アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ブライアン・ホーク

ブライアンホーク

はじめの一歩シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声:大塚明夫
元WBC世界ジュニアミドル級チャンピオン。身長184.1cm。ニューヨークのスラム街で育ち、ミゲル・ゼールと出会いチャンピオンになった。人を殴るか女とセックスをしないと落ち着かない程異常に血の気が多い。
防衛戦の対戦相手としてミドル級世界1位だった鷹村を指名し、来日。試合前日の記者会見では鷹村や鴨川会長を挑発、同時に卑猥な言葉で日本人を侮辱した。当日の試合では序盤は互いに野性をむき出しにした壮絶な打撃戦を見せ、中盤減量苦でスタミナ切れを起こした鷹村を一方的に追い詰めるが、練習通り無意識にパンチを打った鷹村の攻撃を受けて逆に追い込まれ、敗れ去った。
試合後、鷹村に対する恐怖心から再起不能となり現役引退。スラム街で酒浸りの生活を送っており、デビッド・イーグルの来訪時には鷹村の名前を出されただけで、まるで別人のように取り乱していた。生涯成績21戦20勝17KO1敗。
ボクシングスタイルはナジーム・ハメド、イメージはロイ・ジョーンズ・ジュニアがそれぞれモデルになっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ブライアン・ホークとは?(はじめの一歩シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

傲慢で女好き!才能に恵まれた世界王者「ブライアン・ホーク」の魅力『はじめの一歩』
【画像】ブライアン・ホーク(はじめの一歩シリーズ)
 鷹村の世界戦で出てくるWBC世界ジュニアミドル級王者「ブライアンホーク」。とにかく傲慢でふざけた態度と天性の才能による圧倒的な強さが大きな特徴です。今回はそんな「ブライアン・ホーク」の魅力についてご紹介いたします。
天性の才能で世界王者に
 「ブライアン・ホーク」はろくに練習もせず、持って生まれた才能だけで世界王者になったという強者です。自身の次の相手が日本人だと知ると、対戦相手の名前も聞かずに電話を切って音信普通に。そして鷹村の世界戦前哨戦に突如女をはべらせながら客席に現れます。試合後の鷹村の控え室を訪れ、来日の目的は「日本にある大好物を食べに来た。それは東洋の女。特に日本人はおいしい」と言い放ち、鷹村を激怒させ、殴りかかる鷹村のパンチをやすやすと受け止めました。

 そして、騒動後にジムでブライアン・ホークの試合のビデオを観た一歩たちは、どこか既視観を覚えます。そう、それは鷹村のボクシングスタイルにそっくりだったのです。
どこまでもふざけた態度で女好き
 その後、日本に再来日した時にも金髪の美女たちをはべらせています。公開スパーリングでも「美女たちがいないから」と手を抜いて相手に打たせますが、美女たちがジムにやってきたとたん、スパーリング相手を一瞬でノックアウト。視察にきていた鴨川会長を「どこまでもナメきったやつよ!」と激怒させるほどにふざけた態度です。

 さらには、記者会見で質問してきた女性記者の飯村さんに「キミが聞きたい事はそんな事ではないだろう?ホテルの私の部屋に来たまえ、私のすべてをお教えしよう」とおおっぴらに誘い大勢の前で彼女を辱めたり、「貧弱な日本人風情がオレに勝てるわけないだろう!?この国の女を差し出せ!オレの遺伝子をくれてやる!この国にオレの種をまいてやるよ!」と記者の前で言いたい放題の大暴言。

 いざ鷹村と対戦する時には、鷹村陣営の製作したTシャツを衣装の下に着てそれを破るというパフォーマンスでさらに鷹村を挑発します。
ストリートファイト仕込みの野生のボクシング
 上体そらしで相手のパンチを避けながら、どこから打ってくるか分からない変則的なパンチ。彼のトレーナーをして「あれはボクシングではない。ただの暴力なのだから」と言わしめる、基本や技術などをすべて無視した“ストリートファイト”の延長で野生のボクシングです。

 彼のストリートファイトの技術は、ニューヨークのスラム街で培われたものでした。鷹村が過酷な減量の末にわずか5ラウンドでスタミナ切れしてしまったのを見計らい、一気にパンチの連打を加え鷹村をダウンさせます。しかし鷹村は驚異的な粘りを見せ、意識が飛びながらも“野生の本能”のみで戦い形勢逆転。一気にピンチへと立たされるブライアン・ホーク・・・。

 こんなピンチの時にこそ、毎日走った、ミットを何万回叩いた、苦しい減量を乗り越えてきた積み重ねがバックボーンになりボクサーを支えます。しかし、生まれ持った才能だけに頼ってきたブライアン・ホークには、このような場面でのボクサーとしてのバックボーンなどなく、無敵のように思えたブライアン・ホークも鷹村のラッシュによって血を吐いてノックアウト。ついに鷹村が新世界王者となりました。

 試合前に散々暴言を吐きまくったブライアン・ホークは、タンカで運ばれる時も観客から冷たい視線で総スカンをくらってしまいます。鷹村に王座を奪われ、アメリカに帰国してからはすっかり酒におぼれ、まるで廃人のように・・・。清清しいまでの悪役っぷりですが、その強さは確かなものでした。それだけに負けてしまったあとの惨めな姿は悲しいものがあります。

 圧倒的な天賦の才能、そして1ミリもブレない徹底したヒール。さらには敗者としての恐ろしいまでの転落。このすべてが「ブライアン・ホーク」の魅力であり、物語に欠かせない強烈なインパクトを残しました。気になる方は是非一度、ご自身の目でお確かめください。
 >>> はじめの一歩 コミック 1-112巻セット (講談社コミックス)
(C)森川ジョージ/講談社・VAP・NTV

記者(takabu【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ブライアン・ホークについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はじめの一歩シリーズのキャラクター 一覧
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!