アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

トム

トム

トムとジェリー

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

吹替 - 八代駿(TBS版)→ダン小路/肝付兼太(新吹き替え(ハンナ=バーベラ版、チャック・ジョーンズ版))→肝付兼太(新吹き替え(ジーン・ダイッチ版)、新作、ヘラルド・ポニー版)、高橋和枝(おかしなおかしな トムとジェリー 大行進)、高木渉(新トムとジェリー(トムとジェリーキッズ シーズン1))、堀内賢雄/肝付兼太(『ポップコーン』枠)、チョー(コスミック出版)
ドタバタコンビの一方。猫。正しくはThomas Cat(トーマス・キャット)だが、ほとんどの作品ではTom Cat(トム・キャット)と表記されていることが多い(注:もともとTom Catとは猫の種類「どら猫」を意味する)。ガールフレンドの白猫から『トミー』と呼ばれていたこともある。ハンナ=バーベラ第1期第1作目では「ジャスパー」という名だった。色はグレーまたは水色。口周り、手首足首から下、尻尾の先は長いの白。お腹は周囲より薄い色であり、雑種と思われる。製作時期により顔の形、色が若干異なる。時に毛皮を刈り取られたとき、毛皮はなぜか着脱可能で、下着(?)としてランニングシャツと赤い猿股を着用する(ブッチはじめ他のネコは、猿股だけか下着そのものを着ないことが多い)。手足の白い部分も手袋と靴下。
二足歩行ができ、身長は人間の腰ほどもあって、子犬やハイハイをしている人間の赤ん坊を片手でつまみ上げられるくらい大柄である。親族は、容姿はトムと瓜二つだが、ネズミ恐怖症のいとこ・ジョージがいる。飲酒や葉巻を吸っているシーンから、人間年齢では成人していると推測される。作品によっては、世界猫連盟の事務総長、ねずみ取り選手権のチャンピオンだったりする。
お手伝いさんにネズミを捕まえるよう頼まれ、ジェリーを捕まえようと何度も試みるがいつも失敗しており、その度にお手伝いさんからお仕置きを受けたり家を締め出されたりしている。ジェリーのライバルにして親友。彼との追いかけっこ=喧嘩は大抵トムの負けで終わるが、稀に勝ったり引き分けたり共闘するときもある。ジェリーを見つけるととにかくいじめようと追いかけるが、そこを反撃されて負けるパターンが多い。要は調子に乗りやすいタイプ。初期作品では本気でジェリーを殺そうとしたり、ジェリーに助けられてもすぐに裏切るなど性格の悪さも目立ったが、後発作品ではだいぶ性格が丸くなっている。
ジェリーを筆頭に、基本的に小動物は獲物とみなして追いかけ回す猫らしい性格をしているが、自らになついたアヒルの子のためにアヒル母になりきる、落雷の日に放り出した子犬を心配して連れ戻す、孤児に扮したブッチを可愛がる、飼い主の赤ん坊を(ジェリーと共に)死ぬ気で守り通すなど、お人よしかつ優しい面も持つ。なにより、ジェリーに関してはそのセンチメンタルな面が強くでるようで、ジェリーが苦しがるふりをした際、急いで「救急箱」を持ってきたり、出て行ったときは寂しそうにしたり、さらにはジェリーが死んだと勘違いした際には泣き出したりしたこともあった。何かのアクシデントで追いかけっこがなあなあに終わった時など、わざと自分に攻撃させてから再戦開始させようとしたりするほど、彼にとって追いかけっこは大切なことらしい。凍死寸前のジェリーを助けたり、クリスマスプレゼントをあげたり、時には休戦して一緒に出かけたりもするのでまさに「仲良く喧嘩」している。
ただし雌猫(トゥードル他)に対しては非常に惚れっぽく、その場合は他の何事も目に入らなくなるようだ。親友でもある野良猫のブッチとは恋の鞘当てを演じることもある。ミルクと魚(缶詰類も含む)が大好物。かつてはジェリーの大好物であるチーズは匂いがダメらしく、苦手であったが『トムとジェリー ショー』ではジェリーのチーズを取り上げて食べるシーンがあることから克服したようだ。また、ジェリーを追い回している最中にジェリーをほうきで叩こうとしたお手伝いさんに誤ってトムが叩かれ、ネズミの心を持ってしまい、チーズを食べたことがある。他にも屋敷の金庫に大量のチーズを隠し持っていたが、ジェリーに狙われ、結局金庫ごと強奪された。
非常に多才な猫である。芸術面では音楽の才能に長けている。特にピアノの演奏は絶品で、足の指でリストを弾け、野良猫仲間とは見事なジャズセッションをする。指揮者としての才能はドタバタ劇の末、ジェリーに負けてしまう。また、オーケストラの楽器の大半をこなすことができるほど、楽器への順応性が強い。歌声には自信が無かったと見え、レコードの口パクでごまかしていた。しかし後に克服したらしく、人気絶頂のバリトン歌手として、大舞台でセビリアの理髪師・「町のなんでも屋」を熱唱する。
運動神経も異常に良く、テニス、ボウリング、サーフィン、ビリヤード、やり投などレパートリーも広い。特にビリヤードではプロ顔負けのドローショット(引き球)を披露する。またバンクショットの名手であり、イージーボールでも必ずクッションを使う。ただし、ゴルフはPAR4のホールで33打たたくなど、得意ではないようだ。水泳も大の苦手で、川に落ちて溺れたところを、食べようとしていたアヒルに救われるほどだった。(ただし目茶苦茶ゴルフでは、水中に潜る描写がある。) しかし新作などで普通に泳いでいることから、現在は克服しているようである。
このように非常に器用なため、軽業のような芸当にも秀でており、ジャグリングなどを披露することもしばしばだが、これは専らジェリーに遊ばれている時に急場を凌ぐための芸当であることが多く、大抵は途中でジェリーに邪魔されて散々な結果に終わる。また、倒立の状態で、手の指だけで進むことができる。足の指でピアノを弾くことも出来る。他にもアニメ的演出として、ジェリーの家の穴やビリヤードのポケットなど、空間をねじ曲げることができる。物を作るのには才能があるらしく、作品によってはネズミ捕り機(失敗)やレースカー、ロケットなどを作ったことがある。マッチを擦るときは自分の尻で擦る。ただしこれはトム特有ではなく、ジェリーも同様に自分の尻を使うことがある。なお1940年当時のマッチは黄リンを使用しているため、何に擦っても火が点いた。
ジェリーの仕掛けた罠によく尻尾や指を挟まれ(あるいは鋭い針で突き刺されて)、すさまじいまでの断末魔のような叫び声をあげる。大きく分けて「ヴェアーハッ!」「アォアォアーッヒャホホホゥ!」「アアアアアアアーーー!」の3種類がある。この叫び声が、トムの被った傷みの度合いを表現しているといえる。また、『海のバカンス』ではジェリーに指をセロリと勘違いされ食べられたことがある。
「首を切断させられる」・「車に轢かれる」・「高い場所から落ちる」・「大爆発に巻き込まれる」・「破裂させられる」・「全身が燃えて黒こげになる」・「頭に大きなものがめりこむ」などの行為によっても死なない不死身の猫である。また、分断されたしっぽをきれいにつなげ、その部分を握りしめることで傷跡が残ることなく修復する、というあり得ない生命力も持っている(しかし、ジェリーの隠れ家の前に多数の大型爆弾を仕組んだところ、ジェリーに逃げられ、自分だけ爆死する話もある)。しかし掃除機に吸い込まれそうになった際にトムの魂(?)が9つ現れたり、階段から落ちたピアノの下敷きになり、臨死体験をしたことがある。『トムとジェリー テイルズ』では、鶏の振りをして無理やり卵を産むシーンもある。銃で全身を撃たれても無事であるが、穴は開くらしく、撃たれたところから飲んだ水が漏れる。
なお、作中で登場する他の動物が人語を話す場合があるのに対し、トムはセリフをめったにしゃべらないキャラクターとして設定されており、必要な場合は筆談を用いることもある。日本語版では、日本の視聴者に対しての説明のため、筆談のため英語でトムが書いた文章を、日本語のセリフでしゃべる場合がある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【トム】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



トムについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>トムとジェリーのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!