アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

天王州アテネ

テンノウスアテネ

ハヤテのごとく!シリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 川澄綾子
およそ10年前に、幼稚園児だったハヤテが出会った金髪・縦ロール髪の女の子。ハヤテの初恋の人であり、ファーストキスの相手でもある。1988年[1]11月30日生まれのAB型[21]。瞳の色は赤で、身長は151cm[22]。ハヤテからは、彼が付けた「アーたん」という愛称で呼ばれている[23]。
三千院家に匹敵する大財閥「天王州家」の令嬢にして、現在はその当代当主。白皇学院の現職理事長でもあり、彼女自身もまた白皇のOG(設定ではマリアの卒業と入れ替わりで入学し、ヒナギクたちの入学直前に飛び級で卒業している[24])であるが、10代の若さでのその肩書きや、家柄、美貌、明晰なる頭脳は生徒達に多大な畏敬の念を抱かせるほどで、美希・理沙によれば「白皇学院歴代最強クラスの超天才」「近づくことさえためらう」とのこと。また(広く知られている訳ではないが)その戦闘能力についても、作中随一の実力者である伊澄に勝るとも劣らぬ強さを誇っている[21]。
幼少期は表へ出る際に日傘を、成長してからは扇子を愛用。ハヤテと同い年ではあるが、その知識量や人生観、落ち着いた物腰・口調等は非常に大人びた雰囲気を感じさせ、ハヤテは初対面時の印象を「神々しいという言葉が相応しい人だと思った」と形容している。使用者に近しい者の周囲の様子を覗き込むことが出来る「天球の鏡」に幼年のマリアの姿を映し出したことから、マリアと浅からぬ縁にあることが推察される。
「神さまの怒りに触れ」てしまったことにより、後にイクサが救出に訪れるまでの間、時の流れが外界よりも緩やかな「王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)」に独り閉じ込められてしまっていた。いつ終わるとも知れぬ城の中での永き日々を途方もない孤独を抱えながら過ごしていたが、生きることに疲れ果て、人生に絶望していた幼いころのハヤテに出会い、彼を自分の「執事」にする。当時両親の悪名故に誰にも相手にして貰えなかったハヤテにとって、彼女は自分の努力や行いを素直に認めてくれる唯一人のひとであり、また彼女もハヤテに対して多大な好意と信頼を寄せていた。その肉体には「神様の真似事」と呼ぶ不思議な力を施すことで彼の身体能力の基礎を整え、またハヤテ自身には自ら掃除のノウハウや剣術、心の在りようを指南。その一環として「異性とお付き合いするための条件」である「優しく在れ、強く在れ、甲斐性を持て」をハヤテの身体に叩き込んだ。
かつて一度は互いに互いをこの世で最も大切な人としてそれぞれに指輪を贈り合い、永遠の愛を誓い合う。が、ハヤテの両親の非道な振舞いや、キング・ミダス(後述)の行動によってさまざまな誤解とすれ違いが重なり、決別した。その際の絶望と悲しみ、そして後悔は二人の心に深い傷を残し、結果として彼女がキング・ミダスに取り憑かれてしまう原因となった。
第18巻より成長した今の姿を作中のギリシャに見せ、何らかの原因で閉ざされてしまった王族の庭城の入り口を帝に先んじて開こうとしていた(これは庭城に対するキング・ミダスの妄執に因る所が大きいが、彼女自身もまた恩人であるイクサを捜し出すために城を目指していた)中、GWにハヤテとの再会を果たすも、キング・ミダスの意思に沿ってハヤテを殺そうとし、キング・ミダスに心身を乗っ取られる寸前だったが、ハヤテ・伊澄・ヒナギクによって救い出される。
決してシリアス一辺倒のキャラクターではなく、自身のアホ毛を自在に動かすことが出来るという妙な特技を持っており、それでたびたびハヤテにツッコミを加えている[21]他、メールアドレスを保持しておらず、Twitterを知らない、テレビ番組の録画を総てマキナに任せている、など電子機器には疎い。ハヤテと同世代の女性キャラの中で唯一の巨乳キャラで、胸は咲夜よりも大きいとのこと[25]。
アニメ第2期最終回のラストシーンではロイヤル・ガーデンと共に幼少期の彼女が描かれ、劇場版のOPでも成長した姿の彼女が登場したが、第3期『CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU』には登場しなかった。第4期『Cuties』ではアリスとして登場。成長後の姿はEDにしか登場していない。

出典:wikipedia

誕生日:11月30日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
天王州アテネとは?(ハヤテのごとく!シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

11月30日
神話の世界から降臨!?無敵の美少女「天王州アテネ」の魅力『ハヤテのごとく!』
【画像】天王州アテネ(ハヤテのごとく!シリーズ)
 『ハヤテのごとく!』は、畑健二郎作・ラブ+ブラックコメディ、ユーモア満載の熱血執事漫画です。親から押し付けられた莫大な借金を抱えて路頭に迷った、とことん不幸な主人公「綾崎ハヤテ」と、大富豪のヒロイン「三千院ナギ」を取り巻く個性豊かなキャラクターたち。今回は、かつてハヤテと恋仲に?謎にみちた美少女「天王州アテネ」の魅力についてご紹介したいと思います。
初恋は蜜の味?
 天皇洲家は三千院家に並ぶ大財閥。その当主となるアテネが、幼稚園の頃から不甲斐ない親に振り回されての世の中に失望していたハヤテと出会い、共に過ごした蜜月のような時間は、アテネの心を深く癒したのかもしれません。

 特に「王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)」に閉じ込められていたアテネにとって、ハヤテは超特別な存在でした。ハヤテと同じようにアテネは、長く彼の心に咲き続けた一輪の恋花なのかもしれません。アテネが、執事としての才能や生きる希望を彼に感じさせたのも、ハヤテの未来を予測していたからではないでしょうか?アテネがハヤテの女神さまなのもうなずけます。
再会は突然に!
 アテネが執事になったハヤテと再会したのは、神話の国ギリシャでした。アテネはハヤテと別れてからますます孤高に落ち込みます。王族の庭城(ロイヤル・ガーデン)に住み続ける「キング・ミダス王(英霊)」に心を乗っ取られかけてから再会するまで、ハヤテに恋する一途な乙女でした。そんな、彼の幸せを一番に望む彼女だからこそ、三千院ナギの執事として彼をそのままにしておくしかなかったのでしょう。このまま身を引くのか、ライバルと恋の火花を散らすのか(まだまだ母性愛が強いようですが)アテネの恋の行く末はどうなるのでしょうか?

 物語の美少女ランキングでは上位に入るであろう「天王州アテネ」。ハヤテの女神さまを返上し(神話の世界を抜け出て)、普通の可愛い女の子として青春を送る事が出来たなら、自由奔放なナギにも負けない、命がけで守ってあげたくなるような大切な恋人になっていたのかもしれません。ぜひ、「天王州アテネ」の魅力、ご自身の目でお確かめください。
 >>> 『ハヤテのごとく!』の関連アイテムやグッズ一覧
(C)畑健二郎/小学館

記者(リードさん【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【天王州アテネ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



天王州アテネについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハヤテのごとく!シリーズのキャラクター 一覧
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!