アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

渡久地東亜

トクチトーア

ワンナウツ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 萩原聖人
本作の主人公。背番号77。投手。右投右打。年齢は20歳過ぎ。
派手に逆立てた金髪がトレードマークで、体つきは細身で目つきは鋭く顎は尖っている。常にクールでふてぶてしく、他人を見下したような言動が多い。沖縄で行われていた賭野球「ワンナウト」その他ギャンブルで最強の王者として君臨していたが、児島との勝負に敗れ、その後彩川との交渉で1アウト取る毎にプラス500万、1点取られる毎にマイナス5000万という「ワンナウツ契約」でリカオンズに入団。
持ち球は平均120km/h台(MAX130km/h台)のストレートのみだが、木野崎に世界一とまで言われる非常に精密な制球力を持つ。また球速や投球の回転数をリリースの瞬間に自在に変えることが出来、手元でオジギするボールや、見た目よりもホップするボールなど、何種類ものストレートを投げ分けることが出来る。そして、驚異的な洞察力により相手の微妙な動作から思考を把握することで、リリース直前で球筋を変える。
加えて、野球選手としてだけではなく長年のギャンブル経験で磨かれた勝負師としての才覚は無敵といえ、悪魔的な洞察力に心理操作術、動揺やプレッシャーとは無縁で窮地を楽しむ精神力、従来の野球の常識を覆す発想力、山場を敏感に察知する勝負勘、情報やルールを綿密に調べておく周到さなどをもって、ありとあらゆる駆け引きをうつ。また読唇術の心得もある。
試合の合間にも喫煙するヘビースモーカーだが、ピッチングのスタミナはかなりのものがある。しかし、賭野球では全く走る必要が無かったために走らされると脆く崩される。打撃は不得意だが、ある程度の投手までなら少なくとも狙った方向に打球を運んだり、ファウルを繰り返して粘ることができる程度の技量は持ち合わせており、狙い球を絞って打点を挙げたこともある。守備も無難にこなせるが、わざとエラーし敵を罠にはめることもあった。
「ドブに落ちた犬は沈めろ」「敗者は勝者に従わなくてはならない」などの冷徹なまでに「勝負」に真摯な哲学をもち、ナインの勝負への姿勢に影響を与えていく。
作品後期にはワンナウツ契約で勝ち続けた年俸でリカオンズ球団の経営権を獲得、選手兼オーナーとなる。オーナーとしては、Lチケット・MVPチケット制度を導入するなどして、経営に大幅なテコ入れを行った。
シーズン終盤のマリナーズ戦で、リカオンズが真に優勝するための意識を持っているのかを確認するために設けたテストを行う。その試合で自身が攻略され打たれ続けてもチーム全員が自身を信じ抜いた姿勢を見て、リカオンズに居心地の良さを感じてしまう。孤独な鉄火場で生きる勝負師が最も感じてはいけない他人への情、チームへの愛着を持ってしまったことから、己の信念に基づきチームを去る決意をする。
その後、リカオンズ優勝の瞬間を見届けることなく最終戦で姿を消し、日本シリーズにも出場することはなかった。
オールスターのファン投票では先発・中継ぎ・抑えの投手部門全てで得票数1位になるなど圧倒的な人気だった。
このマンガの連載が終わる頃に描き始めたマンガの主人公は、駆け引きの天才だが人間性0の渡久地というキャラクターを踏まえ、駆け引きの天才だが弱みを付け加えたと作者が述べている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【渡久地東亜】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



渡久地東亜についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ワンナウツのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!