アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

駒形由美

コマガタユミ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 入絵加奈子
演 - 高橋メアリージュン
“夜伽”の由美。志々雄の愛人兼世話役を務める妖艶な美女。志々雄とは相思相愛の仲で、一般的な恋人の価値観を超越した絆で結ばれている。同じく志々雄の側近である十本刀の宗次郎とも仲が良く[1]、同じ十本刀の張や兵士たちからも姉貴分として親しまれている。護身用の小刀を隠し持っているが戦闘能力は皆無に近く、戦いを好む志々雄の役に立てないことにいら立ち、戦闘要員である宗次郎や恋敵の鎌足に内心嫉妬していた。
元はとある商家の娘だったが、家に押し入った御用盗に一家全員を斬殺され、新吉原の女郎屋「赤猫楼(あかねころう)」に身売りされる。やがて「華焰(はなほむら)」の源氏名で人気花魁(昼三)に登りつめるが、マリア・ルーズ号事件で自分たち遊女の尊厳を奪った明治政府を憎み、政府関係の客だけはかたくなに拒み続けていた。そして本編開始から1年前の明治十年晩秋、十本刀の集結を待つため赤猫楼を訪れた志々雄一行と初めて出会う。同じく吉原に滞在していた軍属集団「引原海鮫兵団」に妹分の新造を惨殺され、同じ妹分でさらわれた双子の禿を取り戻すために志々雄に助けを求めるが、弱肉強食の理念を持つ志々雄からは逆に自身の弱さを糾弾され断られる。そこで最後の手段として自身の命の生殺与奪権を差し出し、その度胸を気に入った志々雄の協力を取り付けることに成功する。のちに家族を殺した御用盗の正体が志々雄であることに気づくが、弱肉強食の理念に共感しつつあった由美は何の迷いもなく志々雄の修羅道に付き従うことを選ぶ。この時、志々雄と「志々雄が死に瀕した時は弱肉強食の理のままに由美の命を取る」「死後は志々雄と共に地獄に落ちる」と約束する。
最終決戦では本拠地に赴いた剣心たちの案内役を務める[2]。剣心と蒼紫との戦いでは無線を通じて、天翔龍閃の仕組みを報告しようとしたが、常人である由美には天翔龍閃を目に捉えることはできなかった。剣心との戦いに敗れた宗次郎を介抱した際、彼から天翔龍閃の仕組みを教えられると共に脇差を渡され、別れの挨拶を交わした。剣心と志々雄の最終決戦にて、身を徹して志々雄を庇いに入った際にかつて志々雄と約束した通りに剣心もろとも突き刺されるが、「初めて志々雄様の戦いの場で役に立てた」と喜び、志々雄に看取られながら息を引き取り、その亡骸は人体発火を起こした志々雄と共に焼失する。死後も地獄で志々雄に付き添い、「地獄の国盗り」に向かう。
モデルは女優の由美かおる。姓は新潟県長岡市内の駒形十吉記念美術館に由来。
完全版第12巻の再筆:基本デザインの変更はないが、衣装はシースルーである。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【駒形由美】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【駒形由美】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


駒形由美についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!