世となった)。 厳密にはラオウの部下ではないが、拳王軍の風下に立つ同盟関係であったことから、ユダの軍閥を「拳王軍団」として扱う場合がある。
ラオウがケンシロウとの壮絶な相打ちの後、一時期姿を眩まして消息が途絶えると、帝国支配も目論むものの部下の甘言にも耳を貸さず、早々に行動してラオウの領地を略奪するなどの愚挙に出なかった慎重さを持つ。だが、その聡明さに似ぬ異常なまでの美への妄執から、修業時代よりレイの技の華麗さに対し激しい嫉妬心を抱いていた。それゆえラオウに敗れて余命幾ばくかになったレイの醜態を嘲笑い、彼の余力を見くびって決闘に応じた。背負う星の宿命にもこだわりを持ち、自らの「妖星」が「裏切りの星」と呼ばれるのを否定し「最も美しく輝く星・天をも動かす美と知略の星」と誇りと共に語っている。さらにレイの義星を「ピエロの星」と蔑み、憎悪を込めて罵った。しかし、追い詰められたレイの奥義に再び心を奪われて不覚を取り敗北。その死を迎える時に、それら憎悪が愛情と羨望の裏返しであったことを告白し、レイの胸に抱かれて静かに息を引き取った。
死後、それまでユダに従っていた部下達は「俺達は将を誤った。今はやはり知略じゃなく力の時代なんだ」と見限り、一斉に去っていった。それを目の当たりにしたレイはユダに向けて「お前もまた孤独。だが、俺もすぐに行く」と言葉を送った。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ユダとは?(北斗の拳シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

私はこの世で最も美しく強い!美と知略の星・妖星「ユダ」の魅力『北斗の拳』
 当然ながら、主人公として巻頭カラーにでもならないかぎり、大概のキャラクターは白黒です。そして、『北斗の拳』において、カラーになり“とんでもない事”になっていたのは「ユダ」様でした。妖星、南斗紅鶴拳の使い手である彼ですが、赤い髪に眉、紫の唇とアイシャドウ、ばきばきのつけまつげという、主要キャラの中では随一のド派手な見た目。何せモデルが、カルチャー・クラブのボーカル「ボーイ・ジョージ」。知らない方はご自分で調べてみて下さい。
美しい事が至上命題
 強さこそが至上命題(優しさも強さあって成立するのです)であるこの作品の中で、ユダほど美しさにこだわった者はいません。「俺はこの世で最も強くそして美しい・・・」「俺を愛する資格が与えられるのは完璧に美しいものだけだ!!」など、ナルシシズム全開の発言には枚挙に暇がありません。美形キャラ(自己申告による)特有の、“自分の顔に傷をつけられると切れる”というお約束も、「うぁあああああ!?!お・・俺の顔に・・傷がぁああ!! 」と、きちんと義理堅く果たしてくれます。
レイの死の引き立て役!?
 ユダ様は登場から退場まで、「レイ」の死を人々に惜しませ、有意義なものとする為に大きく貢献されました。「義星はしょせんピエロの星!妖星を一段と光り輝かせるクズ星にすぎんのだ!! 」という台詞すら、必死に自身の存在をアピールしようとするユダ様の強がりのようにも見えます。
その胸の中で・・・
 そして「レイ」との最終決戦。知略に長けたユダ様は、ダムを決壊させて「レイ」の足の動きを奪い優位に立ちます。しかし、そこで「レイ」の放った奥義「飛翔白麗」は、なによりもユダ様の弱点を衝いた技でした。それは、「美しいものに弱い」という事。水鳥が舞い降りるが如きその美しさ(アニメでは実際に水鳥の姿がレイにオーバーラップします)に見とれたユダ様は、防御も忘れまともにその拳を受けてしまいます・・・。致命傷を受けたと知ったユダ様は、「レイ・・・俺がただひとりこの世で認めた男・・せめてその胸の中で・・・」と、レイの胸の中で事切れます。美しさに生きたユダ様は美しさに死ぬという、とても筋の通った生涯を終えられたのです。
不憫な扱い
 登場はわずか6話、強さとしては疑問符がつくものの、存在感としてはかなりのインパクトを与えたユダ様。しかし、北斗の拳2最終回において、ケンシロウが強敵(「とも」と読みましょう)を回想するシーンで、ユダ様だけは「独立項目」ではなく、最後のスタッフロールに流れるウイグル獄長や牙一族と同じ扱いになっているではありませんか・・・。不憫でなりません。仮にも南斗六聖拳に入っているというのに・・・。

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ユダ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ユダについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>北斗の拳シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!