アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

安倍晴齋

アベノハルイツキ

不機嫌なモノノケ庵

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

物怪庵の二代目主。15歳の高校1年生。芦屋からは同い年だと分かった後もさん付けに敬語で呼ばれている為、一度敬語をやめるよう言ったことがある[2]。隠世の顔見知りからは「イツキ」と呼ばれる。着物の上に羽織という和服姿が風格のある金髪の青年。芦屋のパートナーにして雇い主。芦屋とは同じクラス。
常に不機嫌で口も態度も悪い。初対面の芦屋に対しても、「貧弱」とバカにしている。学校にいる時は授業中でもずっと寝ている。
四畳半の茶室「物怪庵」で妖怪祓いの依頼を受ける。芦屋の依頼を受ける際、既に予約が入っていたので順番を守らせようとしたが、苗字を聞いて気が変わりすぐに祓うことにする。妖怪祓いの仕事は憑かれた人間の為ではなく、憑いている妖怪の為にやっている。なので人間側からすると理解し難い行動もあり、誤解されることもしばしば。
妖怪の望みを知り、叶え、隠世の扉を通じて隠世に送ることが「祓う」ことなので望みによって祓う方法は変わる。お礼として芦屋に100万怨を請求するが、持っていないので借金として返す為に物怪庵の奉公人(バイト)として雇う。隠世の扉を開くのは相当な体力を消耗するらしく、安倍の力では1日2回が限度。2回開くと体力を消耗しすぎて昏倒してしまうが、全く動けなくなる程ではない。
これまでの経験から、見えていない人間に妖怪絡みのことを伝えるのは難しい、下手に真実を言えば怪しまれると思っている。依頼主が妖怪でそこに人間が関わっている場合は、余計なことはせず依頼の達成のみを目指すのが最良の策だと考えている。
首から寄生樹の力を弱める薬を下げている。非常に大切なもので、妖怪に食われたり、切らしたりするのは困るらしい。妖怪が寄生樹に寄生されるのを恐れて奉公人に雇わないでいたが、立法から法律(ルール)としてモジャを雇うよう命令されてしまい、やむなく雇った。物怪庵の主である安倍は隠世社会の法律(ルール)に縛られない。だが権力者の立法は上司に当たり、立法から直に下された法律(ルール)は守らなくてはならない。
7歳の時に奉公人になった。先代主はアオイという妖怪だったが、何らかの理由で死んでしまった為今は安倍が受け継いでいる。隠世では主の座が欲しくて先代を殺した、という噂を立てられているが全くの嘘で、本人は気にせず振舞っている。
初期設定では安倍が主人公だった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【安倍晴齋】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【安倍晴齋】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


安倍晴齋についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>不機嫌なモノノケ庵のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!